怪物はささやくの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.3
全体評価奮ってない話聞くけど面白くないシーンが見当たらない程に全くそんなことはなく『怪物はささやく』とてもとても見所沢山でシンプルに良かった。この系統はまったの久しぶり。劇中アニメーションとかセンスの氾濫ですよ。走馬灯駆け巡るような作品。
A Monster Calls

デルトロ映画をソフトにした感じ
水彩風のOPと怪物が語る物語のアニメの雰囲気がいい
ASMR的に音が心地よい映画
はま

はまの感想・評価

3.7
バヨナ監督〜〜〜〜好き〜〜〜〜


なかなかジャンル分けの難しい内容だったけど、”ダークファンタジー“なのかなぁ?ダークかぁ。うーん。
児童文学にしてはかなりダメージのでかい部類だと思います←

母親の死を若くして味わう子供はそんなにいないんじゃないかと思うんですが、今作の主人公のそんな体験を、同世代の子どもたちが文学的に理解できるのか…

私自身、彼の気持ち全部を共感してあげることはまだ難しいと思ってる部分もあるし、なんだか未来まで持ち越しそうな問題を抱えてしまった気がします。
「中学の課題図書」になった年の感想文が気になるわ…

木がお話ししてくれる内容自体かなり興味深いものがあったんですけど、特に映像面が感動するレベルだった…
水彩の質感を動画で再現してて、あの感触とか筆のタッチが大好きすぎてあの映像だけでもずっと観てたかった。ぐらい好き。

それがのちのち関係もしてくるし、細かいところ観るといろんな想像ができるし(この童話は誰が考えたのか?とか)、監督の中で一つの正解があるのかもしれないけど、自分で導き出すのが真実だよねって木が言ってた( ◠‿◠ )


『永遠のこどもたち』が好きなんですよ私は…ええ……。
おみの

おみのの感想・評価

3.8
そう、それが真実だ/それはまったく真実でない
哀しい 悲しい
その物語こそ真実
人生は “末永く複雑”
君と好きな人が
百年続きますように
shirase

shiraseの感想・評価

3.7
泣いてしまったよね、自分がずっと隠してるようなことってみんなあるやん 汚い狡い嫌な考えの上にセメントペタペタ塗り固めましたみたいなことするする
主人公の子の真実の話が見えた時に自分のそういう部分も暴かれた感でもそれが人ですからって〜〜幸せになろうよ〜〜
Yuzu

Yuzuの感想・評価

3.7
自分の中の善と悪の間で葛藤して矛盾を抱えて生きていくのが人間で、それが自然なこと。
暗くて切ないけど深い愛の話だった。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

4.2
素直に面白かった。

この映画のいいところは、
人間がもつ複雑性を、複雑な環境のもとで、
少年という複雑な視点から描いていながら、
それらが、見事にきれいに収まっているところ。

すばらしく、大小異なる歯車たちが、
巧みにひとつの物語を動かしているようであった。

人間って汚いんですよね。
自分の都合のいいように、
世界を見たり、見えてないフリしたり。
ほんとは自分が悪いのに、
自分を省みず、なにかのせいにしたり。

でもそういうところがあるから、
人間って美しいんですよね。
Risa

Risaの感想・評価

4.5
DVDにて鑑賞。
逃げ出せない苦しみと怖さを乗り越える。
怪物は愛だったのよ。
名演技に泣いてしまった。
>|