怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

試写会にて

基本のストーリーは王道でストレートだが、丁寧でよい。ラストなどではしっかり驚きも納得もあり面白い。

アニメがとても楽しい。あと、怪物が思ったより迫力あるガチのやつなのがよい。
aki

akiの感想・評価

4.0
騙されたと思って是非観て欲しい
何気なく借りた一本だったが心に響いた
Seiudinho

Seiudinhoの感想・評価

4.3
なんでこんなにも素直になるのって難しいんかな。
認めたらほんとに終わってしまう気がするってゆうのはすごい分かった。
5歳の時に父親が癌になって治ったら焼肉食べに行くって約束してたのに結局治らず目の前で亡くなった瞬間も一緒に居て。でも「焼肉行くってゆーたやん!ヤキニクー!ヤキニクー!」って一言も父親の死については言わずに焼肉についてだけ泣き叫んだん思い出した。
めっちゃあのシーン覚えてるけどなんであんな行動とったんか分からんかったんやけどたぶん受け止めきらんかったんやな。
怖かったんやなーと今頃気づく。
みんな怖くても素直になろうね。
自分の感情受け止めよーね。
したら現実受け入れられるよーな気がするよ。
とりあえずえー映画。あと絵が素敵。
予告を観た時にもっと怖い話かなと思ってたら意外に感動作でした。
子どもが母親に伝えられない本当の気持ち。
それはわかっていたのに、口にすることで全てが終わってしまうかも知れないというこわさ。

色彩の使い方が素晴らしいんだけど、内容的にはちょっとわかりにくい部分もあったかな。
ささやくどころか吠えてた気がする笑
物事はなんでもハッピーエンドではないということは分かるんだけど、母親との繋がりがイマイチわかりにくい。

リーアム・ニーソンの怪物役はピッタリでしたが、子役の子も表情豊かな素晴らしい演技でした。
たむら

たむらの感想・評価

4.0
自然とポロポロ泣いてしまった。リアルとファンタジーがうまく織り交ぜられていて言葉は悪いかもしれないけどある意味楽しみながらみることができたと思う。
しみじみ、泣けた。
アニメーションと音楽がよかった。
これぞ児童文学って感じ。
人生訓みたいな。

このレビューはネタバレを含みます


2017年「見よう見ようと思って結局見れなかった映画」ナンバー1でした
レンタル始まったのでTSUTAYAに走った

いやメチャメチャよかった。この映画、わたしは大好きです。

許しの物語でしたね。
コニーはかしこいから母親の病気が治らないことを察している。
でもお母さんのことは大好きなんですよ。

大好きだからこそ待つのがつらい。
もう終わらせたい。でもそれで、本当に自分は母親を好きと言えるのだろうか?
本当に母親を好きなら、最後まで諦めず寂しさに耐えるべきではないのか?
いつ終わるかわからない闘病を応援し続けなければいけないのでは?
という葛藤。

2つめの物語で「信念はどんなものよりも大切」
と言ったのはこの葛藤に対しての救済やったんやろうなって思います。
直後にコナーは「新しい治療がきっと効くと信じること」=「信念」
と解釈したみたいやったけど、それはたぶん違うくて。

「どんな感情を持っていたとしても、自分が母親を大好きであることは本物であると自信をもつこと」がここでいう「信念」なんやと思いました。

1のペテン師王子物語はおばあちゃんがいい人やねんでって話で3の透明人間の話はそのままでしたね。

ラストでコナーがリジーに抱かれて眠ることができてよかったです。
冒頭から、母親に起こされることなく自分で起きてご飯を食べて洗濯をして……家を出るときも母親は寝込んでいるから見送ってくれない。
これってこの歳の子にはすごいさみしいことじゃないですか?
まだまだ子供やのに、大人になることを要求されている。
夜、一緒に映画を見ても母親が寝落ちしてしまうし…
たいていの子供は「起きて!」って言ってそうな気がしますが、コナーはそこも我慢。
そんなこんなで我慢してきたけど最後は甘えて子供らしくできてよかったです。

あと回想シーンでリジーが「目は1番重要よ」みたいなこと言ってたけどこれ怪物の目も冒頭とラストで全然印象違ってましたよね。
最初赤くなかった?気のせいかな
最後はブラウンの目をまん丸にさせて親子を見守っていて、全然目が違うな〜っておもいました。
さとし

さとしの感想・評価

3.9
不遇な子供に対する人生訓をファンタジーでお伝えする作りではあるが、テーマは割りと大人。映像もしっかりしていて、ストーリーもしっかりしていて、オチもある。気づかせたい相手は大人なのかもしれない。w
Aka

Akaの感想・評価

3.6
もっとファンタジーものかと思っていたら。人間の醜さや優しさ、誰が悪くて誰が正しいとも言えない、人が一度は感じたことのある人生の複雑さが描かれています。
大体、良と悪の中間で皆生きてるんですよね。正解じゃないけど間違いでもない。そんなもの。改めて気づかされました。

最後に怪物が伝えてくれたことは、そんな正解の出ない人生において、少しだけでも希望を持てる選択肢なんじゃないかと思いました。
怪物のお話での描写は噂に聞いてましたが笑、確かに幻想的で好きな方はきっとすごく好きだろうなぁと思います。
クライマックスはとにかく泣きましたありがとうございました。

2018/01/22
>|