怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

伊緒

伊緒の感想・評価

3.5
孤独な少年が大きな壁を超えるまでのお話。フェリシティジョーンズがガリガリに痩せてて悲壮感いっぱいだったのが印象的でした。
予告を見て気になったので。怪物のグラフィックがとても良かったです。話はちょっと難しかったかな〜、、怪物が物語を語るシーンも含めて映像で楽しんでしまいました。
ぺぺ

ぺぺの感想・評価

-
幻想的だった。いろんな事を考えた。少年の心の葛藤みたいなものを、不安を、生きる事を、想像の世界で表している。考えうる可能な事態とは、事実の並び替えであるから、少年の体に流れる事実の数々がこんな風に並べ替えられるのかと、少年の幻想性に惹かれた。興味のある人の頭の中が見てみたい。言動、行動、仕草ひとつ取っても、バックグラウンドには海くらい深淵な経験があるし、それらの並び替えである想像が、頭の中に流れていると思うと、踏み入ることのできない、世界を各個人が持っているということと、それ故に決して理解することのできないその人への興味が尽きないなと思った。考えることじゃない。行動することだ。
Hawlucha

Hawluchaの感想・評価

3.0
イマジナリーフレンドの話かと思ったら、ちょっと違った。
M

Mの感想・評価

3.7
現実から目を背けずに本当の想いを伝えよう
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.5
大切な事を教えてもらいました。
心が温かくなりました。

映画との出会いって運命かも?!て思う時あります。自分が無意識に欲しかった言葉、背中を押してもらいたい、一緒に悲しんで欲しい‥、今の自分に今足りないない穴を埋めて欲しい‥。

今日はそんな映画と出会えました。
一個の事柄に対して思う事って1つじゃないから、隠したくなる人に言えない考えが過ぎる時もある。
つばき

つばきの感想・評価

4.2
じーんとする映画でした。

主人公コナーの心が怪物を通して上手く描写されていた。

最後も暗くなる感じではなく、少し和ませてくれる。

イチイの木の表情もよく描かれていて、泣けてきます。


イギリスの風景、音楽もとても感慨深い感じになってました
すず

すずの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

真実ってこんなしんどいんだなっておもった。
待つのがつらくて、僕が手を放したっていうところつらすぎ。
でも、僕がママを殺したっていったのにたいして怪物がそれは違うっていっててグッときた。
人間って複雑で矛盾だらけなんだね。
透明人間のやつなんかすごいぐさってきた。

ママも昔怪物にあってたんだね。
ママの気持ちを怪物が代弁してくれてたんだね。
末永く幸せじゃなくて末永く複雑。なるほど。

お父さんと教師がコナーにいう罰して何になる?っていうセリフはなにかの伏線的なものだと思ってたけど違うのかな?
お前のやったことは悪いことだけどそれを行うにあたっての過程で否定できない、むしろ理解することが多くあるからってこと?その状況がママを愛してるけどいなくなって楽になりたいっていうコナーに人間なんてそんなもんだって怪物が慰めるところと繋がってるってこと?
ここ気になる。

エンドロールの歌良い。
>|