怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

試写会にて

基本のストーリーは王道でストレートだが、丁寧でよい。ラストなどではしっかり驚きも納得もあり面白い。

アニメがとても楽しい。あと、怪物が思ったより迫力あるガチのやつなのがよい。
mimi3535

mimi3535の感想・評価

3.6
始まりはアニメ「BFG」に非常に似ているが、実際は、癒しの大木が姿を変えた怪物との交わりを通して、ある孤独な少年が抱えている大きなストレスを乗り越えていくという話。

怪物は一瞬怖いが、実際には愛に満ちていて、最後にその理由が明かされる仕組み。

子役の少年の演技がとても自然で、つい入り込んでしまう。余命僅かな母親への愛もずっしりと伝わってきて涙が出てくる。

うん、ダークファンタジー。
モンスターパニックものでは無いですよ。
ヒューマンドラマ。

ドリッピングで描かれる物語のシーンが美しい。音楽もいいと思う。

モンスターの声はリアムニーソン。で、写真でしか出てこないけど爺ちゃん役がリアムニーソン。わかりにくいけど、意味がある。気付かなくても全然大丈夫なんだけど、声の主がわかってるとまた味わい深くなるし、ちゃんと繋がる。

そういうの含め、家族愛に溢れる物語。
ラストのまとめ方も素敵。
とても悲しいファンタジー。母子にリンクする怪物の妄想。ちょっと思い描いていたものとは違いました。怪物の話す3つのストーリーと少年が話すラスト1つのストーリー。そこを結びつける物がもう少しわかりやすければ良かったかな?

それでももちろん楽しんで観ました。
てた

てたの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

主演の男の子、めっちゃいいなあ。この映画の中の男の子をバッチリ演じきってる。

映像美と舞台がすっごいいいなあってぼーっと見てた。
途中、2つ目の話辺りから少しずつ引き込まれてしまった。

要愛情に飢えた子供の、特に、大事な母親の死期が近いことに対する不安から想像の中で幼い頃の母との思い出を現実化させて対話するっていう話。
すべての話はおそらく、少年がイメージする自信の周りの出来事。怪物はまさに囁いているかのように、彼の気持ちを代弁しつつ、徐々に彼自身に自覚させるようになっていったあたり、彼の潜在的な人格の抑圧されたイメージだったのかな???(なんか違うかも?)

暴れたり同級生に暴力を振るったりしたあたり、片親教育の問題が…とか安易に思ってしまったわけなんだけども、思春期特有の衝動が不安に合わさってしまった結果だよな。って思ったりしたら、周りの大人による『叱って何になるのか。』という言葉はとてもいいものだなあって。教育って言うことの考え方がそもそも違うんだろうね〜。
感覚的にはブレイブストーリーが近いかな。
単純だけど複雑な映画。
心が洗われた。
ゆっち

ゆっちの感想・評価

3.2
期待せずに観たら号泣
怪物は子供の空想なのか母親の空想なのか。
子役の演技力やばすぎ
怪物の声リーアムニーソンやばすぎ
母ちゃん美人すぎ
レンタルAmazonビデオ
ダークファンタジー大好き人間なので見てみた。雰囲気それっぽかったし。
しかしながらそこまで響かなかった。というより引き込まれなかった。
最後まで観れたはみれたけども。
>|