どーもキューブ

チャップリンの駈落のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

チャップリンの駈落(1915年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンの恋のカーチェイス


1915年、エッサネイ社作品。
監督チャールズチャップリン。



チャップリン初期を見るシリーズ。
原題「the jitney elopement」安い駆け落ちみたいな訳なのかな。

チャップリンとエドナは、いきなり求愛。1階、2階の構図。投げキッスするチャーリー。

エドナからお見合い話の手紙を受け取り、お金持ちになりすまし父に会いに来てとのこと。
このヘンのなりすましお話
は「のらくろ」の一人二役、金持ちのフリ的な物語に進化。

チャーリー!エドナ父に会っても変わらず、失礼。

もてなす酒はグラスを指定、おかわり強要。使用人には杖で小突くとお金持ちの素振りなし。

珍しいのが、バストショットでの食事シーンを見せます。
肉がきれない
フォークマナーむちゃくちゃ
肉のタレか豆が空から降るかのジェスチャー(ウェイターが素早く配膳しているのをびっくりしているギャグ。これは「モダンタイムス」の刑務所飯のシーンでも同様ジェスチャーあり!)
飲み物が熱い
とうとうのギャグ、エドナとエドナ父で展開。食事ギャグは、「街の灯」のパーティシーン、「モダンタイムス」のポーレットゴダートとの夢における肉きれないシーンなどなどに引き継がれる。

それから当然のごとく婚約者の鼻髭お金持ちが来て、ドタバタ開始。
チャーリーは、追い出されます。このオチも「のらくら」にまんま移行使用。

舞台はいつもの公園にうつり
チャーリーのタバコギャグ
からの
エドナカップルとの痴話喧嘩からの

なんと珍しいチャップリンカーチェイス登場必見。

エドナを乗せ、エドナ婚約者カーとカーチェイス。レンガぶつけたり、紐で車を横転させようとして、引きづられるギャグ披露(爆笑)やることメチャメチャ。
あといちいちぶつかり、ものすごくぶっ飛ぶリアクションあり。蹴りとオカマ掘り運転であり。
カーチェイスを並走して撮影したり、前方カメラから撮影したり、チャップリン映画らしくないアクロバッティック必見。
まあ
チャップリンのデビュー周辺作である「ベニスの子供自動車競走」で「縁」があるんですがね。あれは実際のカーレースのカメラにチャーリーが映り込むというメチャクチャな内容でしたがね。
この車ギャグは、のちエドナとともに「一日の行楽」でしっかり車ギャグに進化している。

大変貴重な作品でした。

あと、エドナと最後の最後キスしてます。これもレアですね。ほんとクレジット前にキスすれすれまでやります。直接ラブをなかなかチャップリン表現しませんが、初期短編は、わりあい大胆。これを見るとねチャップリンとエドナパービアンスは、相思相愛だったのがわかります。私個人的には、エドナと結婚しつづけて欲しかったなあですが、チャップリンのリアルラブは、ボロボロな天命運命。



さて
チャップリンの恋のカーチェイス

ぜひ