64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    瀬々敬久
    脚本
    瀬々敬久
    原作
    横山秀夫
    キャスト
    佐藤浩市
    綾野剛
    榮倉奈々
    瑛太
    永瀬正敏
    吉岡秀隆
    仲村トオル
    椎名桔平
    滝藤賢一
    奥田瑛二
    夏川結衣
    緒形直人
    窪田正孝
    坂口健太郎
    あらすじ
    昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

    「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

    ちょっと喋りにくそうな佐藤浩市
    けっこう内容が難しいかも!

    豪華な俳優陣。
    その演技力の高さで
    どんどん引き込まれました。

    警察の組織体系とか、
    記者の立ち位置とか、
    そういうことを事前に知っていたら
    もっと楽しめたと思う。

    いまは記者クラブってやつが身近にいるから、
    あの抗争みたいなやりとりが、
    すごいなーって思う。
    面白い!
    佐藤浩市と永瀬正敏の演技がすごい。
    ただ、警察の組織体系とか知らないからその辺の勢力争いの話が分からなかった。
    難しかったーーーー。
    でも面白かった(´-`)
    警察のことがよく分かってないので、なんで記者クラブの人たちがあんなに怒っているのか分かりませんでした笑
    まず記者クラブってなんぞやと…←
    警察の広報って何するのと…←
    ググりながら鑑賞しました。。

    俳優たちの演技に引き込まれ、気がついたら後編へ続く。
    後編はまた後日…と思っていましたが、観ずにはいられませんでした(゚∀゚)
    佐藤浩市かっこいいなーー。瑛太がずっと怒ってるなーーー。
    こんな感想でしたが、面白かったです笑
    >|