インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ラングドン教授シリーズも3作目だけあってこのパターンもあり。これまでよりストーリーは単線的で分かりやすいが、ラングドン教授がダンテのデスマスクを素手で触ったのはいかがか。シムズ強すぎ問題と含めて全体が良かった故に目立った。
やはりこのシリーズは、一度原作を読むか、ストーリーを下調べするか、2回鑑賞しないと、理解が難しい。
見終わってから、あーそうだったんだ と思うことが多すぎます。
イヘ

イヘの感想・評価

4.2
みかえすか〜
やなす

やなすの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

右往左往しながら推理するおっちゃん結構好きだったんだけどなら、途中までちょっとポンコツだったわ。
なんか太っちまったなぁ。時の流れを感じる。
好きな人の主張だからって人口を半分にするのを受け継ぐなんてなぁ。自分も理解できるってことなんだろうけど、それは一種の洗脳な気がする。
てか飲料水に避妊薬入れることを容認しろってめっちゃやばい奴やんwww
いくら自然のために人を減らしたいからって大富豪で天才でそれをやる力があるからって、人道に反することはしちゃダメだよ。
Yudai

Yudaiの感想・評価

2.7
他の方のレビューでもある通り、普通の分かりやすい作品になってきた感が。
よく分からんくらいの科学的な専門用語やら宗教的な背景が盛り沢山だった以前の作品の方が面白かったかな、、
紳士

紳士の感想・評価

2.8
一作目はやや難しいところがありましたが、2作目、3作目と「普通」の映画になりましたね。
かなり見やすいというか、普通のサスペンス映画です。

このレビューはネタバレを含みます

最後ウイルス入ってる袋が、ビニール袋にしか見えなくて、とまどった。

原作読んだはずだけれど、こんなだっけ?と思った。

いや、でも十分面白い!

ベンゾジアゼピン!
menomarori

menomaroriの感想・評価

2.5
政治的目的とか身代金の要求でもなく、ただ人口を減らしたいだけのバイオテロ。
こんな目的だったら謎かけとか24時間期限とかめんどくさい事せずに、人ごみでさっさとウィルスをばら撒いたらテロは成功するよな。
と物語が全く無駄になる身も蓋もない感想を持ってしまった。ゴメン
>|