怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

試写会にて

基本のストーリーは王道でストレートだが、丁寧でよい。ラストなどではしっかり驚きも納得もあり面白い。

アニメがとても楽しい。あと、怪物が思ったより迫力あるガチのやつなのがよい。
RYO

RYOの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

重い!

いじめられっ子で母子家庭で、しかもその母親もガン?で治療中って設定盛りすぎじゃないですかね?

主人公の男の子は聡い子で内に全部溜め込んじゃう子だったけど、最後は本心で話すことが出来て良かった。
結局木は内なる自分自身って事で良かったのかな?

木が話していたように、大事なのはしがらみなんか考えずにどう行動するかと言うことを伝えたかったんだろうけど、それを語るには設定が重すぎるなぁ。
日本人なんか兎角そういう子が多そうだから、教材なんかにも使えそうだけど、見終わった後に少し鬱々とした気持ちが残るのが難点。

ただやっぱり最後には救いが欲しかったなぁ。。。
あずき

あずきの感想・評価

2.0
記録。
リーアム・ニーソンの声が素敵でした。
映画をレンタルするときには必ず大好きな胸糞系と素直に感動出来る浄化用を合わせるのですが、これは完全に後者としてレンタルしました。
しかしながら想像以上に難解で、正直途中寝落ちしてしまいました。笑
最近単純な映画を観過ぎなせいか、比喩表現が多いと理解が出来なくなってる気がします。

しかしながら、怪物の語る物語の描写がひたすら綺麗で、これだけでも観てよかったと言える程でした。
水彩画とCGアニメが混ざった様な表現でこのまま作られた映画を観てみたくなるほどでした。
Asa

Asaの感想・評価

3.0
モノを壊すシーンは苦手。魔法を使えるならまだしも…。
こめ

こめの感想・評価

4.1
怪物はささやく、っていう、怪物なのにリーアム・ニーソンの声で優し気にささやくの?みたいな、タイトルが、
この作品の中で語られた4つの物語と同じく、物事はそう簡単に勧善懲悪ではなく、複雑で、単純じゃないんだよーってのを誠実に表してて素敵。

CGのイラストレーションがとても温かみがあって素敵。でも3つめの話だけは映像無しで口頭で済ませたのも、もうこの少年の物語ですよ~って物語ってて好き。
お母さんの顔、どっかでみたことある~~って思ったらローグワンの!!!そりゃあ好きだわ!!と思った。あとイギリスの学生の服装かわいい。

部屋をめちゃくちゃにされたおばあちゃんの反応も好き。誰も少年に罰を与えようとしないのが罰になっている。主演の子の演技が素晴らしかったので今後また活躍してほしい。
この作者の冷静、というか客観性に優れたモノの見方が好きだったので、原作も読みたくなりました。

好きな台詞
孫の部屋に勝手に入って支度するばーちゃんに対して孫「何も触らないで」
ばーちゃん「精一杯努力するわ」
ひろむ

ひろむの感想・評価

4.0
映像もそうだけど、登場人物の心も綺麗。
絵の具の表現が素晴らしい。
内容としても、ダークファンタジーということで、人生良い事ばかりでないというのが良かった。
>|