インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

本当このシリーズ好きだわ。
miumiu

miumiuの感想・評価

3.7
シリーズ第3弾。
人類を滅ぼしかねない細菌をばら撒く陰謀に巻き込まれ、短期記憶を失いながら複数の追っ手から逃げるラングドン教授。

原作あるから仕方ないとはいえ、ウィルス感染モノはいろんな作品で見ているからか、新鮮味がないのが残念…
でも前2作と違いラングドンが記憶を失っているゆえの先が読めない展開、相変わらずのシンボルを読み解く力や教養で謎を解いていく様は面白かった。今回タッグを組むのはフェリシティ・ジョーンズ演じる女医。2人の逃亡劇も見もの。

3作続けて観たけど、同じシリーズを同じ監督が撮っているのに雰囲気がどれも違うのがすごい。
キャラクターとラストシーンの美しさでは『ダ・ヴィンチ・コード』が好き。スピーディーで見応えあるスリラーなら『天使と悪魔』、トム・ハンクスの熟練の演技と安定感なら今作かな…でした。
話がややこしすぎて、何となく
わかったような、わかってないような。
人類を減らしたい組織との闘いは理解!
WHOの行動抑止力がズバ抜けてるよ。
教授が考える謎ときは
一度観ただけでは、むむむ〜???
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.0
2018 46本目

怖いー
やはりこのシリーズは、一度原作を読むか、ストーリーを下調べするか、2回鑑賞しないと、理解が難しい。
見終わってから、あーそうだったんだ と思うことが多すぎます。
イヘ

イヘの感想・評価

4.2
みかえすか〜
やなす

やなすの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

右往左往しながら推理するおっちゃん結構好きだったんだけどなら、途中までちょっとポンコツだったわ。
なんか太っちまったなぁ。時の流れを感じる。
好きな人の主張だからって人口を半分にするのを受け継ぐなんてなぁ。自分も理解できるってことなんだろうけど、それは一種の洗脳な気がする。
てか飲料水に避妊薬入れることを容認しろってめっちゃやばい奴やんwww
いくら自然のために人を減らしたいからって大富豪で天才でそれをやる力があるからって、人道に反することはしちゃダメだよ。
>|