スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    アーロン・ソーキン
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    ケイト・ウィンスレット
    セス・ローゲン
    サラ・スヌーク
    キャサリン・ウォーターストーン
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・スタールバーグ
    パーラ・ヘイニー=ジャーディン
    アダム・シャピロ
    あらすじ
    アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

    「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/07/25
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

    今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


    まずアーロンソーキンの脚本が良かった。ダニーボイル色よりもアーロンソーキンの脚本の印象が強い。
    重要な製品の発表会直前の舞台裏×3というトリッキーな構成ながら、人間スティーブジョブズをきちんと描けている。

    「独善的な完璧主義者」という一般的なジョブズのイメージは基本そのままだが、この映画ではジョブズに得意のスピーチをさせない。(本物には勝てないから?)それが功を奏してる。
    ジョブズの家族との関係に焦点を当てることで、ジョブズの新たな側面が見えてくる。

    (タマフルでも指摘されてたけど)ジョブズの娘が違う歌手の歌う同じ曲を聴いていて、「初めのほうは女の子っぽい感じで、二回目のほうは後悔している感じ」と答えるシーン。これはこの映画の構成にも当てはまる。
    発表会の直前の舞台裏という同じ設定で似たようなシーンなのだが3回それぞれトーンが変わっていてそこからジョブズという人間の変化と輪郭が見えてくる。

    自分はアーロンソーキンの会話劇が好きなんだなと再確認。



    フィンチャーのソーシャルネットワークにも近いものがあるけど、ソーシャルネットワークのように一人の天才の物語が、いまを生きる私たちの所まで下りてくるまではいってない気がした。
    最後の着地がやや安易かもしれない。でも十分面白い。
    TM
    TMの感想・レビュー
    23時間
    4.1
    思ってたより良かったです。

    ジョブズが観たら喜ぶんじゃないかな。笑

    スティーブ・ジョブズがなかなかの曲者なだけに、ある程度は知識が必要ではありますね。

    巧みな会話劇の中に、多少の音楽や回想をはさみ、後半はすっかりファズベンダーがジョブズにしか見えなくなってきました。

    ウォズとは何故対立し、何故それでも親友でいられるのか、
    なんで娘を認知しなかったのか、
    何より最後の着地点が「愛」だったことが素晴らしかったし、

    スティーブの一見子供じみた傍若無人さも側近のジョアンナや周りのおかげで成立してたのも興味深かったですね。
    ジャッキーケン
    ジャッキーケンの感想・レビュー
    1日
    3.5
    スティーブジョブズの人間関係

    ダニーボイルの作るスティーブジョブズ
    ファスベンダーが憎たらしいまでにジョブズを演じる

    ほとんどが会話劇で本作を観た後ではスティーブジョブズのイメージがダウンしてしまう
    讃えるよりももっとジョブズの人間面と彼とともに携わった人間関係を深く掘り下げている

    セスローゲンがこんな真面目な映画に出ているのがおどろき
    大人しいセスローゲン

    出世するまでの家族面の苦労
    喋り倒すファスベンダー
    序盤の「hallo」を言わせようとするやり取りはタランティーノっぽい
    Anakin
    Anakinの感想・レビュー
    3日
    3.7
    カットバック法なりを駆使した映画であったが、一般的な人には分かりづらいかも

    とても良く出来ている映画だと思いました
    STANDARD
    STANDARDの感想・レビュー
    4日
    5.0
    ”スティーブ”・ジョブズと”スティーブ”・ウォズニアック。

    設立者2人が外で話している時に遠くから、”やぁ、スティーヴ!”と、別の2人組に声を掛けられます。

    で、ウォズニアックはそれに応えますが、ジョブズは無視します。
    ジョブズも”スティーブ”なのに。

    多分ジョブズには、その挨拶が自分に向けられたものではないことを理解していたんだと思います。

    そんな、卑屈なジョブズの作ったMacを、価値があると認めてくれた女の子がいました。

    認知云々ではなく、愛せずにはいられなかったのかもしれません。

    個人的に、大変好きな映画です。
    たっ
    たっの感想・レビュー
    4日
    3.0
    ある程度スティーブ・ジョブズの人生について知ってる人なら面白いけど、知らない人からしたらわけわからんかもしれない。
    あとアメリカ人の口喧嘩ってすごい迫力。
    kinako
    kinakoの感想・レビュー
    5日
    3.0
    マイケル・ファスベンダーさんのスティーブ・ジョブズ観たさに選びました。内容は、ほとんど家族がうまく行っていない話だったため、最終的にはとても疲れましたが(苦手なので)、空間がとても美しく、俳優さん方の感情を表す演技が素晴らしくて、最後まで見ることができました。
    (ホラー苦手な人間が、好きな俳優目当てにホラー映画を見るような感じなので参考にはならないと思いますが…)
    sara
    saraの感想・レビュー
    6日
    3.2
    スティーブ・ジョブズの人としても父親としても不器用なところがわかる映画だった。
    わあ
    わあの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.5
    あれだけ周囲に嫌われる様な言動を繰り返してたのに娘には嫌われたくないのか娘に歩み寄ろうとしてた様に思えたシーンに感動した。
    you
    youの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.1
    アップル社やジョブズ自体を知っていないとよく分からないところが所々ある。

    やっぱり天才と呼ばれるような人たちってどこか人間的に欠点があってそのクセが強いよなっていう(笑)

    彼は間違いなく天才ですね😄
    >|