スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    アーロン・ソーキン
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    ケイト・ウィンスレット
    セス・ローゲン
    サラ・スヌーク
    キャサリン・ウォーターストーン
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・スタールバーグ
    パーラ・ヘイニー=ジャーディン
    アダム・シャピロ
    あらすじ
    アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

    「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/01/06
    3.6
    人間として、父親としてのスティーブ・ジョブズが、プレゼン前の30分の出来事に詰められている作品。
    作品自体がイノベーティブで、こんな物語の切り取り方思いもつきませんでしたわ。有り触れた既存のストーリーを奪胎したダニーボイル氏すごいなぁ。
    ジャッキーケン
    ジャッキーケンの感想・レビュー
    8時間
    3.5
    スティーブジョブズの人間関係

    ダニーボイルの作るスティーブジョブズ
    ファスベンダーが憎たらしいまでにジョブズを演じる

    ほとんどが会話劇で本作を観た後ではスティーブジョブズのイメージがダウンしてしまう
    讃えるよりももっとジョブズの人間面と彼とともに携わった人間関係を深く掘り下げている

    セスローゲンがこんな真面目な映画に出ているのがおどろき
    大人しいセスローゲン

    出世するまでの家族面の苦労
    喋り倒すファスベンダー
    序盤の「hallo」を言わせようとするやり取りはタランティーノっぽい
    Anakin
    Anakinの感想・レビュー
    2日
    3.7
    カットバック法なりを駆使した映画であったが、一般的な人には分かりづらいかも

    とても良く出来ている映画だと思いました
    STANDARD
    STANDARDの感想・レビュー
    2日
    5.0
    ”スティーブ”・ジョブズと”スティーブ”・ウォズニアック。

    設立者2人が外で話している時に遠くから、”やぁ、スティーヴ!”と、別の2人組に声を掛けられます。

    で、ウォズニアックはそれに応えますが、ジョブズは無視します。
    ジョブズも”スティーブ”なのに。

    多分ジョブズには、その挨拶が自分に向けられたものではないことを理解していたんだと思います。

    そんな、卑屈なジョブズの作ったMacを、価値があると認めてくれた女の子がいました。

    認知云々ではなく、愛せずにはいられなかったのかもしれません。

    個人的に、大変好きな映画です。
    たっ
    たっの感想・レビュー
    3日
    3.0
    ある程度スティーブ・ジョブズの人生について知ってる人なら面白いけど、知らない人からしたらわけわからんかもしれない。
    あとアメリカ人の口喧嘩ってすごい迫力。
    kinako
    kinakoの感想・レビュー
    3日
    3.0
    マイケル・ファスベンダーさんのスティーブ・ジョブズ観たさに選びました。内容は、ほとんど家族がうまく行っていない話だったため、最終的にはとても疲れましたが(苦手なので)、空間がとても美しく、俳優さん方の感情を表す演技が素晴らしくて、最後まで見ることができました。
    (ホラー苦手な人間が、好きな俳優目当てにホラー映画を見るような感じなので参考にはならないと思いますが…)
    sara
    saraの感想・レビュー
    4日
    3.2
    スティーブ・ジョブズの人としても父親としても不器用なところがわかる映画だった。
    わあ
    わあの感想・レビュー
    6日
    3.5
    あれだけ周囲に嫌われる様な言動を繰り返してたのに娘には嫌われたくないのか娘に歩み寄ろうとしてた様に思えたシーンに感動した。
    you
    youの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.1
    アップル社やジョブズ自体を知っていないとよく分からないところが所々ある。

    やっぱり天才と呼ばれるような人たちってどこか人間的に欠点があってそのクセが強いよなっていう(笑)

    彼は間違いなく天才ですね😄
    メルヘン
    メルヘンの感想・レビュー
    2017/04/18
    1.5
    スティーブ・ジョブズ
    ★2

    2016年公開。
    ダニー・ボイルが監督。

    当監督の作品は『トレインスポッティング』のみ鑑賞している。
    スピーディーな映像と音楽の演出が特徴であったが、今作ではかなり抑えられていた。
    サブリミナル効果的な数コマのカットを挟むというのがあるが、後半の一箇所だけである。
    字幕を利用してスタイリッシュに状況説明をするのは、中盤に一箇所だけ。
    ほか、回想と現在で会話を繋げてみたり、イメージカットを挟んでみたりしているが、基本的には普通の会話劇である。
    音楽は、状況に応じて選択されていたと思うが、聞くだけでテンションが上がるようなものがあっても良かったと思う。
    シーンに応じて記録媒体を変えているが、面白いというよりは監督の自己満足なのではないか。
    会話劇、それも部屋や廊下と狭い空間で行われることが多く、ゆえにロングショットを利用してメリハリをつけてほしいところだが、バストショットや肩ナメばかりで飽きてしまった。
    脚本は、ジョブズのパーソナリティに関しては家族のエピソードを中心によく描けているとは思うが、私含む観客が期待しているのは、おそらく、アイデアや独創性なのではないだろうか。
    >|