スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.5

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


まずアーロンソーキンの脚本が良かった。ダニーボイル色よりもアーロンソーキンの脚本の印象が強い。
重要な製品の発表会直前の舞台裏×3というトリッキーな構成ながら、人間スティーブジョブズをきちんと描けている。

「独善的な完璧主義者」という一般的なジョブズのイメージは基本そのままだが、この映画ではジョブズに得意のスピーチをさせない。(本物には勝てないから?)それが功を奏してる。
ジョブズの家族との関係に焦点を当てることで、ジョブズの新たな側面が見えてくる。

(タマフルでも指摘されてたけど)ジョブズの娘が違う歌手の歌う同じ曲を聴いていて、「初めのほうは女の子っぽい感じで、二回目のほうは後悔している感じ」と答えるシーン。これはこの映画の構成にも当てはまる。
発表会の直前の舞台裏という同じ設定で似たようなシーンなのだが3回それぞれトーンが変わっていてそこからジョブズという人間の変化と輪郭が見えてくる。

自分はアーロンソーキンの会話劇が好きなんだなと再確認。



フィンチャーのソーシャルネットワークにも近いものがあるけど、ソーシャルネットワークのように一人の天才の物語が、いまを生きる私たちの所まで下りてくるまではいってない気がした。
最後の着地がやや安易かもしれない。でも十分面白い。
MN

MNの感想・評価

2.0
鑑賞者は、家のパソコンとケータイとタブレットは全てApple製で、スタンフォード大学での演説は何度もみたくらいのレベル。

常にジョブズが発表前に怒ってて、その周辺の人のバックグラウンドは語られず。ジョブズとその周辺の人物や歴史まで事前に十分に知ってる人なら楽しめるのかも。

《完成品》に対してのジョブズとウォズニアックの対立は面白かった。劇作家は続きを観客に〜のくだりなどはジョブズの思想を反映しててカッコよかった。

しかしAmazonprimeで鑑賞したが2時間はもったいなかったと感じられた。
ジョブズの良いとこは描かれないので爽快感もない。ラストも中途半端でカタルシスもない。個人的には全くオススメできない。
apo

apoの感想・評価

4.4
@amazonの配信にて


新製品のプレゼンのスタイルが、
注目を浴び、今では、大手通信会社や
車など、なんか皆このスタイル。

この映画で、美談だけでない

人間の焦り、喪失感、残酷さ
でも、優しさや愛情など、
人間臭さが伝わる作品だと感じました。
カツマ

カツマの感想・評価

4.0
スティーブジョブズの伝記映画と呼ぶにはあまりにも監督と脚本家の個性が漲り過ぎている。3回のプレゼンと会話劇のみで天才の人生を総括した驚異の脚本と、躍動感溢れる展開力とスタイリッシュなカットをバシバシとキメてみせたダニーボイルのコンビは圧巻の世界観だ。何と言っても会話劇の核をなしたファスペンダー&ウィンスレットの名演無しにはこの映画は語れないだろう。発表会直前だと言うのに次から次へと巻き起こるドラマにハラハラしながらも、お前らこんな直前に尋ねてくるとか常識という言葉を知らんのか!と突っ込みを入れたくなる要素も満載です(笑)

1984年、Macの商品発表会。ジョブズは時代の変わり目にいた。彼の見立てではMacは1ヶ月で90万台を売る算段。右腕のジョアンナはその算段に無謀だと言いながらも、忙しなく発表会の準備を進めている。ジョブズはApple Ⅱの開発者であり友人でもあるウォズの申し出を一蹴し一息つくも、今度は血の繋がった娘とその母の訪問。発表会は目前まで迫っていたにも関わらず噴出する問題の数々。それらを無理やり粘土細工の如くこねくり回し、ついに彼は世紀の舞台に上がるのであった。

この作品はジョブズの天才性、発明家としての側面は極力抑え、彼の人間性と娘との関係性を根本に添え、人間ドラマとしての側面を色濃くしている。そのため、ジョブズのことをよく知らなくても映画として楽しめるものになっており、また逆に言うとジョブズの偉業を教養として知りたい人には向いていない。天才と変人は紙一重、と言うかやはり同一か。変人にも関わらず圧倒的に惹きつけられるのが真の天才。今のAppleの停滞感を見ていても、彼の偉業の凄さはその特異な人間性からも伺い知ることができると気付ける作品でした。
白畑伸

白畑伸の感想・評価

4.3
映像投影したり、シーンが変わる時に
めちゃくそオシャレなカット挟んだり、
会話のテンポ感なんてほんと
ダニー・ボイルっぺぇな…と。笑
だんだん年取っていくジョブズを
マイケル・ファスベンダーが
丁寧に演じていてよかった。
個人的には、2013年版『スティーブ・ジョブズ』の方が、スマートな気がした。

2013年版でも人間関係は描かれていたが、今度はややドロドロ感があり。父娘の思いも描いている。

APPLEⅡの後、アップル社での発表会、そしてNEXT社のキューブ型コンピュータ発表会は一応あるものの、その発表会よりも元妻との金銭問題、旧友とのイザコザなどが描かれており、過去の話(ガレージ風景など)は回想シーンにて。

イマイチだった。
疲ゎ

疲ゎの感想・評価

-
んーー、本を読んだ方が彼を知れるかもしれない
>|