みそ

ヒトラー暗殺、13分の誤算のみそのレビュー・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)
3.8
ヒットラーの映画は定期的にみたくなる。知りたくなる。

これは実話ということだったので、ドキドキしながら見た。
ヒットラーが意外とまともにでてこなくて、ヒットラーのとりまきの部下達が話の中心だった。
ヒットラーの映画はなぜか自身があまり出てこないのはなぜなのだ。

結構暴力的なシーンが出てきたが、私にはもはやマーターズを見た経験から平気になってしまった。
隣の女の子ヒイって泣いていたな。

戦争時、誰もが無駄な戦争を早く止めなきゃと思っていたと思う。けど、実際は行動できず、独裁者にしたがうだけ…
でもゲオルクは違う。一人で何かに取り憑かれたように、使命のように、暗殺を企てて行動した。
とても立派だと思う。
こういう歴史的なこと、ちゃんと頭に残していきたい。