スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

漢字Talk

アプリケーションは
ひとつしか起動できない

プリンターも
スキャナーも作ってたよね

スタイラスペンだったから
没ってホントなのかな

たしかに
ハローは大事だよね

誕生日おめでとうは
いつから消えたんだっけなぁ

なんて
懐かしみながら
楽しみました
とさ
tomato777

tomato777の感想・評価

3.4
ジョブズがどんな人だったかがわかる。商品発表の直前が描かれてる。最近の商品のやつまで見たかったな
dmatuda

dmatudaの感想・評価

-
フィンチャーならどうする?
最後にやられたわー
tomomi

tomomiの感想・評価

3.5
スティーブ・ジョブズ関連の映画は初めて観ました。

天才と崇められ、カリスマ性がある人って、大体いい人でないし、いい人である必要もないと思う。でも、そんな人でも、弱い部分があって、スティーブ・ジョブズの場合、娘の存在だったのかなぁ。
最初、メガネにショートの女性を、ケイト・ウィンスレットだと気付かずに観ていました。出演者を知らずに観たもので。
スティーブ・ジョブズ関連の映画は他にもたくさんあるので、観てみたいです。
Lily

Lilyの感想・評価

3.0
スティーブジョブズの鬼才感がすごかったがどれくらいリアルなんだろう。きっと想像出来ない位なんだろうな。やってることが時代に合ってなくても信念貫いてここまできちゃったんだから。彼とその会社についてはほぼ知識ないまま見たし難しかったけど、彼の人間性がちょびっと知れたような気がした。

とゆーか脚本家のアーロン・ソーキンって凄すぎとゆーか頭キレッッキレなんだろうなー。
父としてのジョブズに焦点を当てた伝記。先にアシュトン・カッチャー主演版を観てたのですんなり観れたが、新製品発表会の舞台裏ばかり連ねた変わった構成で、ただ挨拶に来るだけの主要人物も多いので、ジョブズの経歴概要を押さえて人物相関を把握してないと、単体ではちょっと分かりづらいと思う。そして過剰な創作が入ってんじゃないかと気になる。発表会の本番直前であんな製品が不安定な状態あるもんかね?そもそも大事な日にあんな家庭のゴタゴタ話し合ってる場合?事実だとしてAppleの創設メンバーであるウォズニアックが繰り返し「Apple Ⅱの開発チームに謝辞を」と依頼して来るのが、人として自己中なひどいやつに描かれるジョブズじゃなくてもうっとおしく感じた。ケイト・ウィンスレットがマーケティング担当役を誰だか分かんないくらい地味に好演。ジョブズの、娘リサへの想いがおぼろげに伝わる終い方は好み。
うめ

うめの感想・評価

3.6
会話劇。こんな上司は、嫌だ。
saho

sahoの感想・評価

3.5
“人格と才能は共存できる”

アシュトン版を最初に見ておいて本当によかった!笑
じゃなきゃ「???」が多かった気がする。
最後のマイケルはジョブスそっくりだけど、その他のマイケルがマイケルすぎて、他の人の物語を見ているようだったわ…。
アシュトン版よりテンポが良くて、飽きはない。
最後がipod誕生の瞬間で終わる感じ好き。

117本目 / 2018
>|