スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


まずアーロンソーキンの脚本が良かった。ダニーボイル色よりもアーロンソーキンの脚本の印象が強い。
重要な製品の発表会直前の舞台裏×3というトリッキーな構成ながら、人間スティーブジョブズをきちんと描けている。

「独善的な完璧主義者」という一般的なジョブズのイメージは基本そのままだが、この映画ではジョブズに得意のスピーチをさせない。(本物には勝てないから?)それが功を奏してる。
ジョブズの家族との関係に焦点を当てることで、ジョブズの新たな側面が見えてくる。

(タマフルでも指摘されてたけど)ジョブズの娘が違う歌手の歌う同じ曲を聴いていて、「初めのほうは女の子っぽい感じで、二回目のほうは後悔している感じ」と答えるシーン。これはこの映画の構成にも当てはまる。
発表会の直前の舞台裏という同じ設定で似たようなシーンなのだが3回それぞれトーンが変わっていてそこからジョブズという人間の変化と輪郭が見えてくる。

自分はアーロンソーキンの会話劇が好きなんだなと再確認。



フィンチャーのソーシャルネットワークにも近いものがあるけど、ソーシャルネットワークのように一人の天才の物語が、いまを生きる私たちの所まで下りてくるまではいってない気がした。
最後の着地がやや安易かもしれない。でも十分面白い。
発表会直前の話しか描かれないので、ジョブズを語るには情報量が少なすぎるのかもしれませんが、このドタバタ感で飽きずに見れました。
現状だとMacがスタバの入館証になることぐらいしか、有用な独自機能が無いのが悲しいところです。MSなんかに負けないでほしいです。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
ラストシーンを今でも鮮明に憶えている
これは家族のお話なんだ
みやり

みやりの感想・評価

3.5
面白かった。人が言い争ってるシーンばかりで疲れたけど。
ジョブズの功績はよくテレビでもやってるし知ってるけど、家族関係は知らなかったので興味深かった。
映画として面白いかと言われれば、決してそうではない。けど、スティーブ・ジョブズの人柄がうかがえた。
なんだかんだ良かった。
泣きそうになった。

ダニーボイルってこんなドラマも撮れるのか...
コンピュータを開発することって文明に関わることでそれ自体が映画になることだけど、しかもその世界の中でもとりわけぶっ飛んでる人の生きざまってなればまあそれだけでそれなりの映画にはなりますね。
この映画では彼の偉業よりも娘を中心とするいろいろな人達との人間関係に焦点が当てられました。無茶苦茶すぎるその行動と結果には賛否両論出るのも当然。
ただここで語るべきはスティーブ・ジョブズよりもダニー・ボイルの仕事っぷり。だんだん観ていくうちにジョブズの破天荒さがマーク・レントンに見えてきて面白かった。相変わらずの選曲・映像センスの良さも光ってました。
れんげ

れんげの感想・評価

3.1
ずっと言い争っている映画だった。
「嫌われても平気なわけじゃない、好かれなくても平気なだけだ」
だぶ

だぶの感想・評価

2.8
ジョブズさん、新商品発表会毎に誰かと喧嘩する映画

娘、大変だな
>|