Aka

美女と野獣のAkaのレビュー・感想・評価

美女と野獣(2017年製作の映画)
4.5
映画の何から何まで美しく、「美は内面に宿る」という言葉に説得力を持たせている。
観ている間ずっと幸せでした。ディズニー映画に触れる時には人間の無邪気さというものにいつも改めて驚かされます。素敵なものは素敵だと心から喜び愛でる心地良さは、大人になればこそどんどん深みを増してくるものなのだと。この作品にはとびきりそう思いました。

お城にある本棚をベルが見て興奮するシーンにめちゃくちゃ感情移入。わかる!
お城の魔法が解けてからはずっと泣いてました。今日も映画を観れて幸せだ。