スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

漢字Talk

アプリケーションは
ひとつしか起動できない

プリンターも
スキャナーも作ってたよね

スタイラスペンだったから
没ってホントなのかな

たしかに
ハローは大事だよね

誕生日おめでとうは
いつから消えたんだっけなぁ

なんて
懐かしみながら
楽しみました
とさ
面白かったけど、林檎教じゃないと何言ってんだか分からんシーンが多いと思う。
監督や脚本がメイキングで言ってたけど、普通の伝記映画にはしたくなかったそうな。そういうのは他の人もやってるし、自伝もあるからって。おかげで初心者は全編通して観るのすらキビシイ出来になっている。
ハマる人にはめちゃくちゃハマると思います。ギークでかつ40〜50代の、コンピュータ創成期の世代の人で、背景分かってる人ならまあまあ楽しめるんじゃないだろうか。
親父は「言ってることは分かるんだけど、おもんねえ!」って言ってました。
非ギークの若い人は言ってることすら分からんと思う。
「スティーブ・ジョブズってどんな人なの?Apple作った人?ウォズニアック ?誰その人?」レベルの人は観ない方がいいです。何言ってるか分かんないと思います。
sawsee

sawseeの感想・評価

3.0
とにかくセリフが多い。
場面展開は少ないクセに、情報量だけはてんこ盛り。さらにそのクセ、大量の情報量の中で必要な情報はほんの一部。

会話劇でテンポよく進むが、ジョブズのクズな所を前面に押し出してきているので、見ていて気持ちのいいものでもない。
さすがわアーロン・ソーキン
今回も台本は400ページというところか…⁉︎

廊下での社長とのトコ
娘と仲直りしろと言われてるトコ
かなりジョブズマニア向け。2013年版の方が分かりやすい
発表会直前という限られたシチュエーションで限られた登場人物。だからジョブズが年齢を重ねて変化するところと変化しないところがわかりやすい。
ジョブズに関してもアップルに関してもそれなりの知識があったので、ストーリーやエピソードを把握するのは難しくなかった。
ジョブズは人間的に成長したけど、やっぱり嫌な奴だ。それでもアップルを発展させた力は素晴らしい、と言いたいけど、この映画ではそのあたりよくわからない。
Yoko

Yokoの感想・評価

3.0
こんなにも変人だったのか、という印象のまま話が進む。最後の娘とのやりとりが唯一ほっとさせられた。
スティーブジョブズといえば、「Stay hungry. Stay foolish.」スタンフォード大学でのスピーチや、製品を実際にポケットから取り出して聞き手を納得させるようなスピーチのイメージがありました。しかし、この映画を観てこんなに嫌な人だったのかと驚きました!自分が直せないくせに、人にめちゃくちゃ言う!!!客のニーズなんかまるで無視で、私のイメージと真逆だったのでほんと意外でした…!この映画ではスティーブジョブズの功績の面はあまり語られず、実の娘との話が中心だったので、他の作品も観てみようと思います。
映画の構成上のこととは思うけど、大事な発表の場の直前に色んな人が訪ねてきてごちゃごちゃ揉めるのが、それ今言う?って思ってしまいました…。でも三幕構成のおかげでリズムよく観れました。

印象に残ったのは「人格と才能は共存できる」というセリフです(笑)
>|