怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.3
全体評価奮ってない話聞くけど面白くないシーンが見当たらない程に全くそんなことはなく『怪物はささやく』とてもとても見所沢山でシンプルに良かった。この系統はまったの久しぶり。劇中アニメーションとかセンスの氾濫ですよ。走馬灯駆け巡るような作品。
ぬた

ぬたの感想・評価

2.5
映像はきれい。内容はなんか教訓めいててあんまり…
UTAMETAL

UTAMETALの感想・評価

3.8
現実と空想の世界観がとても良く表現されている怪物が話す3つの物語も良かった。主人公の男の子の演技は素晴らしい、怪物が意外にもいい奴だったな!
まず本で読んで泣いて映画見て泣いた
とりあえず原作読んでほしい
ジワジワ
m

mの感想・評価

3.9
非現実的な世界と現実とが
交錯して意外と深く悲しいお話。
観終わった後考えてしまう感じ
コナー役の子は初出演にしては
目で伝わる心の葛藤や変化など
本当にいい演技してました
フェリシティジョーンズも
本当の病人にみえた、すごい
リーアムニーソンの怪物の声もいい
KIHO

KIHOの感想・評価

3.0
やっと見れました!有名キャストが出演する個性的な映像のダークファンタジー。と言いたいところだったのですが、映像は個性的、、、とは言いがたいかもしれません。確かに個性的な映像なのですが、「どこかで見たいわゆる個性的な映像」のような印象。初めて出会う映像への驚きのようなものは味わえないかもしれません。

ちなみに原作小説は未読ですが、有名な小説のようで自分が初めて教壇に立った年に中学校の読書感想文の課題図書になっていました。

「パンズラビリンス」のスタッフが送る。という触れ込みの映画で、確かに厳しい現実とおとぎ話が交差するようなストーリーは「パンズラビリンス」と酷似したものがあり、「パンズラビリンス」の男の子版とも言えます。オフェリアの抱える問題がスペイン内戦であったのに対し、この作品の主人公の男の子の抱える問題は病気の母親。ダークファンタジー的要素もオフェリアの場合は3つの試練でしたが、本作ではほぼ少年の空想の巨人のみで全体的にこじんまりとしているけど、より身近なダークファンタジーとなっています。

ストーリーについて、怪物と少年の「3つお話を聞いて、最後の1つは主人公がしないといけない」という設定は興味を惹かれるのですが、その設定を十分生かしきれていないように感じました。最も気になったのはクライマックス。この物語の謎解き部分とも言える、3つのお話とはなんだったのか?4つ目に話さないといけないことはなんだったのか?そもそも怪物が主人公に近づいてきたのはなんのためだったのか?その真実がセリフで簡単に明かされるだけで、雑な感じがしました。

感涙のダークファンタジーと言われているけれど、雰囲気を楽しむ映画??
NANA

NANAの感想・評価

3.8
子どもというには大きくて、大人というには幼すぎる、狭間で生きようとする少年の物語は、激しくも悲しく、恐ろしいことにある程度真実で、大人になってしまった者たちへのファンタジー作品だなあと思いました。怪物がロードオブザリング第二部を思い出してしまいました(笑)

2018-01-4-04
vanilla

vanillaの感想・評価

4.5
この挿絵好き!!ハリーポッターと同じ人!!
教訓系絵本好きのファンタジー育ちにはたまりませんね
主人公の強いあどけない斜視が染谷将太みたいでミステリアス。有望子役。
余命わずかな母をもつ少年コナーの複雑な感情をダークなファンタジーとして丁寧に語ることで映画後半にコナーの悩みと葛藤が一気に表出していく様は震えますねぇ。
原作にはないラストの味付けは、コナーと母との物語がそこにあったことを強く印象付けさせてくれて余韻が心地いい。
>|