怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.3
全体評価奮ってない話聞くけど面白くないシーンが見当たらない程に全くそんなことはなく『怪物はささやく』とてもとても見所沢山でシンプルに良かった。この系統はまったの久しぶり。劇中アニメーションとかセンスの氾濫ですよ。走馬灯駆け巡るような作品。
かなで

かなでの感想・評価

3.5
いい人も悪い人もでてこない。
コナー幸せになって、、、。
泣いちゃうシーンもあったけど1ヶ月したら
忘れちゃいそうな映画やった。
みー

みーの感想・評価

3.0
少し難しかった
ガーコ

ガーコの感想・評価

4.5
ずっと観たかった映画の一つ。

大好きな母親の死に直面する少年の悲しみと成長の物語。

夜中に現れる家の前のイチイの木の怪物から、3つの物語を聞かされることになった少年。

母親のことで頭がいっぱいの少年の前に、なぜ怪物は現れたのでしょうか?

少年の気持ちが少しずつ整理されつつ、情緒不安定になる様子に、見ていてゾワゾワさせられました。

大好きな母親の死があまりに悲しすぎで受け止めきれない少年…。

悲しい気持ちが抑えられない状況に、怪物の語る物語はどんな影響を与えたのか?

悲しいことも辛いことも受け止めつつ、これから先の人生は、勇気を手にして生きてほしいです!

フェリシティジョーンズさんの素敵なお母さん姿に心奪われました。

まるで本当の親子のように素敵な関係。

病気でやつれる姿は本当に大丈夫?と心配したくなるほど、圧巻の演技でした!

彼女の今後の活躍に期待したいです!
MossMiLL

MossMiLLの感想・評価

2.0
うーん
感動する人はいるんだろうけど
テンプレート感がぬぐえず終始微妙でした
児童文学ってこんなもの?
mochiz

mochizの感想・評価

2.8
主演の演技に泣かされた…
電球

電球の感想・評価

3.5
原作読んでたのに号泣。主人公役の子、ほんと顔が美しい。まつげが長い。幼馴染の女の子は不在。結構キーパーソンだと思うんだけど、なんで削ったのかな?原作とラストが違うけど、これもこれでグッド👍
prado

pradoの感想・評価

3.0
映像は綺麗で雰囲気も好きですが、ストレートに心に響かなかったです。個人的にはもっと分かり易い映画の方が好みです。
>|