怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

そりゃ
当然
号泣じじー

特に

「罰は無し?」
「罰してなんになる」

ここ
ここ
ここ

アニメーションが秀逸!
nait

naitの感想・評価

3.7
オトナというには小さすぎ、
子供というには大きすぎ、
そんな少年が辿る旅。

切ないお話でありましたが、
そういうことだったのかと解るまでの過程がさ…。
謎めかし過ぎていて、途中寝てしまった。展開がかなり早い段階で見えてしまうので、見せ方の問題なのかなぁ。

でもこういう題材でCGIは力を発揮するんだな。おそらく10年程度前だと嘘くさくなっちゃう絵面に
説得力を持たせるだけの技術はあったと思う。
そのCGIで描かれる怪物役は名優リーアム・ニーソン。
彼がほんの一瞬、写るシーンがありますが、うまい使い方。
赤足

赤足の感想・評価

3.7
「ジュラシックワールド 炎の王国」である意味、予想の斜め上を行く展開で度肝を抜かせてくれたJ・A・バヨナ監督の作品。

毎晩悪夢にうなされるコナーある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現われ「おまえに三つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら、おまえが四つめの物語を話すのだ。」と告げ、それを境に怪物は夜な夜な現れるようになる。。。

闘病生活の母の病気の悪化、学校でのイジメや孤立etc.かなり重たいテーマを描いた作品であり、そんな現実逃避したいであろう渦中にいるコナーの元現れた怪物はコニーにしか見えず。最初はおどろおどろしいと思えたのだがハテ•́ω•̀)?どこかで見たような姿...!そう、見れば見るほど「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」に登場するグルートをかなりビッグサイズにしたかのような、造形とビジュアルなのだ(笑)怪物が3つの物語を語った後に伴う悲痛な現実やなんかは、コナーにとって試練的なもので、かなり重く苦しく普通なら憎まれるキャラなのであろうが、次第にコニーと心を通わせてく描写でいい奴に見てえてきてしまうから不思議である(笑)

怪物が3つの物語を語り終えた後に訪れる。最後の審判とコニーが語る4つ目の真実の物語。点と点が繋がり線となって、全てが解き放たれる瞬間は誰にでも重なるようで、静かに胸に染み込んでくるだろう。"怪物"という異物はある種のキーパーソンと物語の案内人でもあり、怪物から少年へもたらされる意味は本作の魅力を最大限に引き出しているとも感じ取れ、重いテーマの中でも、光あるラストは印象的であり大人への一歩を踏み出す少年の心の成長の物語と、母から息子への愛も説いてくれるようにも感じさせ、映画を見終わった後は原作も是非とも読んで見ようかと思わせてくれる傑作であった。
Haru

Haruの感想・評価

4.5
目の前のこと、そして自分の心に
優しさを持って
誠実に
ひとつひとつ。
眉毛

眉毛の感想・評価

4.5
すっごい泣いた
すっごい綺麗でだけど人間の弱さをそのまま描いていてその弱さや高慢さを受け入れさせるような

リーアムニーソンが声を演じる怪物がとても温かかった、声が素敵なところも好き…
ゆう

ゆうの感想・評価

3.3
映像の切り替わりがきれい。
wm

wmの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

誰もが大人になるのに必要な事を教えてくれる
はるも

はるもの感想・評価

3.5
コナーが真実を話せてよかった。温かい世界だ…
IO

IOの感想・評価

5.0
ぐっと引き込まれて、涙腺崩壊
Nico

Nicoの感想・評価

4.0
幼くして母親を失うと言う現実。
ある意味、怪物は少年に優しく囁いていたのかもしれない。
>|