さらば あぶない刑事(2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    村川透
    脚本
    柏原寛司
    キャスト
    舘ひろし
    柴田恭兵
    浅野温子
    仲村トオル
    木の実ナナ
    ベンガル
    山西道広
    伊藤洋三郎
    長谷部香苗
    小林稔侍
    菜々緒
    夕輝壽太
    吉沢亮
    入江甚儀
    片桐竜次
    吉川晃司
    あらすじ
    ヨコハマの“伝説”がスクリーンに帰ってきた。女性に優しく悪を許さぬタカことダンディー鷹山、弱いものを見れば放っておけない正義漢ユージことセクシー大下。2人が犯罪を追い、暴れまくり、軽妙なトークと激しいアクションで繰り広げる伝説のシリーズ「あぶデカ」が遂に本当に本当の”ラスト”を迎える!!定年退職まであと5日となった二人に立ちはだかるのは、横浜を牛耳ろうとする凶悪な中南米マフィア。命を賭けた壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。シリーズ最強最悪の敵を前に、タカとユージは「さらば」とのタイトルの通り、ついに殉職となってしまうのか!?

    「さらば あぶない刑事」に投稿された感想・評価

    あぶない刑事はわたしの青春
    ゆきよ
    5.0
    タカとユージに常時しびれながら観ていた。渋すぎる。

    まずオープニングが素晴らしくて、シリーズ通しての舞台である横浜の夜景をバックに「これからワクワクが始まるよ」って示してくれてるみたいな金管楽器の音色!監督自身の「オープニングはトランペットで」という提案だったらしく、大正解だったと思う。

    吉川晃司の……あれ白髪なのかな?銀髪かな?イケメンだから銀髪に見えるのかな?その銀髪が似合いすぎてて、振る舞いもいちいちキザっぽいのに格好よく見えて不思議。

    敵役ふたりとも、シルエットで特徴がわかるようになってて、鳥頭な自分としては大いに助かった。
    ガルシアは常に杖を突いているし、ディーノはスキンヘッド。とにかく「人物が判別できる」という創作物語としての基本がちゃんと押さえられてるから見ていてストレスがない。そのうえでふざけるところは容赦なくふざけられてるから手放しで笑える。
    ガルシアの杖についてはこの映画のバイクシーンの練習中に吉川晃司が脚を粉砕骨折したから支えがあると本人が楽なのもあったと思うけど、タカとユージも、きらびやかなジャケットを着てる方がユージだって分かりやすいもんね。

    舘ひろしと柴田恭兵の溢れ出るダンディズムについて、撮影スタッフの仙元誠三さんがパンフレット中で「年齢を重ねたことを隠さない素直さ」と表現していたのだけど、それが演技中にも「お互いへの絶対的な信頼感」として滲み出ているようでたまらない。

    > 「あぶない刑事」がここまで多くの方々に愛されてきた魅力はどこにあると思いますか?
    > 舘ひろし:僕は昔からワクワクする映画が大好きなんです。だからずっとワクワクする映画を撮りたかった。それから、薄っぺらなかっこよさに人生を賭ける男の姿。ワクワクしてかっこよくて、それが「あぶない刑事」のいいところなのかなと思います。
    > ―映画『さらば あぶない刑事』 パンフレットより

    私もそう思います。超おもしろかった。

    この映画のキービジュアル、左端、浅野温子さんの、他のハードボイルド3人組に負けないくらいの強気な表情が魅力的で大好き。ドラマ版あぶでかの『魔性』ってサブタイトルの回で、タカの「若さが素敵だなんて、言わせねぇよ……誰にも」という名言があるらしいのだけど、まさにその言葉どおりの女性だよねえと感嘆してしまう。
    ゆち
    3.0
    あぶデカコンビかっこいい!
    Honch
    3.5
    何も考えずに、あの痛快なやりとりとアクションを観れば楽しい。ストーリーとか設定とか演出とかめちゃくちゃだけど、そもそもそこに期待する映画ではないので、OK!笑
    トータルで、映画としては3.5点
    hiro
    3.2
    2017.7.8
    かっこいいおじさん好き
    話もサクサク進んで思いの他、面白く観れた。たか&ゆーじのアクション、凄い体力だなぁと感心しました。
    2人の年齢考えるとカッコ良すぎ。
    舘ひろしのバイク姿もやっぱりカッコ良すぎ。
    あぶ刑事って、キザとお茶目のバランスが絶妙だなと、再確認。
    kai
    -
    記録用
    あぶ刑事を多からず、少なからずで見てきた人には“イマドキっぽい”、“スタイリッシュな感じ”の刑事ドラマへ作り変える事なく、正に「…お前たち」「待たせたな」と言っている様な作り方が逆に愛しい。
    「コレだよ、コレ~」と思わせてくれる。
    初めての方へではなく、長年愛してきたファンのために作られた作品だと思うので、興味を持った方は観る前に劇場シリーズだけでも先に数本観ておいた方が絶対楽しい。

    相変わらず“ダンディー鷹山”が美女相手に色男振りを見せ、“セクシー大下”が華麗にステップを踏み、そして走る!(めちゃめちゃ全力で!必見!)


    タカ&ユージは事件を目の前にして、定年退職まで残り数日、果たして無事過ぎ去る様に大人しくしていられるのか??
    そしてユージの夢とは?…
    >|