Aya

ラスト・ナイツのAyaのレビュー・感想・評価

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)
2.7
すげえ間延びした飲み込みづらい話やった・・・忠臣蔵なのに・・・。

伊原剛志さんも出てるし、アクション監督がリュ・スンワン組のチョン・ドゥホンだから期待してたのによく見せてくれなかったし、いちいち盛り上げ下手。

忠臣蔵の話をだいたい知ってる日本人が見てもめちゃくちゃ納得しづらいのに、全く知らないような外国人が見たらこの映画、この話、どのように映るんでしょう?

アクションシーンのカット割やスローモーション演出がとにかく下手くそ。カッコいいと思ってやってんですかね?
がっかりなんやけど。

クライヴ・オーウェンの役自体は非常に飲み込みづらいが、面がまえはさすがだし伊原剛志さんなんて元JACですよ?
動ける人、動かせる指導者がいるのに、なんでこんな見るとこがない編集になっちゃったのかな?と思わざるを得ない。

頑張って立ててるふう、の計画の先の相手がアレで結末がソレって・・・どんどんドキドキ感がなくなっていく過程は逆にすごいとも言える。

ルックは綺麗なので、そういう映像美、とかが好きな人なら楽しいのかもしれないけど、チョン・ドゥホンアクション目当てで見に行った身からしたら全く消化不良。

アン・ソンギが美味しいとこ持って行ってた。
と、思いきやエンドロールを見てビックリ。
ほとんど韓国で作ってるやないかww

てか舞台はほとんど中世やん・・・。

後、みんな気になると思うんだけど、字幕が戸田奈津子なんだよ・・・だからだーいぶ意訳、になってるのが脚本もダメじゃん、て雑念も抱いてしまう。
私、なっちの作品あんま見たことなかったんやけど、驚くほど言ってることと違うねw

どういうことなんでしょう?
これだけ多くの人が関わってるのにとてつもなくキリキリ映画になってしまうのは?