教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

Irrational Man

上映日:2016年06月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:95分
    監督
    ウディ・アレン
    脚本
    ウディ・アレン
    キャスト
    エマ・ストーン
    ホアキン・フェニックス
    ジェイミー・ブラックリー
    パーカー・ポージー
    イーサン・フィリップス
    メレディス・ハグナー
    ベン・ローゼンフィールド
    デヴィッド・アーロン・ベイカー
    タマラ・ヒッキー
    あらすじ
    夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

    「教授のおかしな妄想殺人」に投稿された感想・評価

    平常運転のウディアレン映画って感じでした。
    語弊あるかもだけど面白すぎず、みたいな…

    エマストーンとホアキンフェニックスが好きだから終始楽しく見れました。
    終盤の展開も好き。

    ウディアレン映画をいつも見ない人に一作目としてオススメするのには向かないけど、
    いつも見てる人が「ああ、いつものやつだなあ」と思いながら楽しむ映画な気がしました。
    生きる意味がわからなくなっていた哲学教授が、完全犯罪を妄想した途端、そこに生きる意味を見出し、犯行に及ぶ。
    そんなことを知らない教え子ジェルは教授にどんどんと惹かれていく。

    (記録)
    無実の罪で逮捕される人が現れ、ジェルはエイブに自首を求める。
    ジェルの存在を邪魔に思い始め、殺害を試みるも揉み合いの末、エイブ(教授)が死ぬことに、。
    最後が衝撃的

    このレビューはネタバレを含みます

    邦題、ジャケットからしてコメディかと思いきや、、本当に殺人をしてしまうなんて、、、。しかも正当化してしまって。なんとも自分勝手で傲慢な言い訳、、。内容とは裏腹に軽快な音楽がなんとも不思議。
    あんなダサい教授に惹かれるって、、笑。まあ、彼氏さんもかっこよくないしね💧
    エマストーン、綺麗だわー。
    不条理で一般人では思いつかない衝動を体現させるホアキンが面白い!後半のグダグダ感は気になるが、実は一番悪なのでは?と感じさせるエマ・ストーンの魔性ぷりと軽妙なサントラは秀逸。
    よかった!
    ストーリー展開も面白いし、設定もよくできてるし
    人生つまんなくてヤバいものに生きがいを見出してヤバいことしちゃう教授の話(ネタバレしないために言葉を濁してます)
    ヤバい宗教にハマる人もこの教授みたいな感じなのかなあと
    森鴎外の「舞姫」読んだ時も思ったけど、生きがいの見つけ方誤るととんでもないことになるから気をつけようと思った
    終始、哲学が絡んでくるからややこしいのなんの。
    ただ音楽は好き。
    結局なにかわからなかった…
    意識高い系の殺人‥(´・ω・`)
    哲学的殺人‥(´・ω・`)
    ドフトエフスキーもろに影響受けすぎだろっ
    意識高すぎて逆に意識低いわっ

    なんやこの話ぃっ
    >|