美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

美は内面に宿るものだから


ビル・コンドン監督 2017年製作 2D字幕版
主演エマ・ワトソン


先日、日曜出勤したから今日は休み。(*´▽`人)アリガトウ♡

ってことで、さっそく観てきました\(^o^)/




素晴らしいです。驚きました!

まず、先に言っておくと、みなさん、この作品はミュージカルですよ(笑)めっちゃ歌います。アニメ以上に歌いまくります。それを押さえてから観に行きましょうね(๑•̀ •́)و✧



オープニングの「Belle」が素晴らしいです。この作品がミュージカルであることを高らかに宣言します。テイストは違うけど、ララランドのアナザー・デイ・オブ・サンに匹敵。自分が高揚していくのが分かります!思わず口角が上がる\(^o^)/


エマ・ワトソンが意外に歌えて驚きました~。

僕の中ではエマ・ワトソンはやっぱりハーマイオニーなんだよね~😬そのせいで、最初はお城もホグワーツ城に見えてくる(笑)

でも、だからこそ、このファンタジー世界にピッタリとはまる( ˘ ˘ )ウンウン
魔法使いが出てきても驚きませんね( ¯−¯ )フッ
呪文も唱えないし、杖も振らないけど……


他の俳優も素晴らしかったなぁ。好きな人、てんこ盛り。ユアン・マクレガー、ケヴィン・クライン、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン…

それにしても、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドはジャック・ブラックと加藤諒君を足して二で割ったような……いいキャラでしたね(笑)


また、ミュージカル畑の方が素晴らしいんです。野獣役のダン・スティーブンスをはじめ、知らない人が多いのですが、履歴を見ると錚々たる経歴。見事でした( ˘ ˘ )ウンウン


さらに、実写化のキモとなるCGの素晴らしさ。
アニメ世界が本当に再現、いや、それ以上の完成度で実現されています。美しさに驚きです。まさにディズニーワールド\(^o^)/

野獣のメイクも素晴らしいんです。あの顔なのに、しっかりと表情が分かる。特に、ダンスシーンでは柔和になった顔立ちがはっきりと伝わる。凄いですよね!


さらにさらに、音楽です!
アラン・メンケンの作る楽曲の素晴らしさね。
歌いますよ~。ミュージカルですもん当然ですよね(๑•̀ •́)و✧観ててじっとしていられません。

アニメ版に加え、新曲が3曲。どれも本当に良い。総じて明るいので、本当にハッピーになる。楽しかったなぁ。


ベル・イエローのドレスに身を包んだエマ・ワトソンのベルは本当に綺麗でした(๑•̀ •́)و✧

ラストの多幸感といったら……。もう、幸せすぎて涙が出ました!


さあ、今度は吹替で鑑賞しよう\(^o^)/
後で追記します!


追記:4DX3D吹替版で鑑賞


さて、吹替ですが、こちらも見事な声優さんで素晴らしかったですね。好みで言うと、オリジナル版なのですが(やはり、エマの歌がいい)、ベル役の昆夏美さんも上手いし、藤井隆などのコメディリリーフも上手くはまってました!

ポット夫人は、なんと岩崎宏美さん( ゚_ ゚)


アクションじゃないので、4DXじゃなくても良いのですが、それでも、ディズニーらしい演出がひかっていました。雪が舞うシーンは綺麗でしたね……。

アニメを実写化するなら、この完成度じゃないと、というお手本です。ゴースト・イン・ザ・シェルにもこれを求めたかった……

吹替版もよかったです(^-^)



追記:2017 5.4 2D字幕版で鑑賞

GWに嫁と鑑賞
やっぱり素晴らしい👏
嫁、泣いてました!
観た後も話が弾んだよね(笑)
mmm

mmmの感想・評価

2.5
私はあまり好きではなかった
原作が好きなので見たけど、エマワトソンは確かにとても美しかったけど、私の中のベルより若すぎるし野獣ももう少し怖さ?獣感?が欲しかった
想像とは色々と違った
kbm

kbmの感想・評価

4.3
素敵素敵。ずーっと素敵!ところどころ笑いがあるのが大好き。一番はキャラクターがとっても魅力的。演出、衣装、音楽も最高!あんまりあらすじ知らなかったから、どうなるのかドキドキしながら観られた。一番好きなのはディナーを用意する?シーン。あのシーンだけでも繰り返し見たい。あれを見たら、あのお城に行きたいと思わずにはいられない。ルミエールがかっこいい!ポット夫人の優しさ。コグスワースのおかしさ。とても幸せな気持ちになれました。
VAL240

VAL240の感想・評価

5.0
アニメをほぼ忠実に再現。素晴らしい
曲も最高。キャストも最高。申し分なし。
ただベルの父のトンデモマシンは見たかった。
TJ

TJの感想・評価

3.8
映像と音楽と衣装が原作に沿っていてとても良かった上に、ガストンがガストンが嬉しかった
元のアニメが良すぎただけに不安のある実写化だったが総合的ににとても上手くいっていた
かも

かもの感想・評価

3.0
映像と音楽とエマ・ワトソンの美しさはピカイチ。だが、それも予告編で満喫出来るほど、予告ムービーが全てな映画だった。
ayuah

ayuahの感想・評価

3.8
エマワトソンの美しさに終始やられてました。
でもこの話の良さはそこではなくて…(そうなんだけど笑)
内面を知り、次第に惹かれあっていく2人。
この話を知らない人はいないのにも関わらず、さすがディズニーですね、夢がある。
ガラクタにされたキャラクター達もそれぞれが素敵でした!

ベルの黄色いドレスに金粉が舞うシーンは思わず、ため息も出ないほど釘付けになりました…ステキ。
ファンじゃない自分が言うのも何ですが、大変な仕事っぷりだなと思いました。
アニメーションのファンが持ってるイメージを壊さないようにこの物語を忠実に再現しながらも、さらにそれを上回る肉付けもされてて脚本には苦労の跡が偲ばれます。そして実写ならではの新しい魅力を出すために、衣装や美術には華やかさがあって、役者・歌手の歌と踊りには盛り上がりがあって、アニメ由来のキャラクター達はCGを使って上手く実写映像に溶け込ませてる。そして、魔法が解けるとハリウッドスターが続々と登場なんていうお得感も出してたりと。
正直言ってこのストーリー自体にはあまり興味が無いけど、感動を与えるための作り手の熱意が凄いなって思える作品でした。
ディズニーによるセルフ実写化。

ミュージカルは楽しいけれど、家具や食器にされたキャラクターたちはアニメのデフォルメ感がなくなって、気持ち悪さがアップしてる気がする。

お話のテーマはおなじみだけど、外見にとらわれず、真の愛を見つけようってなところ。
魔女の呪いで醜くなってしまった王子と、美人だけど変り者扱いのベルによるラブロマンス。

でも結局見ためって大事だよなとは思う。
ブスもハゲも敬遠される世の中だと思うし、特に女の人は美しさが求められて大変だなーと思う。恋愛映画の主役も、男は冴えないおっさんが主人公っていうのも多いけど、女は年齢はともかくとして美人であることが必要条件になってると思う。
>|