インフェルノのネタバレレビュー・内容・結末

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラングドン教授シリーズも3作目だけあってこのパターンもあり。これまでよりストーリーは単線的で分かりやすいが、ラングドン教授がダンテのデスマスクを素手で触ったのはいかがか。シムズ強すぎ問題と含めて全体が良かった故に目立った。
このシリーズのことだからどうせ灯台下暗し的展開で意外と近くに敵がいるんだろうなとか疑いながら観てたのにそれでもやっぱり騙された!
本当に疑心暗鬼になる。
怖すぎ〜。゚(゚´Д`゚)゚。


しかもシリーズの中で一番グロかったんじゃない???


謎が解けた瞬間は超スッキリ。

カメラワークもすごいから臨場感はあるんだけど、ちょっと酔うかな…。

このシリーズの映画見るとヨーロッパ旅行に行きたくなるね。
右往左往しながら推理するおっちゃん結構好きだったんだけどなら、途中までちょっとポンコツだったわ。
なんか太っちまったなぁ。時の流れを感じる。
好きな人の主張だからって人口を半分にするのを受け継ぐなんてなぁ。自分も理解できるってことなんだろうけど、それは一種の洗脳な気がする。
てか飲料水に避妊薬入れることを容認しろってめっちゃやばい奴やんwww
いくら自然のために人を減らしたいからって大富豪で天才でそれをやる力があるからって、人道に反することはしちゃダメだよ。
最後ウイルス入ってる袋が、ビニール袋にしか見えなくて、とまどった。

原作読んだはずだけれど、こんなだっけ?と思った。

いや、でも十分面白い!

ベンゾジアゼピン!
終始ハラハラする作品でした
個人的によくわからない部分が多いし、あ〜だからか!って納得する部分はないけど みてる最中は理解している感じがするから不思議だし面白い!
シエナのことには結構びっくりした
え!?まさかの!?って感じでした
トム・ハンクスはとにかくかっこいい!イケメンすぎる!ハラハラドキドキ裏切りも協力もストーリー全てが素晴らしい!
金持ちの終末論者はたちが悪い

「ダヴィンチコード」で一大ブームを巻き起こしたので、アメリカ特有の続編でさらに儲けよう精神で作られた前作「天使と悪魔」、これが都市伝説大好き人間なら知っているであろうイルミナティが絡んでいたので何とかなったがそれでも売れたと思われ作られた搾りかす第三弾が今作「インフェルノ」である。

こういう終末論系の映画はせめているB級映画とかでは無ければ絶対に人類は助かるので、残った見どころといえば謎解きということになる。
しかし今作の謎ときは、謎解きというのかただポインターにうつされた絵の中の文字に従って行動し、死んだ人の墓地に行ったり来たりしているだけの様な印象。謎解きというか、おつかいゲームを見せられているような印象だ。

で結局デスマスクをまた気づかれずに戻すことができるってあの美術館の警備ガバガバすぎ!
過去のダヴィンチコードや天使と悪魔と比べるとやや劣る印象。女が裏切るというのが読めてしまったのが楽しめなかった要因かも。ただ、追跡から逃れながら謎を解くおきまりの展開や最後のミュージアムでの生物兵器の保護の格闘などは見応えがある。本も読んでみたかった。
よかった。
ラングドンシリーズは好きです。
終わりのデスマスクが微笑んでるようだった。
原作とのエンディングの差がやっぱりちょっと気になりました
確かに映画的にはそういうのが映えるかもしれないけど…雰囲気が全く違っちゃうよなぁ、と。
原作のエンドで驚かされただけにちょっと納得はいかないです
読んでなかったら普通に楽しめたかも
>|