怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

RIKE

RIKEの感想・評価

-
子供が大人になるための話
難病の母親と暮らすいじめられっ子の少年コナーはある日、大きな気の怪物と出会う。彼は《3つの物語》を語ったあと少年に《4つ目の物語》を話せといい…。
イギリスのダークファンタジー小説を映画化。GotGのグルートを100倍凶悪にしたような木の化け物との交流を通して成長していく少年を現実と幻想を織り交ぜて鮮やかに描き出す。
ほいみ

ほいみの感想・評価

4.0
パンズ・ラビリンスの
スタッフが贈るって
書いてたから、また
トラウマ植え付けられるのかと
思ったら、

めちゃくちゃいい話だった。

久しぶりに号泣。

コナーと自分の幼少期を
重ねて、意地悪ばあさんに
面倒見られる肩身の狭さとか
すごく伝わってきた。

コナー役の子の演技ハンパない。

所々入るダークなアニメーションも
すごく好きでよかった。


マザコンは号泣すること
間違いなし!
Lifelog

Lifelogの感想・評価

4.5
切なくも、優しく背中を押してくれるような物語。
愛情は、色々な形となって表れる。分かりやすいものもあれば、恐ろしい怪物の形をしている場合もある。
そういう視点で見れば、登場人物が、皆、様々な形で、その人なりの愛を主人公に注いでいるのだ、と思えて胸が暖かく満たされる。
優しい涙があふれた。
やなぎ

やなぎの感想・評価

4.2
映像が凄く綺麗。

コナーが真実を告げた時に泣いてしまって、1度落ち着いたけど、最後のリジーの表情とエンディングでまた泣けた。

ただのファンタジーじゃなくて、色々と考えてしまう映画。
natsu

natsuの感想・評価

4.2
ずっと見たかったやーつー
メッセージ性の塊だった
主人公のように大人と子供のあいだの年代が見たら絶対にいい

主人公の子役の演技がすごく良かったんだなーグリーンバックで演技してるとは思えない
海外の子役のレベル高〜
ガンバレ日本!

パンズラビリンスのスタッフが制作してるだけあって雰囲気が似てる。アニメーションとか、すんなりファンタジーに切り替わるところとか。。。
比較される『パンズ・ラビリンス』に比べると解釈の幅が狭く感じられる。劇中の怪物を見たままの現実として捉える人はそんなにいないと思う。何かしらの隠喩を見出すべきであるが、これが素直すぎる。怪物の話す物語から得る教訓は自分で分かりやすく説明してくれてて、最後に少年が到達する真実も素直に映画を見ているのならば大体想像通り。途中まで考え事をしながら見ていたのにほとんど置いて行かれなかったのは拍子抜け。

とは言っても、傷つき迷える子供の心理セラピーとして見れば色々こみ上げてくる。私も冷血なサイコパスを気取るような歳ではないので、よほど酷い話でなければこういう映画には弱いです。母親が何を見ていたのかには解釈の余地があって、これ次第で映画の見え方が大きく変わり得る。人によってはとても素晴らしい映画だと思う。

最近ではオチ担当にされているシガニー・ウィーバーが久しぶりに至極真っ当な役で、声の出演であるリーアム・ニーソンもブライアンミルズ系統ではない。ジャンル映画に置ける両人の扱いに辟易している人たちにもおススメだ。
パッケージアート通りの、ダーク・ファンタジー…とだけは言い切れない。
物凄く豊かで、メッセージは多義的で、それ故にすんなりとは理解出来ない感じです。

いじめられっ子で内向的な背の小さな男の子。一人でイラストや創作に没頭するのは、大好きなお母さんの影響です。お母さんは、身体が良くない。とても良くない。元の父さんや口うるさいお婆ちゃんは、その事に向けての心構えをしているようなのだけど、少年だけはお母さんは良くなるのだと言い張り、譲りません。…ある晩、お家の裏にある教会から大きな木の怪物がやって来て、少年に物語を話して聴かせます。そして、「今日の話とあと2つ、物語を聴かせる。4つ目の物語はお前が作るんだ(CV:リーアム・ニーソン!)」と言い残し、元の教会の巨木の姿に戻ってしまいます…。

母との大切な時間、周囲との軋轢、想像の世界への逃避など、ナイーブな少年の日常の描写を軸に、巨人の語る物語が要所要所で挿入されます。物語はそれぞれが何らかの気付きを促す為の物には違いないのですが、それを受けての少年の行動が、毎回(少なくとも短期的には)状況を悪化させるかのように働くのがとても意外です。…というか、自分は今でもその流れがすっきりとは理解出来てなくて、というのも巨人の語る物語が全て、「物事は両義的である」「この観点から見ると〜でもある」「本当は事実は逆だったのだ」みたいな話ばっかりなので、真意が読み取りにくいのです…。
3つの物語が、少年にとって何の心構えとして必要なのか?自ら新しい物語を作る意味とは?を考えれば、自ずと何を言いたいのかは分かる筈で、それらは例えば今の自分にこそ必要な問いかけであるには違いないのですが、目下現実逃避が行き過ぎて胎児くらいの理解力しかない自分の頭では、碌に咀嚼出来ないのです…。
子供のための映画で有ると同時に、そのご両親のための映画でも有ると思います。例えば、大人だけで先に観て理解を深めた上で、改めて親子で観たりするのが良いかもしらんです。質問責めにあうかもしれないので…。
物憂げでちょっとゴシックなムードも有り、夢と現の狭間みたいな特殊効果も良い感じなのですが、なんといっても怪物の語る物語の描写が魅力的!語彙不足で表現出来ませんが、まるで手製の絵本に魂が宿り動き出した様で、製作者の愛に満ちていて、本当に素晴らしい!もし邦画だったらデジタル丸出しでチョチョイのチョイって感じだと思いますよ。映画全体がなんとなくピー・ジャクとかデルトロっぽい質感だなぁと思ったら、デルトロ組の製作みたいで大納得です。
精神的な奥行きがとても深く取ってある、本当に豊かな作品です。その為、一度だけの鑑賞では全てを理解するのは難しいかもしれません。自分も時間を置いて何度か観直すつもりです。という事で、スコアは暫定で、本当はもっともっと良い映画なのかもしれません。自分には、巨人の語る物語がきっと必要なのです。
因みに主人公のちびっこが、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが拗ねてるみたいでヒクツ可愛いですよ!
>|