スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

Yuki

Yukiの感想・評価

3.4
ラストシーンを今でも鮮明に憶えている
これは家族のお話なんだ
みやり

みやりの感想・評価

3.5
面白かった。人が言い争ってるシーンばかりで疲れたけど。
ジョブズの功績はよくテレビでもやってるし知ってるけど、家族関係は知らなかったので興味深かった。
映画として面白いかと言われれば、決してそうではない。けど、スティーブ・ジョブズの人柄がうかがえた。
なんだかんだ良かった。
泣きそうになった。

ダニーボイルってこんなドラマも撮れるのか...
コンピュータを開発することって文明に関わることでそれ自体が映画になることだけど、しかもその世界の中でもとりわけぶっ飛んでる人の生きざまってなればまあそれだけでそれなりの映画にはなりますね。
この映画では彼の偉業よりも娘を中心とするいろいろな人達との人間関係に焦点が当てられました。無茶苦茶すぎるその行動と結果には賛否両論出るのも当然。
ただここで語るべきはスティーブ・ジョブズよりもダニー・ボイルの仕事っぷり。だんだん観ていくうちにジョブズの破天荒さがマーク・レントンに見えてきて面白かった。相変わらずの選曲・映像センスの良さも光ってました。
れんげ

れんげの感想・評価

3.1
ずっと言い争っている映画だった。
「嫌われても平気なわけじゃない、好かれなくても平気なだけだ」
だぶ

だぶの感想・評価

2.8
ジョブズさん、新商品発表会毎に誰かと喧嘩する映画

娘、大変だな
りりり

りりりの感想・評価

3.5
イメージしてた映画とは違った感じ

技術的な話題よりも内面外面に重視した映画、ジョブズが周りにどんな態度をとってたのか、そこから捉えることのできる製品への執着みたいなものが強く表現されてた

ジョブズの娘との話はちょっと引く部分もあったけど、どこもあんな感じなのかもしれない
波乱万丈のジョブズさんの人生を3つの場面に絞って描いた作品。

3つの場面とはMacintosh,NeXT Cube,iMAcの発表会の裏側、舞台裏で、ジョブズに関わる人物とのやり取りに終始する。

特段の演出があるわけではなく、基本的には会話劇。
緊張感のあるやり取りは、後半になる程見応えが増してきて、不思議な感覚に陥る。

伝記映画ではないし、ジョブズが神のように描かれている訳でもなく、むしろ独善的な面が強く表現されている。
凄い人だったとは、この映画では感じられないが、それでもエンディングは何だか感動。
ダニー・ボイル監督の手腕か。

劇中でアラン・チューリングが出てくる。
イミテーション・ゲームを思い出した。

万人におススメでは無いが見て損したという感情はない!
むしろ面白かった!
>|