悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46(2015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    丸山健志
    キャスト
    乃木坂46
    あらすじ
    正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。

    「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・評価

    netflixにて

    乃木坂46として初めて人前に立つAKBのイベントで、センターで緊張してる生駒ちゃんを、隣の星野みなみさんがポンポンとお尻を叩いてそっと励ますシーンが好き。

    このシーンに代表されるように、この人たち絶対優しいでしょって信じたくなる瞬間を切り取ってくれてる映画(本当に優しいかどうかは別問題)

    やっとこさ見れた。

    乃木坂46結成〜3周年ライブまで?を追った長期ドキュメント。主に人気メンバー数人にフィーチャーし、彼女らの母親の語りで物語は進んで行く。


    母親の目線で描かれていることに大きな意味がある気がする。ある種「大人になりつつある子供を持つ親たち」のドキュメンタリーとも言えるんじゃないか。
    ポールボッツの半生を映画化した『ワンチャンス』の中ですごく好きな言葉がある。ポールの父親が放った「親父としていかに成功したかは、子供が親父をどれだけ超えたかだ」という名言。『悲しみの忘れ方』では母親の目線だが、これに照らし合わせるとなんと乃木坂メンバーたちは親孝行なのか。みな親の理解を超える存在になって行く。小さかったあの頃の、過去形でしか娘を語れなくなることは悲しいことのようだけれど、その時こそ親としての使命を全うできたということなのでは。

    かといって語られる対象である本人たちも忘れてはならない。偶像であることの辛さ。常に潔白でキラキラした笑顔をまとわなければならない、当たり前に見えてしまっているが、それがどんなに辛いことか。
    自分は乃木坂好きな方だが、やはり「アイドル」としての姿しか、甘い表向きの部分しか見たことがなかったかもしれないと思った。この映画を見た今、改めて尊敬の念を抱かざるを得ない。

    ちゃんと松村沙友理のあの件にも触れているのもグッド 笑


    *ただ、あんなオマケ程度なら二期生パート要らんて!
    欅坂46を応援し始めてから、アイドルが想像以上に大変だってことは気づいていたけど、裏でこんな苦労を負って不安を抱えてまで輝こうとする彼女たちを心から尊敬しました。同い年かそれより下とは思えない。私にはあんなに素敵な笑顔をあの不安の中見せ続ける強さや勇気がなくて、本当に彼女たちはアイドルという肩書き以上のものを持っています!
    みんなかわいいな
    たかがアイドルの話でしょって思ってる人ほど観てほしいです。

    メンバーの母親視点で語られるドキュメント。
    一人一人にストーリーがあるから深みが出るのだと。
    きっと素直に応援したくなると思います。
    これ観てさゆりんご許した

    アイドルって大変だな〜

    生駒ちゃんのこと最初から好きで、泣いたり辛いことがあっても立ち直ってる姿も含めて好きだったな。

    人と比べられるって、ちょっとのことでも辛いって思うけどそれを常に受けてるアイドルは強い。強くならないとやっていけないんだな。

    ななみんは、本当に家族のために学費と家を買ってやめていって寂しいけど自分自身の好きな人生を歩めてるといいな。
    花粉が…のシーンはマジでやばい。初めて映画で泣いた。未央奈のラストシーンも良かった!
    こんながっつりドキュメントは初めて見た。

    号泣してしまったし、もっと頑張ろうと思える映画だった。


    ハロプロ派、ときどき坂道の
    アイドル大好きマンだけど、
    秋本には秋本の、つんく♂にはつんく♂の、プロデュースの仕方や育て方があって、やっぱアイドルって面白いなぁと思った。

    大人の手の上で転がされながらも、自分のやりたいことをみつけて、成長していく姿はカッコイイ。

    語りが母親っていうのも素敵だった。

    ななせのお母さんの言葉。
    「本当はななせの洗濯物を洗いたい」が、母としての姿を全てを物語っていた。
    >|