64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

ちょっと喋りにくそうな佐藤浩市
yuki

yukiの感想・評価

3.2
話が難しくて理解し難い😥

ただただ中間にたってる佐藤浩市が可哀想

縦社会の怖さ
なっこ

なっこの感想・評価

4.0
警察組織のことはよく分からないけど、最後の警察広報と記者クラブのところは泣けた。

64に似た事件が起こったところで終わってるから、後編が気になる。
かほ

かほの感想・評価

2.4
記録。
身代金目当ての少女誘拐殺人事件のお話
実話を元にしているだけあってかなりリアルな展開で面白かった
前編のラストは後編に繋がる終わり方なのでかなり後編が気になっています
おがた

おがたの感想・評価

3.0
前後編合わせてもっと細かいところまでやってくれてたら!佐藤浩市さんの芝居は緊迫するものがありましたね
登場人物のどこにも社会人がいない作品。
記者クラブと警察広報のやりとり全部いらなかった。
大人同士が荒れてばっかで、ただただ醜悪。フィクションとしてもちょっと引いた。
俳優出したかっただけでは?
構成だけで面白いんだから、余計な表現は不要。
>|