スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.5

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

アマゾンビデオ、字幕版にて初鑑賞。

二度目のジョブズ伝記ものだが、これでもういいかな。
CGの差し込みや光の使い方でダニーボイルを感じられた。
やっぱ天才なんだ
ジョブズすげー
ゆきち

ゆきちの感想・評価

4.6
シンプル故に奥が深いです。
誰よりも賞賛や尊敬を集める"インスピレーションの天才"であるジョブズにスポットライトを当て、出来るだけ忠実に描くことで人の期待と現実の落差から人の在り方を問いかけられているように感じます。

マイケルファスベンダーの演じるジョブズが想像出来ず合うのかな?という心配がありましたが、蓋をあけると彼にしか出来ない個を主張せず役に入り込んでしまう演技は、仕事ぶりに止まらず私生活の葛藤まで色濃く等身大のジョブズの姿を描き出していました。

作品から面白さを味わうのではなく、作品から感じた感想と抱いていたジョブズの認識のズレを意識すると一層楽しめると思います。

失望する人もいるだろうし、認めたくない人もいるかもしれない。それこそがジョブズもまた両面持ち合わせた人間であった証明になるのだと思うと低評価すら作品の一部になってしまいそうですね。
名作だと思います。
面白かった。
およそ40分ずつの三幕構成でジョブズのパーソナルな部分に主眼を置きながら、会話の端々に業績などの要素を配置していてとても情報量が多い。
同じ人物とのやりとりとそのシチュエーションが三幕それぞれで変化するようにできている。
故にそれが読み取れないと退屈に感じるハズだけど、ダニーボイルの演出が見てて面白いので飽きない。
画面も三幕で変化していて、一幕目はフィルム感が強く青と緑を基調にした画作り、二幕目はより粗さを抑え落ち着いた赤をメインに使っていて、三幕目はデジタル感が際立つ様々な色調の青と緑の画面。
役者ではケイト・ウィンスレットが素晴らしかった。
K助

K助の感想・評価

3.1
ソフトバンク主催の試写会にて鑑賞。

もはや伝説的ともなったスティーブ・ジョブズの半生を、彼の個性が強く出た三つのハードウェア、Macintosh、NeXT cube、iMacの発表会直前のジョブズと彼を取り巻く人々との遣り取り、そして彼の娘リサとの関係を軸にして描く。

主演のマイケル・ファスベンダーは、見事なまでにジョブズのイメージを再現する事に成功している。と偉そうな事を書いてはみても、自分はあくまでジョブズが生前の基調講演で話していたイメージでしかないが、それから受ける印象とそっくりであると感じた。
そして、ジョブズの友人であるスティーブ・ウォズニアックも小太り髭もじゃと、こちらもそっくりさん。実際のイメージと乖離していたのはジョン・スカリーくらいか。

ジョブズと共に物語に登場し続けるのが、マーケティング担当のジョアンナ・ホフマン。彼女がジョブズの身勝手さに振り回されるのを見るのも、この作品の楽しみ方の一つである。

我々は観客なのでジョブズがどういう人物であろうとあまり関係ないのだが、この映画を観て、彼が一緒に仕事をしたいと思える相手であるとは、とても考えられなかった(笑)。
しかし、そこまで強い個性を持つ彼だからこそ魅力的な製品を作る事が出来た訳で、彼の後継者となったティム・クックやジョナサン・アイヴの伝記映画は天地がひっくり返っても作られないであろう事からもわかるように、ジョブズの死後、アップルの製品は急速に色褪せてゆく事に。

スティーブ・ジョブズは既に亡くなっていて、ある意味神話上の人物となった訳だが、他の登場人物は皆、まだ生きている訳で。考えてみると、面白い状態ではある。

ある程度、アップルの歴史を知っていれば興味深く鑑賞出来るが、それを知らないと「???」状態になるやもしれず。アップルファン向けの映画。
clementine

clementineの感想・評価

3.5
んー、やっぱり天才と変人って紙一重。

マイケルファスベンダーが演じるスティーブ・ジョブズって奇跡だよね。
dohi

dohiの感想・評価

-
-How's that?
nanako

nanakoの感想・評価

4.0
スティーブ・ジョブズ
スタイリッシュな映像と、イケメン:マイケル・ファスベンダー。そして、大好きなMac!面白かったです。
と言ってもそんなに詳しい訳でも無いし、古い話は知らないんですが、のっけから爆弾マークが見れて嬉しい!(クラッシュだから嬉しいのもおかしいけれど、懐かしい!)
そして、最初に手に入れたMacはあのスケルトンiMac(と言っても何世代か後)だったので、やっぱり可愛いな〜って。
そう言えば、アシュトン・カッチャー版を見ていないので、この後見たら面白いかも。
>|