美女と野獣の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

ディズニーアニメの中で特に好きな作品。
この実写映画もかなり良かった!
綺麗な映像とエマ・ワトソンが素敵
M

Mの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

字幕にて。

ミュージカル映画は得意ではないが、美女と野獣は好き。特に音楽。

実写化でこれだけ世界観を壊さず美しく表現しているのは凄い。
曲が一つ一つ懐かしく、テンション上がる。

野獣はちょっと顔が怖いが、慣れてくると愛しく見える。
呪いが解けた後は結婚してほしいレベルの金髪イケメン。

エマワトソンが終始美しい。
歌声も美しく、ベルっぽい。何よりドレスが似合う。恐るべきウエスト。
codama

codamaの感想・評価

3.7
映像・歌・世界観がとても素敵でした。
吹き替え・英語どちらも観ましたが、断然、英語のまま観て欲しいです。
ディズニーでは初の実写化。過去に他国で実写化した美女と野獣もみましたが、ディズニー作ならではの、みてるだけでディズニーランドにいるかのような気持ちにさせる構成はさすがでした。
そして主役がエマワトソンであることは、度々テレビでも話題になっていただけに、有名な話ですが、ビースト役が、まさかドラマ ダウントンアビーのマシュー役として人気のダンスティーヴンス を起用していたことを知らなかっただけに、素顔が現れた瞬間は、みている側も喜びを感じる瞬間でした。
何度見ても夢のようなステキなお話です。
ironHI

ironHIの感想・評価

3.0
映像がきれい。アニメーションのほうが好きだけど、何回も見てるうちに実写もいいなと思える。
春眠

春眠の感想・評価

4.0
音楽も映像もストーリーも何もかも美しすぎて現実に帰ってこれない。
Rinka

Rinkaの感想・評価

5.0
予告を見たときは、ルミエールたちの実写感に、ん?と思った。でも、実際映画を見てみると感動した、の一言。原作の再現率の高さたるや。アニメのままのルミエールたちとは行かないのは当たり前であって、本当にリアルに現実にルミエールがいたのならあんな感じなんだろうなと納得した。
服掛けのおじさんがしぶいジェントルマンで格好良かった。

野獣から人へ戻るところが特撮の変身シーンみたいで好き。
violet

violetの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

エマ・ワトソンが美しい…
黄色のドレスが似合っている

パパを助けるときに馬から降りた姿
カッコよかったよ〜

ドレッサーさんがおめかししてあげた
男の人3人のうち1人が
ノリノリだったの面白かった(笑)

愛ですね

みんなが普通の家具に戻ってしまうところ
悲しかった

ちょっと原作とは違うけれど
実写ですものアナザーワールドですわ
りさ

りさの感想・評価

3.5
エマ・ワトソン/実写化/ディズニー/CG/エマ・ワトソンじゃなかったら、見ないかな