太陽(2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:129分
    監督
    入江悠
    脚本
    入江悠
    前川知大
    キャスト
    神木隆之介
    門脇麦
    古川雄輝
    綾田俊樹
    水田航生
    高橋和也
    森口瑤子
    村上淳
    中村優子
    鶴見辰吾
    古舘寛治
    あらすじ
    21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和してい くのか──生きることはどういうことなのかを問いかけていく。

    「太陽」に投稿された感想・評価

    これ再演したりしないのかな、と思ったけど調べたらわりと最近演ってました
    なかなか面白い設定。
    ノクスとキュリオ、わたしはどちらを選ぶだろう。麦ちゃんの最後の演技にはゾッとするものがある。

    舞台も観てみたかった。
    絶対もっと面白くできた、なんていうか色々ダサい。
    おもしろかった…!キャラクター1人1人が重ならない。SFだけどリアル。
    色々考えさせられる。しんどい映画。でも観てよかった。舞台はまた違うんだと思う。そちらも観てみたい。

    麦ちゃんがまた素敵だった。恐怖すら感じた。こわかった。
    途中ダラけたかなあと思うシーンがあって洋画好きの友達は退屈そうでした。
    現代社会のメタファーかと思ったが、これはこの世の何もかもを2分割できる。
    そういった現代のみならずSF的な、クローンといった将来ビジョンな気がした。
    入江さんすごい
    良作だと言い切れる作品。
    だけどこんな世界どう考えても気持ち悪い。どっちの人間になっても幸せになれない。
    話の筋は綺麗にまとまっていて、なおかつ日常的な雰囲気が漂っている感じ。

    あと村の若い強姦男だけは、本当に見ていて腹が立った。考えが女々しい挙句に力でねじ伏せて、途端に怖くなって逃げ出す姿は本当にクズ。

    あのラストの終わり方を観た時、この世界は結局二極化したまま続くだけだということなんだろうなと思った。

    このテーマについてすごく考えさせられた。何回か観たい…。
    >|