悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂462015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当て…

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

主題歌/挿入歌

出演者

「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
netflixにて

乃木坂46として初めて人前に立つAKBのイベントで、センターで緊張してる生駒ちゃんを、隣の星野みなみさんがポンポンとお尻を叩いてそっと励ますシーンが好き。

このシーンに代表されるように、この人たち絶対優しいでしょって信じたくなる瞬間を切り取ってくれてる映画(本当に優しいかどうかは別問題)
これオタクとしてみてもなかなかだし、オタクとしてみなくてもやべぇわ
Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

3.2
白石麻衣が不登校だったとか、皆学校で色々あったらしい。
プレッシャーに負けず仲間を思い、普通の事が出来ない中で、全力で活動していく姿や家族の事を思って語る姿はよかった。
齋藤飛鳥もっと出して(笑)
かじお

かじおの感想・評価

4.3
乃木坂に夢中の時に見た。
やばい。めっちゃくちゃ泣ける。
やっぱ誰でもつらい過去を持ってるんだな。
タクマ

タクマの感想・評価

4.0
途中から正直見てるのがしんどくなった。

でも、これが乃木坂46の裏の過酷な姿なのだと思う。
4、5年苦しんで、伸び悩んでいた分これからはより活躍の場を広げてほしい!


努力、感謝、笑顔、うちらは乃木坂上り坂46!!
もっと飛鳥さんとか他のメンバーを映して欲しかったです。
でも乃木ヲタ必見の素晴らしい映画でしたし、多分もう1回見ますw
BGMにしてた。
たなか

たなかの感想・評価

4.0
乃木坂オタクついに見る
まりか推しなのでまりかが
ちょこっと出てきてよかった。
普通の少女たちがアイドルへと階段を登り
それを見守る母親たち。
彼女たちにしかわからない苦悩と世界。
泣き虫でぷっくりしてた生駒ちゃんが
卒業した。
あんな弱々しい子が
最後武道館で たのしかった! という
一言で乃木坂46の自分を振り返り卒業した
涙も笑顔も努力も
全て自分で たのしかった と
行った彼女 アイドルすぎるな
卒業してから見てからこの作品を見ると
より感慨深いものがある。
アイドルにはあまり興味ないけど、乃木坂は最近好きになったので鑑賞。

華やかな舞台の裏側が自分の想像以上に重かった。

やっぱり同世代の人がひたむきに頑張ってる姿を見ると、自分も頑張ろうって思う。
>|