スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


まずアーロンソーキンの脚本が良かった。ダニーボイル色よりもアーロンソーキンの脚本の印象が強い。
重要な製品の発表会直前の舞台裏×3というトリッキーな構成ながら、人間スティーブジョブズをきちんと描けている。

「独善的な完璧主義者」という一般的なジョブズのイメージは基本そのままだが、この映画ではジョブズに得意のスピーチをさせない。(本物には勝てないから?)それが功を奏してる。
ジョブズの家族との関係に焦点を当てることで、ジョブズの新たな側面が見えてくる。

(タマフルでも指摘されてたけど)ジョブズの娘が違う歌手の歌う同じ曲を聴いていて、「初めのほうは女の子っぽい感じで、二回目のほうは後悔している感じ」と答えるシーン。これはこの映画の構成にも当てはまる。
発表会の直前の舞台裏という同じ設定で似たようなシーンなのだが3回それぞれトーンが変わっていてそこからジョブズという人間の変化と輪郭が見えてくる。

自分はアーロンソーキンの会話劇が好きなんだなと再確認。



フィンチャーのソーシャルネットワークにも近いものがあるけど、ソーシャルネットワークのように一人の天才の物語が、いまを生きる私たちの所まで下りてくるまではいってない気がした。
最後の着地がやや安易かもしれない。でも十分面白い。
Netflixにて。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.0
これはこれは…
生半可な気持ちでは観れないです。
スティーブ・ジョブズ氏の半生を知ってる上でしか理解できないであろう作品。なので、彼の名前しか知らないという人にはオススメできません笑

天才と呼ばれた彼も欠落している部分もあり何度も何度も失敗を重ねあのiPodも生まれるんです。

ただ映画化にする必要があったのか…疑問。
MihoHirose

MihoHiroseの感想・評価

3.5
ハワイ行きの国際線で観た映画。
死してなお伝説となったスティーブ・ジョブズの冷徹で徹底したこだわりがありながら、周りの人間に疎まれ貶められたりした印象も強い方。

でも本当は誰か大切な人を想っての作品づくりなんだなと。
なんでも始まりはそこなのかもしれないなと温かい気持ちになりながら、仕事への意欲を掻き立てられる作品。
ルイ

ルイの感想・評価

3.5
1984年 Macintosh発表
1988年 next発表
1998年 Apple復帰

"地球で最も効率的な動物はコンドルで最も非効率的な動物は人間だ。だが人が自転車に乗ればどんな動物よりも効率的になる。コンピュータも同じだよ。それは心や頭の自転車になる。そんなマシンを一握りの特権階級だけではなく、世界中のみんなが持ったらどうなる?"

"3週間もあったろ。この世はその1/3で出来た"

"神は一人息子に人類の罪を背負わせた。酷いやつだが好かれてる。世界を作ったからだ"


"今日の敗者も明日の勝者に"
「The Times They Are a-Changin」
"国中の母親や父親よ
理解できないことを批判するな"
「時代は変わる」
ボブ・ディラン

前に小澤征爾に会った。指揮者とメトロノームの違いを聞いてみた。"音楽家は楽器、私はオーケストラを演奏する"と言った。僕も同じだよ。

"スカイラブを?70年代にNASAがデータ収集のために打ち上げた無人の人工衛星だ。打ち上げたはいいが回収方法を考えていなかった。だが寿命の8年その間に解決できる自信があったんだよ。だがダメだった。8年後、衛星は墜落。インド洋の広大なエリアに飛び散った。少しずれてたら死人が出ていたかもしれない。"

"脅されたと感じるのは能力のない人間だけだ"

"2進法とは違う。人格と才能は共存できる"

"ポケットに音楽を入れてやる。何百曲も何千曲もポケットに入れてやる。そんな不恰好な物見るに耐えん。まるでレンガだ。原始人じゃない。現代人だ。曲はポケットに"

"貪欲であれ、愚かであれ"


"彼は発明家でもデザイナーでもなくビジネスマンでもなかった。先見者という言葉がある。その意味は見る人だ。彼は見る人だったのだ。"

ヒッピー、カリスマ、ワンマン、億万長者
IBM、Apple、Microsoft、SONY
しま

しまの感想・評価

-
ジョブズの話っていうよりアップル新作発表会舞台裏物語なのでは…
冒頭からほぼ最後までジョブズが本当に本当に本当に本当にクソ野郎ですごい(笑)
全ての事に対するこだわりはさすがで、Macががベージュでフロッピーが青だからシャツは白!とか、全くもってどうでも良いようにしか思えないことまでこだわり抜いてる。多分天才。凡才にはわかんない
凡人の私は一瞬でもあんなクソ野郎と一緒にいたくないけど、ある線を超えた秀才たちにはジョブズのカリスマ性や才能は、たとえ性格がアレでも惹かれるものがあるんだろうな

マイケル・ファスベンダーは全然ジョブズに似てないのに、ふとジョブズに見える瞬間がある。さすが役者だね

初めて雑誌かテレビかでちらっと見たiMacは衝撃的で、青いパソコンが出るって言っても誰も信じてくれなくて、当時私はウィンドウズ95だったけど次のパソコンは絶対iMacにすると決めて以来Macを使い続けてる
本当によく調子の悪くなるパソコンで、当時Macを使う必須条件はMacに詳しい人と友達になる事だったよ。。。Mac万歳(´・_・`)
tosi

tosiの感想・評価

3.0
口論がこんなにあったら早死にしてしまうわ。
高校生の時iPodを買っていつも音楽をポケットに何千曲も持ち歩けたのはジョブズのおかげです。ありがとうございます😊
reo

reoの感想・評価

-
2013年作とは同名異作で、ジョブズの葛藤と成長を描く。全てがAppleの発表会を軸に描かれている事に違和感を感じ、事実が含まれているにしても説得力が薄れた。また、Appleとジョブズに関する知識が有る事を前提に作られた様な脚本と構成で、あからさまに説明的な文章も目に付いた。とは言え、自分中心のジョブズに向けられた盟友ウォズニアックと娘リサの言葉には胸を打つものがあり、人生において大人になるとはどういう事かとその大切さを再確認した。多少は脚色されているだろうが。
ジョブズについてあまり知らないので有れば、死までを描いた2013年作を先に見る事をお勧めする。
>|