美女と野獣の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

ぬ

ぬの感想・評価

3.8
立川の極上音響で観た

美女と野獣観てきた!!
普通におもしろかったけどやっぱ知ってる話だから?なのかそこまでの感動はなかった
アランメンケンとCGとかVFXがすげえって感じだった
シネマシティやはり音がすばら
あと魔女がよかった

ポリティカルコレクトネス的なのがめっちゃ見えてちょっと残念だった
でもイタリア人がイタリア人っぽくてよかった

シンデレラの実写の方がおもしろかった
なぜか
ishooooo

ishoooooの感想・評価

4.1
言わずもがな名作。
映像と歌の素晴らしさ、ガストンの非情さがオトナ向け。
ZuE

ZuEの感想・評価

-
映画館で1度見ていたが、2度目としてBlu-rayで鑑賞する価値のある映画だと思った。

エマ・ワトソンは美しく、歌声も癒される。ベル=“美しい”という名前の由来を体現している。
映像も美しい。ディズニーアニメ版を彷彿とさせるシーンがあり、そちらのファンも楽しませてくれる。

ベルが着ている衣装の再現度も高い。
特に二人で初めて踊るシーンで着用している、黄色いドレス。裾の輝きが美しい。

何度見ても幸せな気持ちになれる、そんな映画だと思う。
asacoohta

asacoohtaの感想・評価

4.2
ディズニーのアニメーション映画で一番好きなのが 美女と野獣。
待望の実写化でした。
音楽も演出も最高すぎて 鳥肌モノ。
ダンスのシーンは 涙止まりませんでした。
2回劇場で観て2回とも。笑
おりえ

おりえの感想・評価

3.6
食事のシーンまじで綺麗だったなぁ
それ見るためだけにDVD買おうかなぁ
食わず嫌いで控えてたけど、見たら吸い込まれた。
ディズニー映画は実写になってもハズレがない気がする。
でもやっぱりミュージカル映画というのがいいのかも。
cocco

coccoの感想・評価

3.4
映像がとても綺麗だったが、ディズニーアニメ版をよく知っているだけに、それと比較してしまい、集中して見れなかった
アニメも大好きで何度も見た話!
でも、ストーリーがまた違ってすごく良かった!CGなのを忘れるくらい見入ってしまう綺麗な世界に、素晴らしい歌声で最高でしたー!!
mgk

mgkの感想・評価

5.0
予想の、遥か遥か遥か上にあった作品。
はじまった瞬間から目が離せなくてもう密度と濃度が凄まじい。お話自体はよくよく知っているものだからすこしくらい余所見をしても分かるものなんだけど、それをしては駄目だと思ったし、ひとつの画も見逃したくないと思った。瞬きするのも惜しいってこのことだ。

ディズニーアニメの実写化だとシンデレラがたぶんいちばん好きなんだけど、その上をきてしまったかもなあと。というか実際公開してからも、「まあシンデレラと同じかそれよりすこし上くらいだろうな」みたいな謎の余裕があった。けどなんだろうな、、実際観たらもう「本気中の本気」って感じがビシバシと感じられて、シンデレラが超~~~好きなんだけど、とんでもないもの観ちゃったな、っていう感覚は美女と野獣のほうが上だった。(いや、でもやっぱりシンデレラ大好き。。)(ここで言うことじゃない)

観てからというもの気でも狂ったかというくらい毎日毎日朝から晩までサントラ聴きまくってた。アニメーションのほうを大事に大事にしてるのが分かるし、それでいて それを踏まえたうえで、実写化ならではの華美さもあった。豪華すぎてほんと制作側のいろいろを考えたりもしてしまった……

そしてキャスティングが神がかっていた。ガストンは彼の他にはいない……ルーク・エヴァンスのカリスマ性溢れるガストンを観ていると 自分まで「ガストン!!」と拳をあげてしまう。ガストンのカリスマ性はあの逞しさと、芯の通った(と言えばなんだか聞こえが良い)性格からきているのかな。自信に満ち溢れているひとってそれだけで周囲を「このひとについていけばなんだかすべてが上手くいくのでは」という気持ちにさせる。良い方向で芯を通し続けていてくれれば本当に素晴らしいキャプテンであったに違いない。かなしい。
野獣狩りに行くぞと村のみんなを煽っているとき、集団心理の怖さを改めて感じた。魔女狩りとかきっとこんな感じだったんだろうなと考えた。力のある人物のその発言力たるや……

ラストは泣きに泣いた。友愛に家族愛、もうどうしようもないけれど、最期にはそのひとの傍で、顔を合わせて言葉を交わして。美しすぎて涙がとまらなかった。

感想を書こうとすると観てからそこそこ経っていてもいくらでも書けそうで終わりが見えない。エマ・ワトソンはエマ・ワトソンでありながら同時にベルだった。ベルすぎないのはエマ・ワトソンこそがベルそのものだからだと思った。そしてエマ・トンプソンとの共演がとても嬉しかった。当時めちゃくちゃ読み返したアズカバンの囚人のパンフレットを思い出した。

とにかく良かった。陳腐な言葉だけど傑作だと思った。これを超える実写化ディズニー作品にはもう出会えない気がしている……本当に本当に本当に、すべての感動が詰まっている、間違いなく最高傑作。
Remi

Remiの感想・評価

3.7
王道なんて...エマワトソンなんて...ディズニーなんて......




大好きだーーーーーーーー!!!!!