アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの作品情報・感想・評価

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち2014年製作の映画)

Stonehearst asylum/Eliza Graves

上映日:2016年07月21日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとり…

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとりの美しい患者に目を奪われる。その患者イライザは、ヒステリーを起こして夫の目をくり抜き、入院させられたという。興味を持ったエドワードは彼女に近付くが、彼女は「早くこの病院から逃げろ」と彼に忠告する…。

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
エドガー・アラン・ポーの後期の短編が原作とのことだが、有名なものではないので未読。星新一のショート・ショートに似たような話があったのを思い出した。
精神病院ものは誰が正常で誰が患者なのかが鍵になる。この作品では前半でもう種明かしがされてしまうので、後半はやや退屈な展開になった。
見どころはもちろん名優二人の対決シーン。ヒロインのケイト・ベッキンセイル、そんなに綺麗かいな?
rhymeride

rhymerideの感想・評価

3.8
友達に勧めてもらったので
全く興味が湧かない日本語タイトル、パッケージ全無視ながら
期待感ワクワクで観賞。

ヴィクトリアン衣装秀逸、俳優陣も良いので、前情報なし、ダークファンタジーな視点で観れたので面白かったー!!

このレビューはネタバレを含みます

「狂気と正常の境界線はかなり曖昧なものである。」王道ながらも使い古されたモティーフに沿って物語は進んでいく。まず序盤~中盤では,患者の肩書がついていれば狂気というわけではないし医師の肩書がついていれば正常というわけでもない,というだけの話が冗長気味に展開される。この段階では初心者以外面白くないパターンと思わざるをえなかった。しかし終盤,誰もが正常だと思っていたであろう主人公が「患者」側の人間だったというドンデン返しがあり,あくまでモティーフに従いつつもインパクト充分に裏をかく巧みさを感じた。

年越しパーティでサン・サーンス『死の舞踏』を演奏するという皮肉が粋な趣向だった。患者側の人間のみで生演奏できたという驚きもあるが…。楽器演奏に長けた「患者」もいて当然というメッセージなのか,設定の落ち度なのかは不明。個人的には前者と信じたい。

色恋絡みのシーンは苦笑するしかないクサい台詞満載。
【例1】
女「私を所有するな」
男「いや,君が僕を所有するのだ」
【例2】
女「あなたは正常,私はイカレている。住む世界は別」
男「いや,僕は君にイカレている」
ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2016/10/18鑑賞。19世紀末のイギリス。オックスフォードの医学生エドワードは、実習でストーンハースト精神病院を訪れる。患者に薬物投与も拘束もしない前代未聞の治療方針に驚く彼だったが、患者のイライザから「早くここから立ち去れ」と伝えられ…という話。主人公にいまいち危機感というかピンチが無く、イライザも彼を拒否するのか助けるのか曖昧でグダグダします。 二転三転するストーリーは良かったですね。患者達は本物を連れて来たのか演技なのか分からないくらいリアルで、年越しパーティーは印象的でした。 65点。

このレビューはネタバレを含みます

それぞれが心穏やかに暮らせる環境で、それぞれがハッピーエンドを迎えられて、良かったなあ おりはら
タイトルが鑑定士と顔のない依頼人を想像させられて鑑賞。

オープニングのクレジットで原作がエドガー・アラン・ポーだと分かって期待度上がりました‼︎

ホラー色は強く無かったのでホラー好きな方は好きでは無いかもですが、サスペンス要素はなかなか良かった。

マイケル・ケインが異常な精神科医だったのも良かったな〜
タイトルのイメージからサイコ系ホラーなのかと思いきや、ちょっと変わったラブストーリーという感じ。

ホラー要素は低めなので、そういうのを期待してみるとガッカリします。

ストーリ的には目新しさはないけど、最後の展開は個人的には好き。
だーかーらー 最後で実はこうでした的なのウンザリなのコッチは。ただそれがやりたいだけかよ どーせやるならヘストンと一緒に膝から崩れ落ちる猿の惑星くらいのダイナミズムが欲しい 本作のは昭和の大映ドラマの実はお父さんだったのとかと変わらんわ。何がこの謎が解けるかだよ ちっとも良く出来てないよこれ、ホントは1点以下。良いところは女優の顔くらいの駄作。
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しがあるよーみたいなレビューを何件も見てしまったのでなんとなくこの結末も予想に入れててそこまで驚きはしなかったけど、内容は充実感たっぷり。
そもそも正常とは、普通とはなんなのだろうか。
ラムの過去を知って、彼はトンデモナイことをしてしまったけど彼の精神が異常なのか。とても繊細で優しかったからあんな風に壊れてしまった彼を異常と言っていいものなのか分からなくなりました。
病院を乗っ取ったのも同じく。
初めから雰囲気が怖くて見入ってしまった。
yuka

yukaの感想・評価

3.8
MADの塊映画

フィンはルーピン先生が毎日満月って感じの目してんな〜獣じみた役が似合いすぎ
イライザ美人すぎか
サイラス嫌いになれない
ニューゲートすごい。確かにってなった

題名ダサすぎ笑う。画像もなんか作品の雰囲気と違うよな〜
>|