スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    アーロン・ソーキン
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    ケイト・ウィンスレット
    セス・ローゲン
    サラ・スヌーク
    キャサリン・ウォーターストーン
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・スタールバーグ
    パーラ・ヘイニー=ジャーディン
    アダム・シャピロ
    あらすじ
    アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

    「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/07/25
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

    今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


    まずアーロンソーキンの脚本が良かった。ダニーボイル色よりもアーロンソーキンの脚本の印象が強い。
    重要な製品の発表会直前の舞台裏×3というトリッキーな構成ながら、人間スティーブジョブズをきちんと描けている。

    「独善的な完璧主義者」という一般的なジョブズのイメージは基本そのままだが、この映画ではジョブズに得意のスピーチをさせない。(本物には勝てないから?)それが功を奏してる。
    ジョブズの家族との関係に焦点を当てることで、ジョブズの新たな側面が見えてくる。

    (タマフルでも指摘されてたけど)ジョブズの娘が違う歌手の歌う同じ曲を聴いていて、「初めのほうは女の子っぽい感じで、二回目のほうは後悔している感じ」と答えるシーン。これはこの映画の構成にも当てはまる。
    発表会の直前の舞台裏という同じ設定で似たようなシーンなのだが3回それぞれトーンが変わっていてそこからジョブズという人間の変化と輪郭が見えてくる。

    自分はアーロンソーキンの会話劇が好きなんだなと再確認。



    フィンチャーのソーシャルネットワークにも近いものがあるけど、ソーシャルネットワークのように一人の天才の物語が、いまを生きる私たちの所まで下りてくるまではいってない気がした。
    最後の着地がやや安易かもしれない。でも十分面白い。
    showさん
    showさんの感想・レビュー
    1時間
    3.4
    普通の人とは違う事をしたからこそ、成功することができたのだと思った
    remi
    remiの感想・レビュー
    3時間
    4.3
    アシュトン版ともまた違う切り口で面白かった。もっとジョブズの熱い部分と冷たい部分を知れるというか、凡人にはない脳みそをしているのだなぁとつくづく。とりあえずジョブズ氏死後のアップルのデザイン、これ以上ダサくならないで欲しいの一徹。
    エミシー
    エミシーの感想・レビュー
    2日
    3.5
    最後は泣きそうになった。改革者とゆうかすごいな。会話に圧倒されて、いろんなこと知ってからもう一度観たい。
    レクちゃん
    レクちゃんの感想・レビュー
    3日
    3.5
    ジョブズの半生を描いた物語が本筋ですが、内容は"人を魅了するスピーチ"とはかけ離れたジョブズの人間性を表した舞台裏がメイン。
    成功と失敗、仕事と家庭、家族愛と傲慢さ、これらの対比要素をドキュメンタリーというか舞台劇のように3部構成で上手く演出されている。

    84年のアップル社初のパーソナル・コンピュータ「マッキントッシュ(マック)」
    88年の「NeXTキューブ」
    98年の「iMac」
    3つの新作発表会のプレゼンテーション開始直前の舞台裏を描く大胆な構成。
    この3つの舞台裏を映像化するにあたり、それぞれの時代の空気感を出すために撮影フォーマットを16mm、35mm、デジタルフォーマットの3種類で表しています。

    そこでは終始彼の口論とも取れる会話劇を見ているようで、その返し一つ一つテンポ良く展開される。
    主演のマイケル・ファスベンダーの演技力あってのものだが、周りを固める役者さんたちの演技力も相まって、彼のオーラに圧倒されました。

    仕事と家庭、この両立っていうのは簡単にはいかないもの。
    知性とカリスマ性を持ち合わせたジョブズもまた仕事と家庭の両立に苦労している。
    ここに自分の知らないジョブズの父親としての顔が垣間見えた。

    ダニー・ボイル監督の凄いところはジョブズの生き方を見せる伝記映画ではなく、ジョブズの本質を映し出した伝記映画を作ったことである。
    RyunosukeAkita
    RyunosukeAkitaの感想・レビュー
    4日
    5.0
    こいつは半端ない作品だった。会話のやり取りが激しくて、見てて圧倒される。有名なマッキントッシュ、ネクストキューブ、iMacの演説前の舞台裏を中心にストーリーが展開していくけど、そこで繰り広げられる会話がまじで激しくておもしろい。特にアップルのCEOだったジョンスカーリーとの口論は鳥肌。映像美もあり。ラストの演出もとてもダイナミックで、ダニーボイルの手腕が光る。スクリプト構成、演出、役者、全て満点でした。とても人間的な映画だなと思います。
    藤原直樹
    藤原直樹の感想・レビュー
    4日
    3.5
    うーむ。
    これは鑑賞前に勉強してから観た方がよい。
    人物名だとか専門用語だとかがこれでもかってくらいに飛び出してくる。
    だから、この映画を100%楽しむことはできなかった。
    そもそもスティーブ・ジョブズ自体にあまり興味は無かったんだが、ダニー・ボイル監督作ということでついつい手に取ってしまった。
    imac披露の舞台裏やリンゴの裏話など、なるほど!と感心させられる一方で小難しい話がちょこちょこ出てきて困惑。
    だが、スティーブ・ジョブズの伝記映画である一方で父と娘の物語でもある。
    彼は友情にしても、愛にしてもそれを伝えるのが不器用だったのかな。
    ふと垣間見える彼の人間くささが際立つ。
    そしてなんと言っても英的な映像がたまらない。
    ボイルらしいスピーディな映像と音楽とのシンクロ。
    映像の質感やテロップの使い方なんかも素晴らしくてグッド!

    セス・ローゲンの存在感がまたいい味を出していた。。。
    NatsukiFukayama
    NatsukiFukayamaの感想・レビュー
    5日
    3.8
    マイケルファスベンダーがとってもよかったなあ

    すっごい嫌な奴に描きながらも、発表会でケンカしちゃうけど集まる友達や元同僚たちがジョブズへの信頼をあらわしてた………
    reiko
    reikoの感想・レビュー
    5日
    3.0
    テレビで録画してたのを〜前知識なく観たから何かよくわからず…似たような映画も観てるはずだけど、どれだったか…
    スティーブ・ジョブズや、アップルに詳しい人が観る方が楽しめるかも⁈
    marimo
    marimoの感想・レビュー
    2017/03/19
    3.5
    iMacは今見てもかっこいい。Apple好き向けの映画。

    出来すぎ感はあるけど、iPodが生まれるきっかけが、あの娘とのやりとりだったらポカポカします。
    完璧主義を貫き通したジョブスがいたからこそAppleのプロダクトはかっこよくて所有欲を満たしてくれる。だから色々あっても、多くの人から愛されているんだろうな。
    ダニーボイルらしさは娘との思い出のカットインぐらいでしたが、好きな作品でした。appleとジョブスの関係について事前情報入れとかないと楽しめないかも。
    只今ダニーボイル追っかけ中。
    >|