Yukiko

ワタシが私を見つけるまでのYukikoのレビュー・感想・評価

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)
3.7
2019年8月14日
『ワタシが私を見つけるまで』 2016年制作
監督、クリスチャン・ディター。
他の作品に『あと1センチの恋』がある。

アリス(ダコタ・ジョンソン)は恋人と別れて、女医である
姉のメグ(レスリー・マン)の家に居候する。
アリスは様々な男性とお付き合いをしてみて、結局、元の恋人
に復縁を持ちかけたが、彼はそれをきっぱり断る。
姉のメグは子供が欲しくなり、精子の提供を受けるが、
その後、メグはクリスマスパーティーで年下の男性と知り合う。
アリスは同僚のロビン(レベル・ウィルソン)と親しくなる。
ロビンは毎夜、パーティーに出かけ、一晩限りの異性との交際
を楽しんでいた。
アリスの行くバーで働くトムは、ルーシー(アリソン・ブリー)
と知り合い、そのルーシーは出会い系サイトで運命の人を
探していた。


アリス、メグ、ロビン、ルーシーの4人の異性との出会い、別れ、
運命の人探しでもあり、自立したお一人さまになっていく
過程でもある。

ダコタ・ジョンソンさんは俳優のドン・ジョンソンさんと女優
のメラニー・グリフィスさんとの娘ですって!
かわいいよぉ~!

レベル・ウィルソンさんがぶっ飛んだ役。
この方のアドバイスに従って行動していたアリスに、ロビンは
キツイ一言。
二人の仲は終わりかと思ったら、アリスは自分の行動を反省。
更に仲良くなる。

そんなこんなのアリスの自立、シングルな生き方を描いた映画
です。