アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの作品情報・感想・評価

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち2014年製作の映画)

Stonehearst asylum/Eliza Graves

上映日:2016年07月21日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとり…

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとりの美しい患者に目を奪われる。その患者イライザは、ヒステリーを起こして夫の目をくり抜き、入院させられたという。興味を持ったエドワードは彼女に近付くが、彼女は「早くこの病院から逃げろ」と彼に忠告する…。

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス?
いやこれは…ラブストーリー。

精神科に治せないと言われた程、無気力で死んだように生きてた主人公。
美しい女性に一目惚れして、イキイキと活力を取り戻す。

1人鏡の前で、彼女への挨拶を練習する姿は片思い中のまさにそれ。
逃げるなら絶対君も連れて行く〜!と最初からすごい執着…

医者なのに、こんなに患者にベタ惚れ、特別扱いでいいのかい?と思いながら観てました。


「みんな私を所有しようとする。」
「僕は他の人とは違う、君が僕を所有するんだ。」

そんなセリフに歯が浮きました。

恋をするということは、考えてみれば誰しも異常な状態になることですよね。
普通では考えられないようなパワーがわいたり…。

主人公は、彼の主治医からすればストーカーのような執着心で病棟を抜け出した精神病患者。
だけど彼女からしたら、私を連れ出し愛し守ってくれる、人の痛みが分かる心優しい彼…
となるわけで。


異常と正常の線引きは、とても難しい。
周りから認められ個性として生きられる場所が無いと、病人として煙たがられる。
治すとはどういう状態のことなのか。
適切な治療とは。
本人の気持ち、家族の気持ち、他人の気持ち。

そんなことも少し考えました。


患者と医者という立場だったラムと院長がもう何もわからなくなって ただ向き合ってチェスをしているところ、なんだかよかった。

暗くジメジメした雰囲気の病棟から、一変して光が降り注ぐ爽やかな庭でのダンスがラスト。


後味が良い映画でした。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.5
1899年クリスマス・イヴのイギリス。辺境の地にそびえ立つ、ストーンハースト精神病院。

閉ざされた病棟で、新米医師を襲う謎の事件とは…。

19世紀末のイギリスを舞台に、新たな治療法で評判の精神病院を訪れた学生を襲う事件を描いたサイコスリラー作品。

豪華俳優陣を使い、エドガー・アラン・ポーの短編小説を映画化したという本作は、おどろおどろしい雰囲気が漂うゴシック・ミステリーだ。

映画ポスターに『あなたは、この謎が解けるか』とあるように、この映画には仕掛けがあります。

勿論、それは観てのお楽しみでここでは触れません。

1800年代、精神病の謎を解き明かそうと、人体実験で脳をいじくり回していたことを知っている人は、その時代設定だけで嫌な予感がすることでしょう。

この時代にまかり通っていた非人道的な治療方法を考えれば、いかにも有りえそうな話です。

確かに濃厚な空気に支配されたこの雰囲気はなかなかのものだった。

二転三転する脚本も破綻なく纏められていたし、誰もが秘密を抱えていそうな怪しげなキャラクターたちを、個性豊かに演じた役者陣もみないい仕事をしたと言っていいだろう。

誰も信じられないという典型的なミステリーですが、役者や構成がしっかりしてるから最後までだれずに観れます。

キワモノかと思いましたが、若干グロ描写はあったけど最後まで楽しめました。

最後の大どんでん返しを、ミステリーファンが思わず唸ってしまうようなもう一工夫あれば更に良い作品になったのではないでしょうか。

とはいえ、最期のオチは狂気を感じました。

多数決の結果が常識ではなく、常識と思いこんでいるだけなのかもしれないなと固定観念にとらわれて、小さな世界で物事を考えないようにしようと思う。
『不気味な精神科病院の謎がメインかと思っていたら、まともなお医者さん👨‍⚕️とキチガイ👨‍⚕️のただの対決がメインでした(つω`*)テヘ』

精神科病院🏥の雰囲気も好きな人は好きかもしれないが、自分には悪趣味さしか伝わらなかった🤨
同じ精神科病院の話では、「シャッターアイランド」の方が、雰囲気作りでいうと良かった

肝心の精神科病院🏥の謎のタネ明かしがかなり序盤にされる
そのせいで、話が主役と病院のキレイな姉ちゃんのケイト・ベッキンセール[(患者)男に触れられると、拳をギューッと握りしめながら痙攣する病気らしい]との恋物語と、病院🏥を牛耳るイカれキチガイボスとの対決がメインになってしまった🤨結果、よりありふれた映画っぽくなった

⚠️一応、ラストにドンデン返しはあり

こんなステキなセリフを知れたのでまぁ良しとしよう😗👇
「僕は正気じゃないさ、
君にイカれてる。」
いつかこんなセリフが言える男になろう😉笑
ちゃき

ちゃきの感想・評価

2.6
マイケルケイン見たさに。
雰囲気はいいんですが、もう使い古されてるにも程があるオチ。
捻りがなくて最後で拍子抜けしました。
あん

あんの感想・評価

3.3
もう少し不気味さやひねりがほしかったけどまぁまぁ楽しめた。
kiko

kikoの感想・評価

3.5
ラストに救いあり。良かった
えりこ

えりこの感想・評価

3.5
19世紀末、ある精神病棟を舞台にしたサスペンス。
出演者の演技力でグイグイ物語に惹きつけられました。
二転三転するので目が離せず。
オチは全く考えもしないアイディアだったのでぶっ飛びました。
重くて暗い作品でしたが、なかなか楽しめました。
emi

emiの感想・評価

4.0
誰が正気で誰が狂人なのか?19世紀末の雰囲気漂う隔離された精神病院を舞台にした、ポーの小説が原作の作品。二転三転して最後まで驚かされるストーリーの優秀なスリラーで、ベン・キングスレーが強烈な存在感だ。
yaya

yayaの感想・評価

2.0
最初のネタばらしのあたりはもっと引きずってもよかったし、その方が面白いと思う
>|