スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:122分
    監督
    ダニー・ボイル
    脚本
    アーロン・ソーキン
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    ケイト・ウィンスレット
    セス・ローゲン
    サラ・スヌーク
    キャサリン・ウォーターストーン
    ジェフ・ダニエルズ
    マイケル・スタールバーグ
    パーラ・ヘイニー=ジャーディン
    アダム・シャピロ
    あらすじ
    アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

    「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

    面白かったー。
    とにかくアーロン・ソーキンがすごい。
    部長講話の予備知識として見たが、凄さがよくわからないのは、デバイスに光を当ててないからか
    伝記読んでるみたい
    発表会直前のジョブズの忙しさ気の毒説。
    先に観たアシュトン・カッチャー版と比べて、遥かに出来が良いと思う。

    スピード感があり、最後までダレることなく鑑賞。どこまで実話なのかわからないけど、さすがダニー・ボイル…
    実在の人物の生き様、勉強になります。
    多くのビジネスマンが伝説と崇めるスティーブ・ジョブズ。Mac誕生の話は多くのファンが語るけど、その裏の話は中々語られない。この映画はその裏をかなりリアルに伝えてくれてる。
    個人的にはiMac発表直前のやりとりが印象的。エンジニアのハーツフェルド、ウォズがジョブズと口論するシーン。エンジニアでもデザイナーでもないジョブズが何をしたのか?偉大な人と崇められる人の陰には必ずその立役者がいる。明確なビジョンを持って突き進む人が目立つけど、立役者の存在は忘れちゃいけない。それを踏まえて、iMacにかけていたジョブズのビジョンと信念は本当にすごい。
    たくさんの人間との関わりやドラマを知ってこそ、(人によっては必ずしも尊敬に値しない)本当のジョブズの凄さがわかる。

    表面的にジョブズすごいって言ってる人に是非観て欲しい映画。
    スティーブ・ジョブズ
    AppleのCEOってことしか知らなかった。
    こんな革新的な世の中を作ったパイオニアだから、すごい人なんだろうなとは思ってたけど、こういう側面を見られたのは驚き。

    嫌われたいとは思わないけど、自分の製品の為に技術の為に、嫌われることは厭わない。

    そこに自分がいたとしたら嫌いになってるんだと思うけど、人間関係の良し悪しを気にしなくなるほど何かに没頭できるって本当に尊敬するし、世の中をばさっと変えられる人ってそういう人なんだと思った。

    娘とのシーンで見られた人間らしい部分があったのが、良かった。
    >|