スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

人間として、父親としてのスティーブ・ジョブズが、プレゼン前の30分の出来事に詰められている作品。
作品自体がイノベーティブで、こんな物語の切り取り方思いもつきませんでしたわ。有り触れた既存のストーリーを奪胎したダニーボイル氏すごいなぁ。
ar

arの感想・評価

4.4
良すぎて参る。まず吹き替えがオススメ。問題は数あれど、この方が一体どのぐらいの人々に大量の喜びをもたらしたであろうかという点に関しては絶対に不変!!
KAIMAR

KAIMARの感想・評価

3.8
アシュトンカッチャー版とは違う方の
ダニーボイル監督版。

様々なリメイク含め ドキュメンタリーが制作されてるけど 当時のMac発売から、
懐かしのiMac発売やら、割とAppleファンなら知ってるエピソード、あと孤高の天才はやはり普通の人とは違うこだわり、衝突、気難しい性格ってのはわかる
けろ

けろの感想・評価

3.3
2013アシュトン・カッチャー版と違っていきなりマッキントッシュ発売時からはじまる。

初見の人向けではない既にジョブズの人生のあらすじを知っている人向けの作品。

2013年版と違い舞台裏での口論シーンが多く本音が語られている。
katsu0331

katsu0331の感想・評価

2.8
何回か消費されているネタだから、どうしても新鮮味はなかったかな…
YukaAriki

YukaArikiの感想・評価

3.3
こんな情緒不安定な人だったんだなと。
普通。実話なので普通。facebookとダブる
ちえお

ちえおの感想・評価

3.5
つい最近アシュトンカッチャー版を観たからどうにかついて行けたけど…
予備知識なしだとお手上げな作り。
もし見比べるならアシュトンカッチャー版から観るのをオススメします。

「この人マグニートです!だから心が冷たいのです!」というフィルターが最後まで外せませんでした。反省。
roche21

roche21の感想・評価

3.5
観ました。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2018/02/12

難しかった…登場人物らが話してる内容が…笑
そういえば自分だけのはじめてのパソコンはMacBookだったなあ。それからずっとMacユーザーだけれど、スティーブ・ジョブズがこんな人だとは知らなかった。
作品とその作家は関係ないよねって考えだし、より良い作品、素晴らしい作品を作る人や功績を残す人たちって、作家(作り手)である以前に人としてちょっとどうなの…って人が多かったり、いいものを作り出そうという気持ちがだれよりもあるからこそ、こだわりが強すぎて頑固もんだから人から嫌われたり理解されずに大いなる孤独の中にいたりする。
わたしはそう思っているし、むしろより良い素晴らしい作品を生み出すには往々にして孤独でなければいけないと思っているタイプの人間なのでスティーブがすっごいやな奴でも特に驚きもしないし嫌にもならなかったんだけれど、スティーブの親友が言った一言は忘れられないし、確かにそうだよなあと思った。
『嫌な奴にならなくてもより良い作品はつくれる!』
そうだよなあ。

WOWOWオンデマンド
anndrewmax

anndrewmaxの感想・評価

2.9
さすがダニーボイル。
選曲センス、、、!絶妙でした。
スティーブ・ジョブズだから、なのかもしれないけど、セリフが多くて速くてついていけなかった。
アシュトンのスティーブ・ジョブズ観てたからある程度ついていけたけど何も前置きなく見たらたぶん理解不能だったかも。
ちょっとしたとこが(壁に文字とか映像写したり)おしゃれ。
ラストシーンはなんか最後に救われた感じがした。「欠陥」ねぇ。
>|