教授のおかしな妄想殺人の作品情報・感想・評価

教授のおかしな妄想殺人2015年製作の映画)

Irrational Man

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:95分

3.3

あらすじ

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好…

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

「教授のおかしな妄想殺人」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.5
平常運転のウディアレン映画って感じでした。
語弊あるかもだけど面白すぎず、みたいな…

エマストーンとホアキンフェニックスが好きだから終始楽しく見れました。
終盤の展開も好き。

ウディアレン映画をいつも見ない人に一作目としてオススメするのには向かないけど、
いつも見てる人が「ああ、いつものやつだなあ」と思いながら楽しむ映画な気がしました。
ほ

ほの感想・評価

3.3
ウディ・アレン作品の雰囲気が好きで鑑賞。
おしゃれな音楽と映像で楽しむ狂気という感じですかね…
エマ・ストーン、シンプルな格好でもあの可愛さ…お強い…
ひさら

ひさらの感想・評価

3.0
最初の流れが好き。
ヒロインが可愛くて知的で、少し過激なところが好み。
ただ、後半が急に失速して、オチがあんまりだった。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
つかれていて癒されたいときはウディアレン☺️
たまに無性に見たくなるよね、ウディアレンの映画って手軽にいつも同じものを提供してくれるから、こっちが「ウディアレン見たい!」て思って見る分には毎回必ず満足感が得られる。そしてウディアレンが好きってだけで人生得した気分になるんだよな〜作品数多いから楽しみがその分多いの笑 ウディアレンそれでなくても120歳くらいまで生きそうだけど、長生きしてくれ〜できれば私が死ぬまで生きててくれ〜〜!
最近何かと騒がれてますけど、やっぱり彼の作品には罪はないよな、好きです

このおバカな感じサイコー、肩の力抜いて見れる。お決まりの1人語りやロマンチックなデート、哲学的な話はやっぱりいいな。ドストエフスキーが好きな教授が自分も「罪と罰」みたいなやっちゃう笑 皮肉〜〜

エマストーンてよくよくみたらそんな可愛くないよね?コメディ演技はうまいんだけど
ホアキンさん…お腹どしたのよ…なんかの伏線ですか?ってくらいポッコリしてる笑

ウディアレン爺さんは年取るにつれてヒロインの露出度を上げてくるな〜〜笑 もうどんどん舞台が夏とか暖かい地域になってきたし、ヒロインだいたいノースリーブ胸開きショーパンミニスカ。好みが分かりやすくていいよ〜〜女の子は脚見せした方がかわいいもんね!

今年公開のウディアレンも楽しみ


ジャケットに「プロフェッサーの秘かな愉しみ」とか書いててジワるww
いまいち
マ

マの感想・評価

3.3
ラストで「え〜…」ってなった 良くも悪くも
それにしてもなんでこんなにクズばっかなの
あとはホアキンの腹をぺちぺちしたい
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

2.5
ウディアレンは一番好きな映画監督なのですが、この作品には全く入り込めませんでした。途中で2回も寝落ちしてしまったくらい…

「現代版『罪と罰』」という感想には一理あります。しかしドストエフスキーの「罪と罰」では理不尽な貧困が主人公の反社会的感情のモチベーションになっているのに対し、今作の主人公は社会的地位にも金銭にも(女にも)恵まれているのに人生に意味が見出せない点で異なっています。彼はどちらかというと太宰治に近いと感じました。(社会的には恵まれているのに、自分にも他人にも意味が見出せない自己破滅的なところが)

あとは、いくら賢いメンヘラ男がモテるのは万国共通とはいえ、エマストーン並の超絶美少女が小太りのおじさんにぞっこんになるのは無理があるかと。超絶ハンサム教授×冴えないオタク女学生だったらもっと感情移入できたかも。

ナレーションではなく登場人物が自らの口でシーンを説明していく手法は、この映画にはあまり合わなかったと思いました。教授と世間一般の価値観がずれているところが面白いところなのに、それを両方の面から説明してしまうとそのズレが楽しめないからです。教授のみにフォーカスを当てるか、それか教授以外のキャラクターに順々にフォーカスを当てていったほうが面白かったんじゃないかと思いました。
>|