ヒトラー暗殺、13分の誤算の作品情報・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:110分

3.4

あらすじ

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限…

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・評価

タイトルほどじゃない。
普通に暗殺に失敗しただけ。
一人の市民が計画したヒトラー暗殺を、普通の日常と織り交ぜながら描いた作品。

普通の市民だから、いちいちオーバーじゃなく、淡々としてるからこそ、余計に決意の強さが伝わる。

観終わってスッキリはないけど満足。
mizutama

mizutamaの感想・評価

3.9
終盤、尋問役だった元SS少佐ネーベが先に処刑されたって理由が何で⁇
って思ったけどシュタウヘンベルグ大佐(ワルキューレ作戦)に加担してたことで、ネーベが最初からエルザーに好意的だったという伏線回収で良く出来た映画です。
ゆりか

ゆりかの感想・評価

3.5
映像美。ヒトラーを殺そうとした男の生涯。人を愛することが得意でありしかしそれは報われるとは限らない。世界を変えようとした男の物語。
よかったけど思っていたより恋愛色が強かった!
もっと13分の誤算のことをとりあげると思ったけれどそれもなかった。

戦前戦中のドイツってこわい!
日本もこんな宗教ちっくだったのかな。
さすがに挨拶で「天皇陛下万歳!」は言わないよね?
「ハイルヒトラー!」言いまくっててびっくりしちゃった。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.7
すごい。この人すごい。
4

4の感想・評価

4.1
ただの戦争映画だと思って観たから思ってたのと違って大好きになった。
色っぽいッス。驚くほど自分の好みの映画。
ちょす

ちょすの感想・評価

3.5
30歳目前
映画タイトル1〜30観てみよう
シリーズ

第13作目


ヒトラー暗殺、13分の誤算


やられた。
これは万全の体調で挑みたかった。

38度台の熱に魘されながらの鑑賞。


映像の回し方がいい。過去と現在がごちゃっとなっているだけど、そこがまたいい。

他のヒトラー映画と同様、実際に起こった出来事を題材としているのだけれど、暗殺を企てたのが、まさかのドイツ国民だったなんて。

しかも政治犯でもなんでもないただの家具屋。

何が彼をここまで突き動かしたのか。

それでも沢山の罪なき人々を巻き込んでしまったことには変わりない。

エルザーは戦争を阻止したかった。その思想や行動力には評価すべきだが、亡くなった方々のことを思えば、後に彼が称賛され、彼の名のついた賞が誕生したことは、前述のことを思えば手放しでは賛同できないものかと。
>|