怪物はささやくの作品情報・感想・評価

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

そりゃ
当然
号泣じじー

特に

「罰は無し?」
「罰してなんになる」

ここ
ここ
ここ

アニメーションが秀逸!
じ

じの感想・評価

4.2
号泣
“真実を話せ!”
モカ

モカの感想・評価

4.5
最後、号泣しました
映画で泣いたの久しぶりで、母親を大切にしようって思いました
愛は辛い、生きてるなあ
信念こそ治癒力、がん患者や家族の多くがこれに支えられている。
子供は子供でいろいろ考えてわかってるんだなぁと、てもグリーフケアが大切。この映画では怪物であったり、絵であったり、人であったり様々。
何を考えるかより、どう行動するか。
そんな中で自分のことを考えるのは当たり前、でもそこに罪の意識を抱くから苦しい。
2筋の 涙が静かに流れました。
少年が癌に侵された母親を看取るために精神的に自立するまでのお話。

大きな起伏のある映像ではないけれど、自然と引き込まれてあっという間のお話だった。

幼い息子のために気丈に振舞う母親。
真実を知っているけど、認めたくないために現実から目を逸らす息子。
最愛の娘の弱っていく姿を見つめながら、孫を守らなければならない祖母。
三者のそれぞれの心のけじめを描いていたと思う。

久々に静かに泣ける、でも最後は穏やかな気持ちになれる良作。

リーアムおじさまの渋い声も良い。

このレビューはネタバレを含みます

哲学チックファンタジー、オープニングの映像や水彩画を描くシーンがとても好きだった、悲しみとの向き合い方とは?って考えることになった
>|