アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの作品情報・感想・評価

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち2014年製作の映画)

Stonehearst asylum/Eliza Graves

上映日:2016年07月21日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとり…

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとりの美しい患者に目を奪われる。その患者イライザは、ヒステリーを起こして夫の目をくり抜き、入院させられたという。興味を持ったエドワードは彼女に近付くが、彼女は「早くこの病院から逃げろ」と彼に忠告する…。

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
エドガー・アラン・ポーの後期の短編が原作とのことだが、有名なものではないので未読。星新一のショート・ショートに似たような話があったのを思い出した。
精神病院ものは誰が正常で誰が患者なのかが鍵になる。この作品では前半でもう種明かしがされてしまうので、後半はやや退屈な展開になった。
見どころはもちろん名優二人の対決シーン。ヒロインのケイト・ベッキンセイル、そんなに綺麗かいな?
Hi

Hiの感想・評価

3.6
あまり期待せず観たが全然面白かった
シャッターアイランド臭をプンプン漂わせているが 最後はちゃんとオチありで 「そっちかー!そっちだったかー!」となりながら普通に楽しめた
ゆうち

ゆうちの感想・評価

3.7


最後に情報量多すぎて
置いていかれた感じはあったけど
好きな感じでした~
山の奥にそびえる大きな建物。森の中は静かで、動物1匹いない。恐ろしいほどの静寂。
僕は精神病院の謎解きものが好きで、そしてエドガー・アラン・ポーが原作ということでとても気になってた映画👍
シャッターアイランドと少しにてましたが、僕はシャッターアイランドのほうが、すきでした。
ニサ

ニサの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

邦題が妙ちきりんですが内容は良かったです。終盤に出てくる主人公の「君が僕を所有するんだ」という台詞、はじめに聞いた時は不可解でしたが最後まで観て納得しました。性暴力被害と精神疾患の関係を偏見なく描いていたところも高く評価できます。
hinaoba

hinaobaの感想・評価

3.6
エドガー・アラン・ポー原作のミステリ。
副題は「鑑定士と顔のない依頼人」のパクリでしょうか。秀作のタイトルをまねることでB級感丸出しですが、内容はなかなかのものでした。
中だるみが残念ですが、ストーリーはさすがポー。緻密で丁寧な伏線があればなおよかったのに。惜しい。

ベン・キングズレーの存在感がすごい。
青年医師はどこかで見たなと思ったら、「ジオストーム」の弟でしたか。
IM

IMの感想・評価

3.0
シャッターアイランドと被る。
末期の精神病患者への偏見に満ちているがそれが偏見かどうかの判断がつかないのは私の普段の生活がいかに平和かを物語っている。
テーマがテーマだけに不安だったが家族と安心して観れる映画だった。
ちなみに完全に私事だが院長が嫁の父親と似ていて複雑な気持ちになった。
パッケージと裏の解説のみの情報だけで借りて観た。
キャストが豪華でベンキングスレー、マイケルケインやデヴィッドシューリスがこういう役もやるんだ!と驚き!
アメリカンなケイトベッキンセイルの儚げな役に違和感を感じるし、年取ったな〜って思うけど実は昔から好き♡
展開も「どうやって終わるんだろう?」と気になり最後まで観れたんだけど面白いかと言われたら「う〜んf^_^;」って感じ。
終始新米医師のグズグズっぷりにイライラ。展開ももっさりしてるし、『挑戦状!』って程の謎解きも無い。最後だって謎じゃなく後出しジャンケンじゃん!って思う。
>|