アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たちの作品情報・感想・評価

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち2014年製作の映画)

Stonehearst asylum/Eliza Graves

上映日:2016年07月21日

製作国:

上映時間:113分

3.4

あらすじ

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとり…

1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は、彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた。そんな中、エドワードは優雅にピアノを奏でるひとりの美しい患者に目を奪われる。その患者イライザは、ヒステリーを起こして夫の目をくり抜き、入院させられたという。興味を持ったエドワードは彼女に近付くが、彼女は「早くこの病院から逃げろ」と彼に忠告する…。

「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」に投稿された感想・評価

安部

安部の感想・評価

3.0
シャッターアイランドと被る。
末期の精神病患者への偏見に満ちているがそれが偏見かどうかの判断がつかないのは私の普段の生活がいかに平和かを物語っている。
テーマがテーマだけに不安だったが家族と安心して観れる映画だった。
ちなみに完全に私事だが院長が嫁の父親と似ていて複雑な気持ちになった。
Sena

Senaの感想・評価

3.7
普通に騙された笑
ラストが良かった。
Mitsuhiro

Mitsuhiroの感想・評価

3.5
タイトル以外全部素晴らしい
この時代背景の使い方が巧く。
精神病院でのジョークの入れ加減が絶妙でツッコまなくていいので観やすい。
よくシャッターアイランドと比べられているが別物
たろ

たろの感想・評価

3.1
2018'08'11
DVD

記録
Aki

Akiの感想・評価

2.6
題名が良くない笑
めっちゃB級やんと思いながら観たら
そうでもなかった。
おしゃれー
もりあがりにかけるかなぁと思ったけど、最後がわりと好き。最初からこうだろうなぁと予測できるけど、楽しめました。ルーピン先生、、素敵じゃない、、
つまらなくはないし展開も悪くないんだけど、どこかでみたことある脚本。
精神病棟×サスペンスって大体同じような作品ばっかだなぁ…と心底感じた。

中盤の一捻りやオチ含めて登場してきた瞬間察した( ´∀`)
別に勘が鋭いわけでも脚本が杜撰なわけでもなく、なんか知ってるんだよなぁ

だけど、割りと堂々食事運んでたり、がばがば診療とかツッコミどころは多くて楽しめた。
あと「イライザ」を呼ぶときだけ迫真の演技で笑った



psメルギブ演出手掛けてたのか!?
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』
Stonehearst Asylum
ブラッド・アンダーソン監督

原作はエドガー・アラン・ポーの
短編小説「タール博士とフェザー教授の療法」

精神病院に勉強にきた新米の精神科医
この病院なんだかおかしい?
”聞いたことは信じるな。見たことは半分だけ信じろ”
どっちが善なのか?

ベン・キングズレー、マイケル・ケインで脇を固めて
豪華キャスト&マイナーだけど面白いやん!
斬新な治療法をやってる精神病院に、経験を積むために訪れた新米精神科医。
病院を舞台にしたサスペンス。

ずっと目が離せないまま面白かった。
そして、すっかり騙された!
誰が正常で、誰が異常かなんて誰にもわからない。
mana

manaの感想・評価

3.5
長めだったので飛ばし飛ばしで鑑賞しましたが…最後の最後にどんでん返しがあって楽しめました。最初の方から伏線が仕掛けてあるので気にしながら見るのも面白いかもしれません。

今回はじめてケイト・ベッキンセイルさんを拝見したのですが、困り顔もとても美しくて(笑)、ファンになってしまいました😏💕。
>|