インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

Takuma

Takumaの感想・評価

4.0
今回は謎解きがちょっと減った気がするけど、終始ハラハラドキドキな場面が多くてあっという間の2時間だった。

他の作品に比べて宗教度合いも弱いので見やすい

毎度教授が色々説明してくれて芸術観光ツアーみたいになってるw
蟻子

蟻子の感想・評価

3.7
ダヴィンチ・コードが流行った当時、西洋美術とか中世とか大好きな世界観に見事にハマりました。小説も読んだ。その後色々映画を見るようになってトム・ハンクスを好きになりましたが、天使と悪魔も本作も見ないまま時は過ぎ…。

やはりこの世界観とても楽しいです。個人的にはフィレンツェは2回行ったことあったので、より楽しめました。
が、結構駆け足で話が進んでいくので勿体ない感じがします。地獄の描写とか謎解きをもっとじっくり見せてくれ…!!これも小説読みたいなぁ。

ラストもなんだかあっさり…あれ?結局共犯のおっさん出てこなかったよね…?なんで??死んだんだっけ??

天使と悪魔もNetflixで見れるようにならないかなと思うばかりですが、いやいや面倒がらずにTSUTAYAで借りなさいよ自分…。便利な時代で困る。
kei

keiの感想・評価

3.6
もう少し、歴史的要素がほしい人作。
さとう

さとうの感想・評価

3.3
女優さん綺麗
状況が少々伝わりにくくても、どんどん飛ばしてゆく爽快感。誰が見方で誰が敵?最後まで楽しめました。原作は「ダビンチ・コード」とかとは少し主旨が変わってきてますが・・・。
mashi

mashiの感想・評価

3.6
「ダ・ヴィンチコード」「天使と悪魔」鑑賞済み

冒頭のシーンで グロ系になってるって思ったが それのみで 以降は前作と雰囲気は同じ

安定感ある

やはり トム・ハンクスの演技は魅力的やな
かずま

かずまの感想・評価

4.0
イタリアに行くのが楽しみになった
こーゆう映画好き
>|