ソウ6の作品情報・感想・評価

ソウ62009年製作の映画)

SAW VI

製作国:

上映時間:95分

3.2

「ソウ6」に投稿された感想・評価

Vincent

Vincentの感想・評価

3.7
シリーズも終盤。
ソウ3での謎が判明する等、伏線の回収もあるものの、流石にシリーズ6作目。
目新しさを求めるのは厳しい。

とは言えジグソウが仕掛けるゲームの内容は面白みがあり、最後まで見てしまう。
やめられない感は健在!

このシリーズ、最後はどのようなエンディングを迎えるのだろうか。

今回被害者となった保険会社の副社長ウィリアムの妹であるパメラのその後が気になる…

ターゲットになったウィリアムの最後は、
やられたら一番嫌なシーンだなぁ。
2MO

2MOの感想・評価

3.0
フロムダスクティルドーン。
一日の終わりは夢の始まり。無論、悪夢とて。

人々が寝静まった頃合い、丑三つ時なんて理想的なシチュエーション。静寂と暗闇に包まれた孤独の一室で、なぜにホラーを、死の遊戯を眼前に、恐怖を欲望するのか。

それは生が死に直面する非日常の風景に。起こりうる限りの非現実的な、あるいはつまり虚構にこそ、生の実感を得られる者の性。

「命の価値は」「生きる意志は」などという、白昼には許されない寝言、たわ言が共鳴するところ。
ホラーは人の生死を問うがゆえ、あたかもその深淵に触れているかのような錯覚を保証してくれるもの。

最もアンリアルな、それでいて誰しもが当事者たりえる、空想でありながら身の毛のよだつ恐怖──その真実性を疑うことなく貪り続ける、夜行性の獣たち。
もはやレガシー観たいがために観てる感。
ストーリーとかもはや添え物よ。仕掛けを楽しもうね!

1から観てきたが視点がゲームする側から実行する側に変わりつつありますね。特に言うこともないのでベストトラップを発表しますね。ベストトラップは、、、

「回転木馬」

助ける人間を選ぶという鬼仕様。人間の性がむき出しになるイカしたマシーン。選ばれなかった奴の阿鼻叫喚がまさに地獄。今気づいたんだけどこの表紙って回転木馬やないかい!
さぁホフマンはこれから逃げ切れるのか!

次回 ホフマン!死す!
ジョンの奥さんでてくるのっていつだっけ
過去鑑賞
ホフマン無双回
rena

renaの感想・評価

1.5
備忘録
レン

レンの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

平成から令和にかけて見返してみようシリーズもいよいよ大詰め。

保険会社で、契約者の生殺与奪を握っていたともいえる男がメインの今作。
損得勘定だけで人の命を計っていたことへの報いのようなゲームで、ときに自身を犠牲にしながら誰を救い、誰を見捨てるかを選ぶことになる…という流れ。
計算式で命を計っていた男が、今度は計算式の渦中に入って、机上とはまるで違う感情に左右されるのは、人の性なんだろう。

ラストでこのゲーム自体、男のためのゲームでなかったことが判明。
選ばれる側に回ることに。
ここのミスリード、最初は騙されたなぁ。

さらにホフマンとジルがついに直接対決。
そしてシリーズはファイナルへと一気になだれ込むわけです。

ここまで見て思うのは、僕はアマンダの愚かさとか純真さとかが好きだなぁ。
>|