怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

RIKE

RIKEの感想・評価

-
子供が大人になるための話
すんま

すんまの感想・評価

3.8
どの物語の結末も理解できてしまった。子どもの彼が抱えるいるのは、怪物がいう誰しも持ちうる“矛盾”。人間には善と悪があり、嫌われ者でも正しいこともあり、孤独を恐れても孤独になることもある…物語を通じて彼が理解していく矛盾は、人間にとって当たり前のもの。自分の中にある矛盾から目を逸らしていた彼が、真実を話したときようやく前へ進める。お母さんとの会話が泣けた。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
グッとくる言葉が集約されたいいお話。
アリサ

アリサの感想・評価

3.5
良かったし、グッとくる話なんだけど怪物のビジュアルはパンズラビリンスの方がすぎ
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.5
子役の男の子、ユニークで印象的な顔立ちと雰囲気でこの作品の主人公としてハマリ役だと思う。

病気の母親、厳しい祖母、遠く離れて暮らす父親との関係、そして学校でのつらいいじめ。
多感な少年にとってほんとにヘビーな環境。
夢みること。空想すること。
大木の怪物は自分の心を守る為に必要だったんだね。
そして夢だけど、夢じゃなかった。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全ては少年の物語
罰はないのか、とはそういうことか
TwO

TwOの感想・評価

4.1
記録
いたる

いたるの感想・評価

3.9
いわゆる
介護疲れにも通ずる内容
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.0
少年と対話する怪物。

映画で語られる童話と、学校生活、不仲な祖母、薄情な父親、病気の母親。


少年の孤独さが切なかった。
>|