インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

一緒に推理しながら観てはいるものの
ことごとく崩されていく。。。
美術品と推理は楽しい!

このレビューはネタバレを含みます

「オマール・シー=善人」という私の固定概念のお陰で、すごく良い裏切られかたをしました(笑)
追われて追っての2時間でした。今回もラングドン教授は謎の組織に狙われます。前2作と比べて宗教的な雰囲気は減ったような。ダンテ等についてほとんど知識がないのでどこまで理解できたかは疑問だけれど、面白かったです。ベネチア行ってみたい笑
かまど

かまどの感想・評価

3.8
豪華な作品でした

誰が味方で誰が敵なのかをドキドキしながらみさしてもらいました
ダンブラウンの作品は映画にするのが大変ですね
ヒロインが可愛くて良かった。あと顔が凄い小さくてビックリした。トムハンクスの顔が大きかったから横にたつと余計際立った。
Maqui

Maquiの感想・評価

3.9
教授自体が謎っていう、謎解きをしながら状況把握していき、さらに真実がわかっていくのが面白かった
話も壮大で映像もすごかったけど天使と悪魔のが好きだったかも
地下宮殿とても美しい。
ダン・ブラウンのファンなので
基本は原作派ですが
割と映画も良かったかなーと。
やっぱり映画になると
詳細端折りがち。
>|