怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.3
全体評価奮ってない話聞くけど面白くないシーンが見当たらない程に全くそんなことはなく『怪物はささやく』とてもとても見所沢山でシンプルに良かった。この系統はまったの久しぶり。劇中アニメーションとかセンスの氾濫ですよ。走馬灯駆け巡るような作品。
確かに泣いたけど、色々と誤魔化されてる気がして、ツッコミはじめたら止まらなかった。主人公のセクシュアリティはもう少し踏み込むべきだったと思う。ここでのリーアム・ニーソンはちがう。
きく

きくの感想・評価

5.0
心が痛くなる。
怪物は誰のところにでも現れて、存在する。そして、乗り越えられる。
taro2015

taro2015の感想・評価

3.8
教訓が語られる良い映画。
ひば

ひばの感想・評価

4.5
12時7分に突然現れた怪物が語った3つの物語と試練。「手遅れになる前に、真実を語れ」 物事は多くの側面を持つ。狂おしい程の感情を誰もが孕むように人間が複雑にできているのは、誰もがその怪物に立ち向かい、自分自身を守るためだ。世の中は矛盾だらけ、それでいい。
泣きすぎて顔色が変わった。
雰囲気が最高
本編で泣きそうなのこらえたのにスタッフロールの曲でとどめをさされた。
2017/6/9/金 鑑賞
qwert

qwertの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

心の拠り所となるべきはずの大人
そして学校でも
常に孤独と隣合わせの少年
感情の吐きだし口のない彼の心の葛藤を描写し
成長する姿が描かれている。
物語で登場する水彩画のイラストが
とても素敵だった。


◇◇備忘録・あらすじ引用◇◇
母親が重病に侵されている13歳の少年コナーは、毎晩悪夢にうなされていた。ある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?
さや

さやの感想・評価

3.0
2017/6(日忘れ)
パンズラビリンスを前面に出して宣伝していたので興味湧いて見に行ったのだけど
好きじゃない方向だった
>|