太陽の作品情報・感想・評価

太陽2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(…

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和してい くのか──生きることはどういうことなのかを問いかけていく。

「太陽」に投稿された感想・評価

これ再演したりしないのかな、と思ったけど調べたらわりと最近演ってました
chie

chieの感想・評価

-
びっくりするぐらいリアルで、自分のことのように思えた。
私にとってのノクスへの憧れとか劣等感が強いということなのかな…?

門脇麦さんの違いにびっくり!
すごいです…
KUBO

KUBOの感想・評価

3.6
新作「ビジランテ」鑑賞前に、旧作をチェック。

キュリオとノックスって何かの比喩なのかな〜?と考えながら見て、設定はSFだけど、これは「都市部」と「農村部」なんだろうな〜と解釈。

都市に憧れる青年が神木隆之介で、父の元を離れて都市に行ってしまう少女が門脇麦。

そう捉えて見れば、ラストにも救いはあるんだけど、総論的には大きなSF的には設定を広げた上で、何がやりたかったんだかよくわからなくて悩んだ。

だが…、「ビジランテ」を見たから逆にわかったことだけど、入江悠という監督の根底にあるのが、「都市」と「地方」であり、「地方」の中にある閉塞感であり、その中での葛藤、争いであることは確かだ。

「太陽」は原作ものではあるけれど、その中で入江悠が描こうとしていたものは一緒だったんだ。
りこ

りこの感想・評価

3.5
戯曲に関心を持って鑑賞。
私が演劇人だからか全く違和感なく観れたし、むしろとても好きなSFだったなぁという感じ。
麦ちゃんの裸体は音響効果もあってか全然いやらしくなく映されていてこれが演劇の醍醐味だなと思えた。
mak24

mak24の感想・評価

2.5
記録。
舞台の方が、演じる熱量がより伝わり面白かったのかも。。と思える作品でした。。
龍

龍の感想・評価

3.6
とりあえず、強烈なインパクト。
舞台背景は、パッケージなり、ネタバレで良いから知ってた方が吉。
人間の根本にある生存、安全の欲求に始まり自己実現の欲求。
動物的であり、人間的な欲求が描かれており、映画を見て気分爽やかというより、べったりと張り付く湿度と温度。

メッセージ性の高い作品を丁寧な画面の作りと、演技派俳優の起用によりドラマチックに仕上げた作品。

休日の前の日、1人で何かと向き合いたいときにおススメ。

派手さはなくとも、魅力溢れる作品でした。
人間の残酷さというかなんというか。

麦ちゃんが、、、
おり

おりの感想・評価

4.1
73
舞台の方がいいなと思ってしまったけど、前川さんの作るお話はやっぱりヤバいし力強い
切身

切身の感想・評価

3.2
麦ちゃんと神木くんというだけでなんの前情報もなしに借りた。
そういう話だったんだ。

現代の格差社会や大震災後の困惑みたいなのをすごく感じた。

うーん。形容しがたい。
>|