美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

エマ・ワトソンは可愛かったけれど、監禁されて、恋に落ちて、大団円って、なんか歪で、腑に落ちない。ストックホルム症候群なんだろうか。
Negima

Negimaの感想・評価

2.8
私はディズニー映画で育ったので、元々アニメ贔屓である。エマベルは可愛いし、ガストンはそれっぽいし、ル・フゥにオラフの人を当ててくるところなんかもそこそこ評価はできる…が、しかし。冒頭の本屋のシーンがアニメと違うのにガッカリだし、ポット婦人はやっぱりアンジェラ・ラズベリーがいいし、図書館や雪合戦のシーンやディナー前の野獣の準備のシーンとか色々、色々あって…。完璧に別物として見る分には…まぁ…いいか…なぁ…?ってなる。
tapioka

tapiokaの感想・評価

3.0
話は特にひねりもなく、よく知られているまま。エマ・ワトソンの可愛さ、美しさを楽しむ映画?よくできてます。
呪いが解けたあとの様子とその前までの対比はなかなかでした。
◎映像
◎音楽
Yoshimi

Yoshimiの感想・評価

4.5
ネイルサロンにてようやく鑑賞。
ベルがかわいくてかわいくて仕方なかった。野獣の決断が切なくて泣きそうだった。もう1回観たい。
たまこ

たまこの感想・評価

3.8
WOWOWの吹替視聴。これは映画館で観たかった映像!エマワトソンのベルは今風な感じの性格で素敵。
Canape

Canapeの感想・評価

3.6
実写化すると聞きいてからずっと見たかったやつ。アニメにはない曲や野獣の過去、少々のオリジナルも盛り込みまれている。荘厳なお城、揺れるキャンドルの灯り、要のバラなど文句なしの圧倒的な世界観で再現。
残念だったところがあるとすれば、ベルの唯一の楽しみの本屋さん(ここでは本屋さんでもないよう)本が数冊しかなかったこと、重要な意味を持つ野獣がベルを書斎へ案内するシーンが話の流れで案内したみたいに再現されていたこと。もっといえば野獣のたてがみはもっと毛むくじゃらでも良かった。
それでも、ムーランルージュのようなベルへのおもてなし、そしてジャケットの二人が躍るシーンはアニメ版のカメラワークそのままで感動。ガストン、お城の仲間たちも期待以上。実写化が難しい作品をここまで仕上げてきたのは素晴らしい。アニメ版とは違うラストだったがこれはこれであり。エンドロール綺麗だった。
chihiro

chihiroの感想・評価

5.0
文句なしの満点映画。元々原作のアニメが好きだったということもあり、ディズニーによる実写化が決まったときからもんどり打つほど楽しみにしていました。楽しみすぎて我慢できなくて封切りになってからすぐに見に行きましたが、期待を遙かに超えた仕上がりに終始感動。質の高いミュージカル映画でした。劇からミュージカルに切り替わるときの入り方が見事としか言いようがなくて、普通の人は野獣が王子様に戻るところで感動して泣くのでしょうけど、全然関係ない物語の中盤から号泣しっぱなしでした。キャスティングも最高。エマ・ワトソン美しかったです。ディズニーの本気を見ました。
saaaaayann

saaaaayannの感想・評価

4.0
話完全に知ってるのに泣けた。 カップたちとの、恋愛でも友情でもない関係性に弱い。
>|