64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

ちょっと喋りにくそうな佐藤浩市
wca

wcaの感想・評価

3.8
キャスト豪華すぎるのに
瑛太以外の記者の棒読み感が
気になるほど…

見終わったあと気持ちがだいぶ重い…
超豪華キャスト2時間ドラマ
やっと、録画鑑賞。続きが気になる。
れじみ

れじみの感想・評価

3.7
刑事ミステリー物かと思えば、まさかの権力vs報道。まさに日本版ペンタゴンペーパーズ。権力の腐敗、忖度、報道のあり方を提示しつつ、やがて核心となるロクヨン事件へと迫っていく脚本に唸る。メインから脇役までズラリと揃った豪華キャストの演技も見逃せない。秀作。
あまりにも豪華すぎるキャスト陣と2013年「このミステリーがすごい!」第1位とか原作が絶賛されているために観るのを敬遠していた作品。
重厚感がありすぎてちょっと疲れた…。
警察の広報部と記者クラブってほんとに毎日あんな感じで対立してんのかなー?仕事とはいえ疲れるだろーなー。とかドラマ中心部とは関係ない部分に気持ちがいっちゃって素直に楽しめなかった。
佐藤浩市演じる三上は周り全員とぶつかりながらも前に進んでいくけど、僕なら簡単に心折れて安定した職業なのに辞めてしまいますね。
ラストシーンの広報室と記者クラブのバトルは見応えあり。しかし瑛太はムカつくなぁ〜…そして良い役者さんだわ。
面白いけど、NHKのドラマ版の方が良かった。
EF

EFの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

キャスト豪華すぎる!
吉岡さん、ファーストシーンで怪しさ出てた。出たときすぐ感じる違和感演技?すごい…
演技…ですよね?(笑)
七央

七央の感想・評価

3.3
役者さん達が豪華だけど、登場人物が多くてたまに頭ついていかなくなる。

でも回想なり映像説明だったり、わりと分かりやすいなとは思いました!
全体的に重暗い空気だけど、最後の10分で一気に引き込んで来た。
>|