国際市場で逢いましょうの作品情報・感想・評価

国際市場で逢いましょう2014年製作の映画)

국제시장/Ode to My Father

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱へ出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

「国際市場で逢いましょう」に投稿された感想・評価

びび

びびの感想・評価

3.9
息が苦しくなるほど泣いてしまいました
sirokuma83

sirokuma83の感想・評価

4.1
1人の人の一生を描いた映画
タイトルの”緩さ“に騙されるな!
朝鮮戦争で行き別れとなった家族の壮大な戦後史
【追伸】
自分にとって、映画は歴史の先生です
えーた

えーたの感想・評価

4.0
記録用。
たじー

たじーの感想・評価

4.8
#国際市場で逢いましょう

韓国映画 やはり恐るべし。

こんなにも泣いた映画は初めてかもしれん。

朝鮮戦争の戦火の中、父親と妹と生き別れになり、長男として母親と兄妹達を家長として託され激動の韓国の歴史を生き抜いた一人の男とその家族の物語。

正直見る前はなかなか重いかなぁと思ってたんだけど、とんでもない。

笑いあり涙あり。
家族、友情、恋愛、同僚との絆
全てを詰めこんだ大傑作だった。

韓国映画歴代2位の動員数を集め、数々の賞を受賞したのも納得。

この映画を観ると、韓国の朝鮮戦争以降から現在までにあった歴史と、どうやって釜山が繁栄していったのかを知ることができる。

そしてお隣の韓国のことが今よりも好きになるはず。

そして、少なからず自分はなんて弱いんだろうと気づかされる。
家族を大切にしたいと思うはず。

この映画を観れて本当に良かったと思った。

#タジマ自己満映画記録 ★4.8
#映画#映画記録#韓国映画

#強いて言えばおじいちゃんのメイクをアカデミー賞受賞の辻さんに任せれば完璧だったと思う(笑)
#90
いい勉強になった。
FKG

FKGの感想・評価

3.5
ずっと文句言いながら観てたけど最後15分くらいはまんまとウルウルさせられてしまった。時代のせいで子供させてもらえなかった人の話。老ジョンミン観れます👴🏻
Ayuko

Ayukoの感想・評価

3.8
戦争の時代を家長として生き抜いた父とその家族のお話。自分を犠牲にして家族を守り抜く主人公がかっこよかった。
>|