インフェルノのネタバレレビュー・内容・結末

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラングドン教授シリーズも3作目だけあってこのパターンもあり。これまでよりストーリーは単線的で分かりやすいが、ラングドン教授がダンテのデスマスクを素手で触ったのはいかがか。シムズ強すぎ問題と含めて全体が良かった故に目立った。
なんで35億人殺せるウイルスがビニール袋に入ってるんだよ。
今回は最初から、何が起こっているのか全くわからず緊張感があって良かった。
ずっと訳も分からず追われる身の教授と同じ気持ちでハラハラ。
誰が敵で味方が分からずハラハラ、といった感じ。

毎回このシリーズは、題材になっているもの(今回ならダンテ)の知識があるとより面白いのかな…と思いつつ。
でもノー知識でも教授の解説が入るので、結構楽しめるのが良いところ!

今回も、前回と同じく予想外の裏切りがあってテンアゲ!
まさかあんなところでしてやられると思ってなかったから、「えっ?!ウソ…!えっ??」ってなった。
予想出来なかったのがとても悔しい!!
ダ・ヴィンチ・コード、天使と悪魔に比べて犯行動機がチープ。 犯人も小物感があり、あまり楽しめなかった。 全2作に比べて謎解き要素も薄く特筆すべき面白かった点はない。
『ダ・ヴィンチコード』
『天使と悪魔』
に続くシリーズ3作目。

ヒロインに裏切られる。
そこからもう、全員が敵に見える。
前2作よりは分かり易いストーリー。
しかし、難しい…
予習をしておくべきなのか。
無学なわたしが悪いのか。
面白いが、もう少し学を積んでから観たら
もっと面白いのかなあ。
原作と結末を変えた意図は何だったのか。シエナが単純なサイコパスっぽくて残念。アクションムービーの要素が強まっており、ミステリー要素が薄まっている。なぜダンテなのか?シエナとゾブリストの接点は?映画単体で観れば悪くはない。町並みをはじめとするゴージャスな舞台、そしてデスマスク。スピード感も良かった。
歴史のこういう系、やっぱり好き。
知ってる場所とか、人とか、モノとかが出てくるのが楽しい。
最後の方ギリギリまで誰が敵で誰が味方でとかがあんまりわかんなくて誰信じれば良いのかわかんなかったけど。笑

最後の舞台なのがイスタンブールだったのがテンション上がった!
アヤソフィアとブルーモスクがあるあの街は、最強に美しいと思う。アヤソフィアの内側も見れて、美しくて、久しぶりに行った時のことを思い出せて嬉しかった。
最後の地下宮殿も。懐かし〜って。

ただ、イタリアの五百人の間?でも、地下宮殿でもあんな歴史的に大事なところでどうやってあんなド派手に撮影してるのか、気になった。笑
ネットフリックスで視聴。ダン・ブラウンの同名原作を映画化したミステリー(というよりスリラーだろうか…。)。同シリーズだと『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』は原作を読み映画も見たが,正直三作目の『ロスト・シンボル』に納得できず本作も読まずにいた。
独特の衒学的な謎解き要素に久しぶりに触れて,ああこれが見たかったんだよな,と思う反面,スピード感をもって展開される様々なキャラクターの思惑が絡んだストーリーで,謎解きがメインではないのだと思えたのが残念だった。
フィレンツェの町並みを使った映像も目には楽しくあったのだが,やはりあちこちの建築物や美術品を使った謎解きではない分薄く感じられた。
オチ等々は原作からかなり大胆な変更を加えているようで,ゾブリストやシエラといったキャラクターたちがなんとなく月並みに見えてしまった。確かによくまとまってはいるのだが。
今回はラングドン教授相棒ミスったねwww

インフェルノを起こす理由は理解は出来るけど大量殺人する必要はないのも正しいwww
>|