さらば あぶない刑事の作品情報・感想・評価

さらば あぶない刑事2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

3.4

あらすじ

ヨコハマの“伝説”がスクリーンに帰ってきた。女性に優しく悪を許さぬタカことダンディー鷹山、弱いものを見れば放っておけない正義漢ユージことセクシー大下。2人が犯罪を追い、暴れまくり、軽妙なトークと激しいアクションで繰り広げる伝説のシリーズ「あぶデカ」が遂に本当に本当の”ラスト”を迎える!!定年退職まであと5日となった二人に立ちはだかるのは、横浜を牛耳ろうとする凶悪な中南米マフィア。命を賭けた壮絶な…

ヨコハマの“伝説”がスクリーンに帰ってきた。女性に優しく悪を許さぬタカことダンディー鷹山、弱いものを見れば放っておけない正義漢ユージことセクシー大下。2人が犯罪を追い、暴れまくり、軽妙なトークと激しいアクションで繰り広げる伝説のシリーズ「あぶデカ」が遂に本当に本当の”ラスト”を迎える!!定年退職まであと5日となった二人に立ちはだかるのは、横浜を牛耳ろうとする凶悪な中南米マフィア。命を賭けた壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。シリーズ最強最悪の敵を前に、タカとユージは「さらば」とのタイトルの通り、ついに殉職となってしまうのか!?

「さらば あぶない刑事」に投稿された感想・評価

あぶない刑事はわたしの青春
ケニア

ケニアの感想・評価

5.0
2人はいつまでもカッコよすぎる
大ファンとしては納得のいくさらばだった
でも、もう少しタカとユージを見たい気持ちもある
当事、そんなにハマってた訳では無いけど色々と流行りや憧れなど一代を築いた事は確か。お決まりのパターン多いけど、これぞあぶデカなんですよね。時代はすっかり変わったけど、色褪せぬかっこよさにリスペクト。
のら

のらの感想・評価

2.0
人気ドラマシリーズの最終作。

前作の「まだまだ あぶない刑事」が比較的現代風のアレンジだったのとは対称的に、本作は 80年代東映ドラマの雰囲気を残した作りになっている。

また刑事モノで最終作という触れ込みだと普通なら殉職を連想する所だが、本作は主人公コンビの定年退職で幕を下ろす形になっており、無事に定年退職を迎えることが出来るのか?というのが話しのテーマになっている。

しかし本作が残念なのは主人公コンビの老いが話の中に盛り込まれて居ないことだ。退職後どうするか?という話は出て来るが、肝心の老いが出てこないまま、いつものアクションシーンに突入するので、キレが悪くて痛々しい。

また敵役の吉川晃司自体は、扱う技が吉川晃司らしくて良いのだが、シリーズ最後の敵としてはインテリヤクザ的な役回りはもったいない。さらに菜々緒の雑な扱い方にも疑問を禁じ得ない。

全体的にドラマ版を再現しようとしている事は分かるし、最終話として方向性も間違っていないのだが、30年前と同じことが環境的にも演者の体力的にも難しいのは明らかで、そこに対する解決策があまりにも無い。

またこれが本作の一番問題だなと思う部分で横浜の街並みがあまり出てこないので、現実の横浜に本当に主人公のコンビが生活しているようには見えない。主人公たちの定年退職という魅力的な題材を持ってきながら上手く料理できずに終わってしまっている。
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW
1986年から日本テレビ系で放送され、高い人気を誇ったドラマ「あぶない刑事」は翌年、初映画化。2016年は番組開始からちょうど30年。本作は劇場版第7作にして最終編。
えみこ

えみこの感想・評価

3.3
渋くてかっこいい
ツッコミどころとか満載だけど
この2人だから関係ないね!

イッツショータイムな柴田恭兵と相変わらずどこからかバイクをぱくってくる舘ひろし。。
最初の作品からぶれないかっこ良さがあって最後なのが名残惜しい。。
まみむ

まみむの感想・評価

2.0
酷すぎた。途中で観るのやめた。昔は面白かったのに…時代かな。
古き良き昭和時代の軽妙なセリフと悪ノリ。懐かし〜い!
今の人達にわっかるかなぁ?わかんねぇだろうなぁ。(←これも古い)

エンドロールは涙腺もの(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
>|