スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

漢字Talk

アプリケーションは
ひとつしか起動できない

プリンターも
スキャナーも作ってたよね

スタイラスペンだったから
没ってホントなのかな

たしかに
ハローは大事だよね

誕生日おめでとうは
いつから消えたんだっけなぁ

なんて
懐かしみながら
楽しみました
とさ
りりり

りりりの感想・評価

3.5
イメージしてた映画とは違った感じ

技術的な話題よりも内面外面に重視した映画、ジョブズが周りにどんな態度をとってたのか、そこから捉えることのできる製品への執着みたいなものが強く表現されてた

ジョブズの娘との話はちょっと引く部分もあったけど、どこもあんな感じなのかもしれない
波乱万丈のジョブズさんの人生を3つの場面に絞って描いた作品。

3つの場面とはMacintosh,NeXT Cube,iMAcの発表会の裏側、舞台裏で、ジョブズに関わる人物とのやり取りに終始する。

特段の演出があるわけではなく、基本的には会話劇。
緊張感のあるやり取りは、後半になる程見応えが増してきて、不思議な感覚に陥る。

伝記映画ではないし、ジョブズが神のように描かれている訳でもなく、むしろ独善的な面が強く表現されている。
凄い人だったとは、この映画では感じられないが、それでもエンディングは何だか感動。
ダニー・ボイル監督の手腕か。

劇中でアラン・チューリングが出てくる。
イミテーション・ゲームを思い出した。

万人におススメでは無いが見て損したという感情はない!
むしろ面白かった!
bopapa

bopapaの感想・評価

2.9
2017年間 135本目

アシュトンカッチャーバージョンの、本人憑依してんのか?って見た目の作り込みからするとこちらはそこまでは思わないけど、マイケル・ファスベンダーって男前ですね〜やっぱり。

本作は割と娘との親子の距離感とか葛藤とかに比重置いて描かれていたような気がします。実際の発表会で世間の度肝を抜いた!みたいな派手なシーンは無くて、その前後のドタバタの中での戦友や家族や部下とのひたすら心を剥き出しにして掴み合う会話劇。

「人格と才能は共存出来る」ってウォズアニック役の人が捨て台詞のように言いますが、「天才、奇才」なんて呼ばれてる人達なんて歴史を見返しても人格破綻してる人ばかりじゃん、って思うと、映画観てる2時間だけでもひたすらイライラさせるこんな性格破綻者に長年ついていけてた人達がいたって事のが凄いです。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

2.8
本当に頭の良い人。
今回のこの映画は娘との関係と、発表会のバタバタがメイン。

アシュトンカッチャーの方が自伝がしっかりあって好きかも。。。
ななこ

ななこの感想・評価

4.0
スティーブ・ジョブズのキャリアやサクセスストーリーには興味ない、マックのことも知らない。
ジョブズの言動には始めから最後まで好感が持てない、イライラする。
けど映画自体は面白かった。
人として人とどう関わるかという話。
さすがアーロンソーキン脚本、ソーシャルネットワークのときのように会話が飽和してるが、言葉が発する本人の意図と食い違い本心が相手に伝わらない、発する本人もこの悪循環をどうしたら良いかわからない。

「リサは失敗作」「マックは俺が作った」
リサとジョブズは似ている。宇宙の法則は変わってないと思う。
ote

oteの感想・評価

3.1
3部作構成。
発表会前なのに慌ただしい。最後の娘への言葉に、ipodへの布石があってニヤとしてしまった
さじ

さじの感想・評価

3.0
ジョブズが根本的な他者への信頼感に欠けていて、各シーンで対話の成功率が異常に低いから、観ていて心がザラザラになった。
>|