ヒトラー暗殺、13分の誤算の作品情報・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:110分

3.4

あらすじ

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限…

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・評価

タイトルほどじゃない。
普通に暗殺に失敗しただけ。
MikiSato

MikiSatoの感想・評価

4.1
なんてひどい時代だったんだろう、と思う。
こういう史実があったんだということを知れて良かった。
映画化してくださってありがとうございます。

彼の人生はつらいものだったのかもしれない。
でも彼の死は無駄ではなかった。
いまこうして、何十年という時を経て、何かを感じ取り、二度と彼のような苦しみを抱える人がいないように、二度とこのようなおかしな時代を繰り返さないようにと考え、ことを起こす人間がいる。と、信じることでしか、この絶望からは抜け出すことができない。

今、自由に物を言えて、自由に議論ができて、やりたいことを自由にやれる時代に、国に生きている私たちにできることといえば、この今の自由であることを守り続けていくために何ができるかを考えて行動すること、くらいだろうか。
SAKU

SAKUの感想・評価

3.5
知らなかった歴史
ナチ時代のドイツって、ヒトラーとあユダヤ人とかのみにスポットが当てられがちだけど、そこにはそれを支えたもっと一般的な人たちもいたわけで…
この映画はそんな、「平凡な」1人の「ドイツ人」がなぜヒトラー暗殺を企てたかを描いていて、新しい切り口だなと思った
でも、動機が結局ぼやっとしていて見終わってもやっとしてしまった
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.0
反ナチプロパガンダ映画でした
Tim

Timの感想・評価

3.4

この家具職人、めちゃくちゃイケメン。

拷問シーンと引っ張りが長いんだけど、全体的な雰囲気として好き。
松

松の感想・評価

5.0
つまんないという人が大半そうな映画だがまだまだ知らないことの多さを教えてくれる映画と感じた
題名がネタバレともいえるのですが、主題はそこではなかった。サスペンスとして観たら肩透かしを受ける。

ヒトラーは、選挙で選ばれた独裁者と言われますが、その当時一般市民にヒトラーやナチスがどう映っていたか?

第一次世界大戦に敗れたドイツが戦勝国から返済不可能と言われる多額の賠償金を課せられる。そんな時期に国民が待望したのは強いリーダー。経済を成長させ雇用を創出するナチスに傾倒する空気感が覆っていたのだろう?

そんな中でも冷静にナチスやヒトラーの本質を見極め、将来を憂いでいた人も、やはりいた。ユダヤ人以外にも。そして自ら行動を起こした人も、、。

そんな当時のドイツの一部の庶民の心情を描いた作品。「白バラの祈り」を思い出したり。これも実話にもとづくとのこと。

一見どんなに正論ぽくっても、皆んなが同じ方向を向いた時は、危険だと考えた方が良い。立ち止まって違う方向、違う視点で見る必要があることを教えてくれる。

歴史にもしもはないのだけど、やはり、もしも、、って考えてしまう^^;
any

anyの感想・評価

3.4
史実ありきでこういう人も居たんですね、で終わってしまったかな?
要所要所で緊張感のあるシーンもあって面白い瞬間も多かったけどあまり集中が続かなかった。
余計な時系列の前後が無ければもっと面白かったような気がするけど。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
実話はに基づいたものです。主人公はゲオルク・エルザー、彼が自分一人でヒトラーの暗殺の計画をたてたが、残念ながらヒトラーが演説した場所から13分早く切り上げて、彼が設置された時限爆弾が爆発。自分も初めてこの人物を知った。面白い話でしたよ。ロマンスの部分はなんか不要だった感じがするけど、この映画は見る価値ある。
>|