• Filmarksトップ
  • 悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46の感想・レビュー

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46(2015年製作の映画)

上映日:2015年07月10日

製作国:
  • 日本
  • あらすじ
    正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 少女たちの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々。 驚きと感動、そして勇気を与えてくれる待望の初ドキュメンタリー映画、ついに完成! 結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画が公開。 2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」ということ。以来、常に国民的アイドルグループと比較されながらも、夢のためひたむきに走り続けてきた。 正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か? 密着取材で初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちに寄り添ってきた母親から明かされる真実。インタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。 「違う自分になりたかった」  彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。 本作の監督を務めるのは、乃木坂46の1stから10thまで10作連続でシングル収録曲のMVを手掛けてきた丸山健志。デビュー当時から見守ってきた監督が舞台裏のみならず、メンバーたちのプライベート、そして心の中にまで迫っていく。

    「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2016/12/25
    -
    netflixにて

    乃木坂46として初めて人前に立つAKBのイベントで、センターで緊張してる生駒ちゃんを、隣の星野みなみさんがポンポンとお尻を叩いてそっと励ますシーンが好き。

    このシーンに代表されるように、この人たち絶対優しいでしょって信じたくなる瞬間を切り取ってくれてる映画(本当に優しいかどうかは別問題)
    もとみ
    もとみの感想・レビュー
    1日
    4.0
    アイドルが様々な葛藤をして表舞台に立っていることを丁寧に教えてくれる。
    Sho
    Shoの感想・レビュー
    4日
    4.0
    ドキュメンタリーのフィルムはあまり見ない私だが、グッとくるものがあった。主題歌の「悩んでいるのは私だけじゃない。」という歌詞が染みる。マイナス点と言えば、普通の映画のようなクライマックスとよべるところがはっきりしていないところ、スッポットが当てられているのがごく一部のメンバーのみであること。しょうがないことであるが、このドキュメンタリーにない数多くのドキュメンタリーがグループに存在していることでしょう。
    やすよ
    やすよの感想・レビュー
    5日
    3.0
    うーん、普通。
    普通のアイドルのドキュメンタリーだなぁ。
    YukiS
    YukiSの感想・レビュー
    6日
    5.0
    いろんな想いをもってあの場にいることをしみじみと感じさせられた。

    いい作品だったし、感動した。だけど、もう少し他のメンバーも見せて欲しかった。
    chisato
    chisatoの感想・レビュー
    2017/03/17
    3.5
    選抜落ちは「一人の人間として否定された気がする」というのは就活に似てるんだろうな。芸能界だもん就活より厳しいか。散々主要1期生メンバーのドキュメンタリーを流してきたのに、ラストの2期生堀未央奈の髪を切るシーンで一気に意味深になる。

    「悲しみの忘れ方」ね…そのラストシーンとタイトルはしっくりこない。オタにしか分からない何か? 中途半端な演出してくるな、という感想。

    この場合の悲しみってセンターになれない悲しみ、個々の実力が認められない悲しみ、松村の不倫報道による悲しみ、紅白出場できず乃木坂としてのキャリア挫折の悲しみとかかな。そういう悲しみを忘れるの?いじめられた悲しみを忘れるのは分かるけど、乃木坂の悲しみってみんなで乗り越えてきたんじゃないのかな。タイトルの語感はいいけど

    生駒ちゃんのネタが無かったら飛んでもないB級映画になってたと思います。波乱万丈な人生だなー、大変だろうけど充実凄そう。母校で合唱聞くシーンは不覚にも涙。みんなで同じ制服着て黒髪で並んで同じ歌歌うって、それだけで羨ましくなっちゃった。合唱好きだったなー。

    乃木坂ライブに行ったことある私ですが、やっぱアイドル、というか乃木坂は可愛い。あんなに顔面偏差値高く生まれたら鼻高々じゃないけど性格ひねくれそう、私だったら。みんな綺麗な外見とまっすぐな心を持ってて、素晴らしいと思いました。
    haru
    haruの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.4
    乃木坂46の映画、というよりはポスターに写ってる主要メンバー5人の映画。
    選抜アンダー、立ち位置、メンバーのスキャンダル、いろいろな葛藤をみんな持っていて、それでもいつでも可愛く美しくキラキラ輝いているアイドルは本当に尊い職業だなと改めて思いました。

    星野みなみちゃんはやっぱりかわいいです!
    しんご
    しんごの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.6
    境遇も違う子たちが一緒になって成長していく姿は単純にかっこよかった
    まあ簡単に言うといろいろあって最後に堀未央奈が髪を切る映画ってこと
    >|