64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

ちょっと喋りにくそうな佐藤浩市
santasan

santasanの感想・評価

3.7
未解決の児童誘拐殺人事件「64」の謎を引きずりながら、刑事部と警務部、広報官と記者クラブ、それぞれ迫真のやり取りが繰り広げられる。それにしても県警記者クラブ、言っていることは真当ではあるけれど、なんであんなに偉そうなんだろうかねぇwww。「64」については後半につづく…。
みんな早口でリスニングが結構難しい
mm

mmの感想・評価

1.0
記録
モヤっと
DaiNaka

DaiNakaの感想・評価

1.5
観るんだったらNHKのTVドラマ版の方をお薦めします。

キャストはこっちの方が豪華…かも知れない、見ように拠っては。
念の為言っておきますが、私はドラマ版キャストの格が劣るとは決して思いません。寧ろ、一つ一つの役に馴染む人をぴたりと充てていますし、どなたも人気実力共に備わった方々です。
対して、この映画版は役の大きさやイメージに沿ってない人選がちょくちょく見られ、俳優さんの人気実力が浪費されてるように感じてなりません。

演者の皆さんに恨みが有る訳じゃないです。
作品がつまらないのは演出の問題と思います。無駄なシーンやカット、無駄に感情的な芝居の羅列、これらは演出側の責任でしょう。
ただ、演じる俳優さん方にも、こんな陳腐でベタな演出プランにホントに納得して演じたんですか?と訊いてみたくはあります。

TVドラマ版は原作に忠実に、丁寧さを心掛けた造りを感じました。
しかし映画版は、原作が描く主題・主張をそもそも履き違えてる様にも感じます。
臣

臣の感想・評価

5.0
最高傑作
こば

こばの感想・評価

2.5
佐藤浩市、圧巻
jucson

jucsonの感想・評価

3.9
邦画でこんな豪華なキャスト揃えてる映画も少ないと思う。俳優陣の名前だけでみちくなって借りました。

たった7日間しかない昭和64年の誘拐事、天皇崩御による報道の偏りにより認知も低かったこの事案を14年後も追い続ける元刑事の話。

佐藤浩市と記者クラブ連中のぶつかり合いのシーンは特に見応えたっぷり。

こういった重い内容好きな人はたまらないはず。
>|