スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    アーロン・ソーキン
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    ケイト・ウィンスレット
    セス・ローゲン
    サラ・スヌーク
    キャサリン・ウォーターストーン
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・スタールバーグ
    パーラ・ヘイニー=ジャーディン
    アダム・シャピロ
    あらすじ
    アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

    「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

    人間として、父親としてのスティーブ・ジョブズが、プレゼン前の30分の出来事に詰められている作品。
    作品自体がイノベーティブで、こんな物語の切り取り方思いもつきませんでしたわ。有り触れた既存のストーリーを奪胎したダニーボイル氏すごいなぁ。
    Mrmyself
    3.9
    予備知識が無いとこの映画の良さが全然伝わらない。
    スティーブ・ジョブズについて分からない人は死後直後に作られた方を見てからこの映画を見た方が良い。
    スティーブ・ジョブズの人物像が忠実に描かれており前回の映画より良かったと思う。
    羽柴
    3.4
    予備知識がないと分かりにくいと思う
    yukikano
    3.7
    間に一回休憩挟んだ方がいい。
    全てを犠牲にしてでも世界を変える
    何かを変えたいと思っているだけでは何も変えられない
    覚悟のレベルが違う
    何が彼を突き動かすのか。
    彼が何を作るのか。

    天才は基本、常人の理解を超えている。だから、衝突し離れていく。しかし、その天才が揺るぎない信念があれば、それらは手のひらを返して誉めたたえる。
    ダニーボイル監督とファスベンダー好きな2人のタッグ。会社とエンジニア同士の戦い。一つの商品に1mmのこだわり、周囲との衝突の会話がずっと続く。いつも付き添うジョアンナは常に正しい事を助言してくれた。ファスベンダーさんの頑固な雰囲気が似ていてジョブズに見えてくる。ブランドイメージをとても大事に信念を変えないスティーブジョブズが観れた。娘リサとの交流が描かれていて、ポケットに何千曲の音楽を入れてやると言った時には父の優しい一面があり感動した。
    Snow
    -
    なぜか響かない
    人間像をもっと期待してたかも


    P.s.
    170716 @ S'H 62本
    ちょっと思ってたのと違った。
    でも、彼の生きざまとか価値観は十分に伝わりました。
    予備知識がいろいろあるとまた違った印象になるのかなー。
    彼の求める能力が伴ってなかったのかもしれないけど、創設時代からの仲間をあそこまでズバズバ斬るのはどーなのかなーと思いました
    スティーブジョブズを好きな人、既に知識のある人は存分に楽しめると思います。
    そうでない人には、バトルオブシリコンバレーのほうが「なにをしたか」が描かれてるので見やすいかも。
    >|