紫色部

黄金のアデーレ 名画の帰還の紫色部のレビュー・感想・評価

3.5
2015.12.1 TOHOシネマズ海老名

ドラマが上質で素晴らしかったのはさることながら、自身のルーツや癒えない傷の残る過去を真正面から見つめることを通じて絵画と共に自分自身も在るべき所へと帰還すべく、己が信念を貫き今を闘った女性の力強さには大変胸打たれるものがあった。あらゆるジャンルの旨みが盛り込まれた展開はなかなか新鮮で面白かったし、ライアン・レイノルズ演じる新米弁護士が自身のルーツを見つめ涙する長回しシーンは強く印象に残った。