テラフォーマーズの作品情報・感想・評価

テラフォーマーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:108分

2.4

あらすじ

2599年、人口増加により貧富の差が激しくなっている日本。次の移住先を探すため、火星地球化〈テラフォーミング〉計画が始まっていた。気温をあげるためにコケと<ある生物>が送り込まれた。そして異常進化してしまった<ある生物>を駆除するため、何も知らない貧乏な15人の日本人が送り込まれるー。

「テラフォーマーズ」に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

2.0
人口増加により火星への移住を決意した地球。そのため、コケとある生物を送る「テラフォーミング計画」が進行していた。異常進化してしまったある生物の駆除のため、15人の日本人が火星へ送り込まれる。

原作は未読です。
なんかのアプリで無料のを数話読みましたが。
ヤツがどどんと出てきたから無理だと思って読むのやめました。
映画もヤツがどどんと出てくるかなーと思って絶対観るもんか!と思ってたんですが・・・。
山田孝之くんにつられて興味を抑えられなかった私・・・。
小栗旬くんメイクがきもかった。
あーでもやっぱり色んな虫が出てくるのか。
ちょっとまともに画面は観られませんでした。
イラストも苦手なんで・・・虫・・・。
私が観るべき映画じゃなかったです。
虫怖い虫怖い

しかしどんな進化を遂げるとヤツがこんな形になるんでしょう・・・。
うーんまともに感想すら無理そうです。


-116/2017
いぶき

いぶきの感想・評価

3.1
デビルマンの後だから普通に楽しんでしまった
足るを知る
あらた

あらたの感想・評価

1.2
こりゃあ、なかなかの酷さ。
やる気の無さがビンビンに伝わってくる適当っぷり。
脚本、演技、演出、大道具、小道具、全部いい加減で驚く。
なんでプロが集まって予算もかけて(俳優超豪華。映画数本撮れるレベル)、こんなことになってしまうんだろう。
むしろ無名の人が少ない予算で工夫して撮ったほうがカルト的な面白さが生じていたのでは。
例えばどこから見ても公園にしか見えない火星でお面のゴキブリ人間がアイディア溢れるアクションをしているとしたら、それはちょっと見てみたい。

最後に私の爆笑ポイントを1つ。
山P「鱗粉に火がつけば…」
英明「粉塵爆発!!」
漫画は見てません。

やはり漫画やアニメの実写化作品は失敗する事が多い気がします。

この作品も公開当時は情報番組などで話題になり気になってましたが、実際観たら…残念な感じです。

でも、最後まで観れたので駄作とは思いません。
【漫画 → 映画化 の失敗作の一例】
昼休みにコンビニに行ったら篠田麻里子の表紙のヤングジャンプが捨てられていて興味を持った作品。一年以上忘れていてやっと観賞。
「ショッカー」の改造人間計画の物理的外科手術ではないDNA版。武井咲の形態変化シーンは大人の事情(事務所の都合?)なのか無い。途中に敵が「津波」のように押し寄せるシーンがあるが、アクションシーンで倒した数ではまったく足りないと思う(算数以前の問題です) 変態もせず死ぬ隊員もいれば、篠田と太田は期待をもたせ変態してスグ死にます⤵️ 小池栄子は変態すると髪型まで変わります。山Pが「バッタは虫の王と書くんだ(飛蝗)」と言ってくれて、過変化しすぎて「真・仮面ライダー」みたくなってたのが救いでした💧
geru

geruの感想・評価

1.8
見ない方が良いよ。
と言われると見たくなるもんで、、、

見てしまった。

キツイなやっぱり!
みさき

みさきの感想・評価

2.5
B級だったなぁ
>|