スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

人間として、父親としてのスティーブ・ジョブズが、プレゼン前の30分の出来事に詰められている作品。
作品自体がイノベーティブで、こんな物語の切り取り方思いもつきませんでしたわ。有り触れた既存のストーリーを奪胎したダニーボイル氏すごいなぁ。
DK

DKの感想・評価

3.4
まさに伝説となった経営者のバックステージを観れる映画。でもappleとかMac なんか知らん人が見ても意味がわからない狂ったおっさんが出ずっぱりの映画ということになる。

IT業界でこの名を知らぬ者はいないスティーヴジョブズ、あまりにも普通じゃない変人ぶりがよくわかる。誰がなんと言おうと自分の信じた道を突き進む。そして失敗もする。人付き合いも別れた嫁さんもその娘も、普通じゃない彼の姿に狂人と天才は紙一重であるというセンテンスがなんども頭に浮かんだ。
わたしは今でも初代のiphone の発表のプレゼンテーションを時々見る。彼からインスピレーションをもらうために。追い出された会社に戻って笑えるほど儲かる会社にした。やはり彼は天才だ。
Ipodが本当にレンガのような大きい再生プレーヤーを持っていた娘によるものなのかはわからないけど、あんな風なら夢がある。
スーズ

スーズの感想・評価

3.5
なんか知らんが迫力あったな~

ウォズの台詞「君はプログラムも書けない。デザイナーでもない。基盤は僕が。他社からGUIを盗み、ラスキンのプロジェクトを横取り。Macは他人の業績。なのになぜジョブズは天才と言われる?」ホントそれ。プログラム書けないってマジ?

ラストの発表は何の発表だったのか?
iMac?iPhone?

ケイトウィンスレットに気付かなかった…痩せた?
魔球

魔球の感想・評価

3.3
スティーブジョブズのアメージングな功績の裏には、ど畜生な男の生き様があった。
色々やってること最低だけど、僕はiPhoneが大好きです笑。

最低だけど最高な男の下で働いてた人、関わった人に心中お察しします、、、。
疾走感あふれる短編3作品を見たような、爽快な気持ちよさがありました。
zinma

zinmaの感想・評価

3.6
スティーブ・ジョブズの映画は数あるけど全て観てます。
本当に偉大な人物でしたね。
ラストのやり取りで、あの商品の始まりがあったことに興奮しました。
もうこの人がこの世に居ないと思うと涙が出ました。
素晴らしい映画でした。
K

Kの感想・評価

3.4
映画の中のスティーブ・ジョブズを見ていると、物作りに対する美意識、こだわり、妥協しない姿など、芸術家だったのだと思う。

彼亡き後、アップル製品にがっかりすることが増えたように思う気持ちも、気のせいではないように思えた。
>|