スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

漢字Talk

アプリケーションは
ひとつしか起動できない

プリンターも
スキャナーも作ってたよね

スタイラスペンだったから
没ってホントなのかな

たしかに
ハローは大事だよね

誕生日おめでとうは
いつから消えたんだっけなぁ

なんて
懐かしみながら
楽しみました
とさ
izumi

izumiの感想・評価

4.0
評価はそんなになのね....私は好きだったな。続けて2回観たんだっけな。

心理描写に重きを置いてるのだと思う。
スティーブ・ジョブズの性格と口の悪さ。

脚本はソーシャルネットワークのアーロン・ソーキン。やっぱこの人の会話劇って凄い。

映画の大半の舞台は楽屋。

もっと予算かけて作っても良さそうな題材なのに、予算かけずに作るアプローチはダニーボイルっぽい。

予告編のみで使ってたソンのインスト曲が好きです。
伝記映画としてはすごく面白い作り方だと思う。
こーじ

こーじの感想・評価

3.7
ジョブズについて勉強になった。娘とも色々あったんだなー
予備知識がないとよくわからない。思っていたような切り口ではなく、どちらかと言うと負の側面にスポットを当てた話なので面白い!という感じにはなれなかった。。
3つの新作発表会直前の舞台裏を40分づつ描いた異色作
他人の気持ちは全く考えず、大局的に時代の流れを掴み、自分の価値観に絶対的信頼をし、それを表現することのみに注力する

神はひとり子を殺したが世界をつくり愛された
1000曲をポケットにいれると娘に約束
ジョブズ に関して一通り分かってないと置いてかれる。ウィキペディアでいいから読んでから見て!

それらを知ってる前提で、彼の成功の裏側を描く。
プレゼン前の緊張感の中、ジョブズ に一言言いたい人たちとの会話ベースで映画は進む。

プライベートのコンプレックスーうっかりできた娘の認知、親としての確執、自分が養子であることの負い目や、アップルを追い出されたときのつらい記憶。

彼の隠していたこととの葛藤が、わーっと波のように押し寄せる。見た後はどっと疲れるかも。
そんなにジョブズの周りを知らなかったので、ついていけないところも。発表会前に起こる人間関係のゴタゴタがピックアップされていくので、結局普段どんなアイデアを積み上げていったのかはよくわからなかった。
>|