進藤先生

黄金のアデーレ 名画の帰還の進藤先生のネタバレレビュー・内容・結末

3.5

このレビューはネタバレを含みます

①単純に観れば気分爽快な裁判劇

でも、この映画のマリアとランディの想いを本当に理解して感情移入する事は無理!
私には国を蹂躙された経験や国を追われた経験も無く、ルーツも無いから。

なのでマリアの最後にとった行動も私には?
絵は美術館に残すものだと思っていたので。

ただ、そんな私でも家族を想う気持ちは痛いほど分かる。別れの場面では涙を堪えるのに必死だった。

②マリアの本当に望んでいる事

マリアが通りすがりの男に「もうホロコーストにこだわるな」と言われる場面で、頭の中で思い浮かべたのが日本と近隣国との戦争問題

歴史認識が甘いので、日本が近隣国にした本当の事は知らない。
今なお解決していないのはあちら側が幾度となくむし返すからなのか。
いや、補償は済んだと酷い目にあった人々の気持ちや本当の望みをきちんと聞いてないからじゃないのか。

③最近ほんと物忘れが激しい。
ランディの奥さんは誰だ?
トム・クルーズの顔が何となく浮かぶので共演者だったかなとずっと考えていたら…元奥様じゃん^_^;
「 ケイティ・ホームズ 」

2015/12/8 TOHOシネマズ上大岡