美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

mimi

mimiの感想・評価

4.0
『語り継がれ 歌い継がれる 美女と野獣』

BDで、字幕版・吹き替え版を鑑賞。
どうしても吹き替えだとオリジナル音源との歌詞文字数の違いでズレてしまうので、ところどころ違和感があるのは仕方がないが、個人的には字幕版で鑑賞するのを勧める。

アニメーションを実写化すると残念な事になる方が圧倒的に多い中、幼い頃観た美女と野獣の世界観を壊さずに忠実に再現していると思う。
どうして野獣の心が冷たくなったのか、ベルの母親は何故いないのかなど、アニメーションでは語られていない内容も上手くストーリーに組み込まれている。カメラワークやキャラクターの仕草などアニメーションで観たことがあるシーンがちらほら出てきたのは嬉しいところ。セットも素晴らしく、使用人達も実写用にデザインされており素晴らしかった。
kaorin

kaorinの感想・評価

3.8
音楽がやっぱりいい。
アニメが好きだったので、実写にあまり期待してなかったが、映像も綺麗だった、
misora

misoraの感想・評価

3.9
美女と野獣、ミュージカル仕立てで、演出・俳優陣ともに豪華な実写版。

もともと、監禁する人とされる人が徐々に心を通わせてゆく(なんて夢のない表現)お話が好きなので、これを気に入らないはずもなく。

美女と野獣は、以前レアセドゥのものも鑑賞しましたが、そちらにアレンジが加えられていたのに対し、本作は原作に忠実で王道的、そして国際色豊かといった印象でした。
完成されていて、言うことがないです。素敵。

【ひとりごとです】
でもな、個人的にはフランス版のほうが好みなんだよな〜これが。
あと、エンドロールまでユアン・マクレガーに気付かなかったのはショック。
gosunny

gosunnyの感想・評価

3.7
エマワトソンがララランド断ってこれに出たのは納得だね。まだこっちの方が似合う。内容としては鉄板でどう魅せるかがポイント。人によっては色々と文句を言うと思うが、力のあるディズニーって感じで、大変よく素敵に仕上がってます。
エマワトソンが可愛くて美しい。特にラストシーンのドレスとエマが素敵‼
アラジンのジャスミンや、白雪姫や人魚姫のアリエルも彼女で実写映画化してほしいなぁ。素敵だろうなぁ。ガストンもアニメに近くて、楽しめました。
「シンデレラ」も「ジャングルブック」もイケたし「魔法にかけられて」も好きだからコレなんて最高なんじゃないかと期待していたんだけど、おおお、全くダメでした。
脇役キャラは楽しくてよかったんだけど、脇役キャラが出る頃にはかなり冷めてしまっていたし、話の大事にしたいであろうところでは既に飽き飽き。
長いなぁぁと飽きながら「このカットはあと一秒観たいだろ!」が多かったです。

とはいえ娘は憧れのエマワトソンにウットリでとても良かったと言っていたので、一緒に観てよかったよかった。
ぎわ

ぎわの感想・評価

4.0
映像と音楽がとてもきれい!
にら

にらの感想・評価

3.8
子どもの頃絵本で読んだときの純粋に素敵!ってなってた気持ちに戻れた。
ベルって守られるお姫様ではなくて、行動力と頭の良さがかっこよくて憧れたな〜って思い出が蘇ってくる感じ。
エマワトソンはそういうカッコよくて可愛いお姫様像バッチリでした!
>|