エンドレス・ポエトリーの作品情報・感想・評価

エンドレス・ポエトリー2016年製作の映画)

Poesía Sin Fin/Endless Poetry

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた…

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」に投稿された感想・評価


ホドロフスキーじじいの癖にいい感じだぜ!

たがちんこはもう少しデカいもんだと思っていた
いや、うん
なんか
いや、なんて言ったらいいかわかんないわ

とにかく自分にとって本当に大事なものがここにあった

俺は芸術家として生まれてしまったし、どんなに嫌でもその事実は永遠に変わらない
だから生きるために戦わなきゃいけないってこと
Anao

Anaoの感想・評価

3.8
相変わらずの世界観はとても素晴らしい
ただ、見やすい&わかりやすくなってて少し物足りなさもある
全くついていけませんでした。。。精進します。
あーとのきわみ
きりん

きりんの感想・評価

4.6
ホドロフスキーが青春を撮るとこうなるのか!ってきもち
moe

moeの感想・評価

3.7
観た人それぞれがいろいろなことを想起するのだろうが、私が一番感じたのは芸術賛美だ。
芸術家の集まる家という空間、何をしても許されて、皆が自由な表現に敬意を持ち評価し合うような空間の描写がとても素敵だった。まるで『ミッドナイト・イン・パリ』や、画家の藤田嗣治を描いた『FOUJITA』で描かれたエコール・ド・パリのモンパルナスのようだ。一歩外に出れば好奇の目に晒される孤独な芸術家たちにとって、このような空間と仲間がいかに大切か。

他にも、ありとあらゆるイメージの奔流がノンストップで雪崩れ込んでくる。もう一度くらい落ち着いて観たい。映画館を出た後、この世界はこんなに無彩色だったかとびっくりした。
Nana

Nanaの感想・評価

-
パワフルでど直球で、フェスティバル

映画でもこういう(舞台的な)表現はアリなんだと衝撃が。
同日、この映画を見る前にミュージカルを観にいってたのも影響して、そういう演出に目がいってしまった。

「生きるってなんだ」
わたしも常にこのことを考えていて、作品や表現をするときに題材にしていたから、なお面白かった。

たぶん、好き、こういうのが
aiaiaikun

aiaiaikunの感想・評価

4.5
リアリティのダンス?なにそれ?
すみません二部作だったんですね。。知らずに観たのでまず刺激が40億ドーン

こんなふうに脳内を忠実に表現とか再現できることがすごい。笑いのツボなシーンがいくつかあったけど誰も声出して笑ってなかったから堪えた。たぶん椅子揺れてたと思う。だってコントなんやもん。

ラストシーンのセリフで、今すぐ携帯の画面の光で自分の顔と劇場の天井照らしてメモ起動させたいと思ったけどやめました。案の定何言ってたか忘れたけどうわあーーーってなったのは覚えてます。
最後逆再生だったのは芸術なのかただこっちむかせときたかったのかなにか意味があったのかたぶん永遠に謎のまま。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
ホドロフスキーの自伝映画シリーズ第2部。今度は青春映画。

前作よりもギャグの量が多くなってて楽しい。家を飛び出したホドロフスキーが芸術家の集まる家にたどり着き、詩人としての自己を見つけて行く。創作のミューズとなる女性が母親と同一人物なのは、よくある表現だけどそういうものだからしょうがない。母のような女に童貞を捧げるシーンと両親のセックスシーンを繋げる事で、父と息子の鏡像関係が表現される。父親への反発と模倣が多く見られる。ラストの父親との別れには涙。あの台詞が胸に刺さる。老いについての台詞も良かった。解放感が絶頂に達する祝祭の素晴らしさは劇場で観るべき。青春の愛らしさが溢れる「直進」のシーン、「唖のオウム」のバカバカしい内装、小さいのも大きいのも綯交ぜなデカダンな人物たち、豊潤な映像で語る青春と許しの映画。
>|