wiggling

ヒトラー暗殺、13分の誤算のwigglingのレビュー・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)
-
予備知識なしに観たせいもありしばらく何を言いたいのか分からなかったが、なるほどこれは周囲の空気に影響されやすい日本人こそ観るべき作品であるなと。

ナチス台頭の初期からその危険性を察知し、ドイツ全土がハーケンクロイツに染まるなか、たった一人で反体制を貫いた家具職人の実話に基づく物語。
もちろん彼以外にもレジスタンスはいたわけだが、それに交わらなかったのは集団化する事の弱点を理解していたからだろう。結果、世界を変える事に最も近づいたのは単独行動の彼だったわけで。おそろしく頭が良い人だったんだろうな。

彼の存在を知らなかったのはもちろん、この事件の事も今回はじめて知った。
自分の頭で考える事、自分を信じる事、それなしには明るい未来は望めないということですよね。