ワタシが私を見つけるまでの作品情報・感想・評価

「ワタシが私を見つけるまで」に投稿された感想・評価

YURINA

YURINAの感想・評価

3.5
お一人様が赦されるのはいつも都会の街だと思う。いろんな人がいて多様性がある程度容認されていて。私自身が自分の普通の人とずれている部分を見つけるのがうまくて普通に馴染めないなぁと思ってしまうことがあるから東京が向いていると思った。私が生まれ育った地方都市で多様性だお一人様だ云々言ったってもっといろんな重圧に押しつぶされていたような気がする。多様性を都会の特権にせず、いろんな土地でいろんな人間関係の中でいろんな在り方があったらいいなと思った。

お気に入りのシーンは「クリスマスってお一人様には辛い時期だろう」という彼女持ちの男性に対して背伸びも強がりもなく本心から「めちゃくちゃ楽しいよ!」みたいな返答をするシーン。そうなのよ。私も久しく恋人がいないけれど、浴衣を着て見る花火も綺麗なクリスマスのイルミネーションもバレンタインの自分宛のチョコレートも全部最高。価値観や幸不幸を決めつけてくる人がずっと嫌い。私もああやってカラッと楽しそうに言い返しちゃえばいいんだなって思った。

海外のお一人様はなんだか華やかで私はつづ井さんの絵日記のようなお一人様の方がしっくりくるけれど登場人物も世界観も可愛いし見て損はないと思う映画。
rin

rinの感想・評価

3.3
ダコタジョンソン可愛かったなー
王道のラブコメ
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

2.8
女性にも色んな生き方があるんや、っていう映画。
Megu

Meguの感想・評価

3.9
アメリカ人って毎日こんな暮らししてるの?って思っちゃった笑笑
女の子は見て損ない作品
元気でる系
chi

chiの感想・評価

3.5
今の私にとって、というよりかは
私の人生において必要な映画だったな

バーで自分の恋愛論を語るシーンや、
異性とお酒を飲む時のお酒の数の法則など、
馬鹿らしいけどなんかたまらなく愛おしくて笑っちゃうようなシーンがいっぱいあった


ダコタジョンソンの可愛さよ〜〜〜〜
2019.09.12…(71)
こもり

こもりの感想・評価

2.5
彼氏が途切れたことないアリス(ダコタ・ジョンソン)とその姉 自立精神が有り余りすぎてる女医メグの成長記inNY,秋冬春夏秋冬
女の人生において恋愛(男)はそれなりのウェイトを占めている という前提にたった上で社会通念に縛られずに自分らしく生きようシングルでもいいじゃない(いつかはみんな結婚や妊娠を意識するでしょ?) と結論に落とし込んでいて絶妙に残念だった。本作に違和感を感じなかった人は つづ井さんのnote(https://note.mu/happyhappylove/n/n28f73ff5cdce)を読んでもらいたい。結婚適齢期の女性みんな男と結婚して妊娠して育児をしたいと考えているわけじゃないし、彼氏がいたことなくても途切れなくても続かなくても他人からとやかく言われる筋合いはない。
良いとこ
ダコタジョンソンの被写体レベルがめさめさ高い、服可愛い(ダコタジョンソンが着てるから可愛く見える気もする)、アリスの新居お洒落〜
残念なとこ
"シングルの女"という観念から登場人物を解放出来てない

ミモザ🍹他 ロックフェラーのツリー🎄 キング牧師の誕生日1/15(別れるのに丁度いいタイミング) 聖パトリックデー3/17(アイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリックの命日 アメリカでもアイルランド系移民の多い地域では緑色の物を身につけて祝う日として浸透している) 二日酔いは乳児用飲料で治すべし
失恋とか新しい恋とか妊娠とか独りで叶える夢とか
DT

DTの感想・評価

3.4
最初ヤりたい放題の映画かと思ってたけど見てくうちに見入ってた。それに全体的に映像がキレイでNYの街並みも出てくる部屋もオフィスもバーも全部女子が好きそうなやつ
あとダコタ・ジョンソン、アリソン・ブリーがキレイでかわいかった!!デブちゃんはなんかウザかったw
最後の黒人のシーンはグッときたな…
>|