教授のおかしな妄想殺人の作品情報・感想・評価

教授のおかしな妄想殺人2015年製作の映画)

Irrational Man

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好…

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

「教授のおかしな妄想殺人」に投稿された感想・評価

社会的に堕落してるホアキンフェニックスはやはり最高!かわいい!
物語もブラックユーモア満載。見方は様々だけど、天に唾する行為を描いた、ちょっと古典的な作風になっていて面白い。

”理性と本能”という抽象的な題材が作品の根底にあって、本能を理性で片付けられないモヤモヤが描かれているのだけど、その”本能”が「人を殺してみたい」「危うげな存在を愛したい」っていうどうしようもない願いなんですよね〜…それを理性で、つまり言葉で合理的に理解してもらうなんて無理でしょうよ…?
という、側から見ると感覚ズレちゃってる人たちのお話。しかし彼らに節々共感してしまう所があるのは、私もズレているということなのか…
逸

逸の感想・評価

4.0
Irrational man
心の中でなにこれ気持ち悪い、最高!と叫んだ。
ウディ・アレン節炸裂…
Minami

Minamiの感想・評価

3.2
普通の人は考えないようなことを考えるあたり、さすが哲学者だなと感じた。
最後は自分がルーレットで奇跡的にあてた賞品にすべってエレベーターに落ち、エマストーンは守られた。
あそこで懐中電灯を選んでいなかったらどうなっていたんだろう。
エマストーンが観たかったので。

生きる目的って大事だけどねー、殺人へのきっかけを掴んでいく感じは好きではあった。けどいかんせん恋愛というかコメディというか…ストーリー的には、こんなもんかなっていう。

ただ、やっぱエマストーンが観たかった映画なので◎
Hanami

Hanamiの感想・評価

3.2
邦題がダサいのが残念、話は面白いのに。
完全犯罪を思いつくことによって ガンも克服し 昔の自分とは変わって 明るくなったエイブ。ぶっ飛んでいる考え方だけど、人のためになら完全犯罪をも犯せる、このままの自分を変えようとするならこういうことだってできるというのがわたしにはちょっとだけ理解できる。だからこそなのか、ジルが 刺激的なエイブを愛しているのにも関わらず 犯罪者だと分かると 通報しようとする偽善者なのが残念だった。これが人間か、という感じ。まあ そうなんだろうけど。
エマストーンってすごく美人なわけではないのになぜか惹かれる。あの目つきも 魅力に変わる。なんだか忘れられない顔。
愛とか正義とか曖昧なものを盛り上がりも盛り下がりもせずぐるぐる考えるストーリー展開が全体的に哲学っぽい
えとお

えとおの感想・評価

3.6
さらっと進んで、さらっと終わった。軽快な音楽もいい。
ウディアレンの映画をもっと観たい
軽妙なタッチで人生の苦悩や殺人を描くのがウッディ・アレンのスタイルなのかな〜?とふとおもうの映画素人でした。
エマ・ストーンは綺麗でスタイルもいいけど、時折顔が人間ぽくないというか動物やアニメっぽいというか、まぁ個人の好みならそれまでだけど。
ホアキン・フェニックスはいい味だしてた気がする。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
ウディアレンっぽくて面白い

完全犯罪ってやっぱり簡単にはいかんねんなあ。
>|