エンドレス・ポエトリーの作品情報・感想・評価

エンドレス・ポエトリー2016年製作の映画)

Poesía Sin Fin/Endless Poetry

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:128分

4.0

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた…

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

「エンドレス・ポエトリー」に投稿された感想・評価


ホドロフスキーじじいの癖にいい感じだぜ!

たがちんこはもう少しデカいもんだと思っていた
KosukeGoto

KosukeGotoの感想・評価

5.0
線ではなく、点で蘇る記憶。カフェ・イリス。詩人は何者にも左右されてはならない!
さわ

さわの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あとでくわしく
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.3
個人的にはホドロフスキーベストかもしれない。
ちゃんと無修正で国内公開してくれたのはありがたい。この前「愛のコリーダ」を見た時残念に思ったのでこのような措置は嬉しく思う。映倫とアップリンク代表の浅井さんの闘いがあったようだ。
従来のどぎつさ、毒々しさは若干薄まった。照明、影、鏡の使い方によってシャレた画に変化し、かなり洗練された印象を受ける。撮影監督がクリストファー・ドイルに変わったことがかなり影響しているようだ。個人的には良い変化だと感じたが、初期の生々しさが好きなファンからするとちょっと薄まった印象になるかもしれない。
今までは、ホドロフスキー作品を見ていると若干途中でうんざりしてしまう感じがあったが、基本の画が魅力的になったので全編しっかり楽しめた。
陰鬱な雰囲気のカフェが素敵。大量の金色のスパンコールに反射する光が美しい。
パレードも大迫力で鮮烈なイメージを残す。スペシャルサンクスの文字が集まって劇中の印象的なパレードの画が再現されるのも面白い。
小人症のヒトラーと超足長のナチ将校の画も強烈。
内容面でも前作の父権的な抑圧からの解放が描かれ、それに合わせた主人公の自由なイマジネーションの広がりが楽しめる。
メタ的な描写も面白い。思いっきり書き割りの汽車、街並みを表現する張り紙が貼られていく様子を見せてしまう描写、映画にも関わらず黒子が出てくる点等々。確かに映画に黒子出してもいいよな。
ジャンプカットのコミカルな使用も効果的。
母親と恋人が同一人物だということには全く気が付かなかった。
ラストには作り手の自らの過去への思いがあられもなく溢れ出す。個人的な思いを作中に溶け込ませたり、覆い隠したりせずに直球でそのものとして示されるのも、それはそれでグッとくるのだな。これも作り手の姿を思いっきり見せてしまうメタ的な演出と言えるだろう。
ラストシーンは前作と全く同じ描写でありながら、青年ホドロフスキーは今度はたった一人で船に乗り込んでいく。
コレは普通に面白い
WAON

WAONの感想・評価

3.8
完全なる光
Keny

Kenyの感想・評価

4.3
仮面だらけの世界へ問う、私たちの住む世界は魔法に満ちてるはずじゃないのか!
詩人として生きる喜びはそこなんです。

生きろ!生きろ!
君が苦しみと思ってるものは所詮は君のイメージだ。
"頭はいつも問いかけているが、心はいつも答えを知っている"
"自分を生きることは罪じゃない"
そう、人生は無意味だからね。ホドロフスキー爺さん、ありがとう。
詩とは行動なり。
いやあ、すごいね、こりゃ。
情熱の映像化
>|