悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の作品情報・感想・評価

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂462015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当て…

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
netflixにて

乃木坂46として初めて人前に立つAKBのイベントで、センターで緊張してる生駒ちゃんを、隣の星野みなみさんがポンポンとお尻を叩いてそっと励ますシーンが好き。

このシーンに代表されるように、この人たち絶対優しいでしょって信じたくなる瞬間を切り取ってくれてる映画(本当に優しいかどうかは別問題)
ナりみ

ナりみの感想・評価

5.0
橋本奈々未
ちん

ちんの感想・評価

5.0
乃木坂をさらに応援したくなった。いろんな涙があって今があると。
特に、生駒ちゃん。
橋本奈々未の帰郷シーンは、映画だった。
メンバー同士、グループ同士とどんどん差を作っていって、その差が消費されていく仕組みは良く出来てる
アイドルグループだけど自分のルックスや若さの有限性だけで勝負してないところが良いんだよ…これからも箱推しさせて下さい…

このレビューはネタバレを含みます

松村「みんなの生活見ててね私ね大学行けたのホントは。大学受かってたし。あの学力だったら普通に合格出来てたのをねそれを全部捨ててここにきたの。」
たくや

たくやの感想・評価

4.5
2017.8.5
正直言って乃木坂46のメンバーも歌すらも全くと言っていいくらい知らない自分がこの作品を鑑賞して、まず楽しめないだろうし感情輸入なんて出来ないだろうなと思っていたけどその概念を完全に裏切られた作品となった。

乃木坂46というグループのドキュメンタリー映画というより1人1人のメンバーのドキュメンタリー映画という色が強く、ウブな彼女たちが立派に成長するプロセスに目が離せなかった。

外見は華やかで煌びやかな芸能界という世界の裏にはプレッシャーや重圧世間からの厳しい目など陰には闇深いような事も存在する。
それでも、そのアイドル生活を辞めない理由や目標などが明確に提示されてて観ていて感情輸入がし易かった。

仲間でありライバルである彼女たちの切磋琢磨し合い努力する姿も美しいと感じた部分もあり観ていて苦しいと感じる部分もあった。
アイドルという職業がどれだけ大変か彼女たちにとっての一日一日がどれだけ大切なもので有意義に過ごさなきゃいけないかが痛いほど伝わってきた。

エンディングでは涙が溢れた。
歌詞と映画、彼女たちの歩んできた物語がマッチし涙無しには観れなかった。

自分にも目標がある分この作品を通して努力が足りてなかったと感じたし結果を成し遂げる為に必要な事を学べた気がする。

乃木坂46への興味もこの作品で大きく持てた。
優劣を競うわけではないが生駒里奈という人物を深く尊敬、注目したいと感じた。
kaho

kahoの感想・評価

4.0
完璧でないお母さんたちの言葉がリアルで、ほんとに普通の環境で育ったただ顔がきれいな女の子たちだったんだなあって、ファンみたいな感じに感動した。アイドルファンって昔から応援しててその成長を見守ることが楽しみのひとつだったりすると思うけど、120分でしっかり成長を追えてる気になれて見終わったあと好きが増してるからすごい、っていうかずるい…素材がこんなにたくさんあることに驚いたけど。とにもかくにも本当にかわいい美しい生まれ変わったら乃木坂の顔になりたいです
>|