なかきょ

黄金のアデーレ 名画の帰還のなかきょのレビュー・感想・評価

4.0
ナチスに奪われたクリムトが描いた叔母の肖像画を姪(おばぁさん)が若い弁護士と一緒にオーストリア政府を訴えて取り戻す話(ざっくり

高価な美術品の所有権を主張する人なんて結局お金目当てなのだろう、と先入観を抱いていたことが恥ずかしくなりました。。

どんなに高価な物でも、
家族の歴史や思い出がつまっっていたら
お金の価値には変えられないんだなって。

ヘレン・ミレンやっぱり素晴らしい女優ですよ。
台詞のない時の表情で、屈辱や失望や悲しみが伝わってきて
言葉で伝えるよりも心に響く説得力があった。

衣装・美術や音楽も素晴らしく、映画館で観てよかったなー

自分のルーツを大切に。
そして故人を「忘れない」ことで生かし続けること。

心がほっこりあたたまるのと同時に、シャンとする映画でした。映画っていいね。