怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

あんまりハマらなかった
なんで主人公の男の子に感情移入出来なかったか自分でもわからない。
お母さんが亡くなったシーンよりも、帰ってきて孫に自分の家滅茶苦茶にされたおばあちゃんに共感して泣きそうだった。
大事なもの壊されて、それでも孫の部屋用意してあげてた優しさや責任感に感動。
真

真の感想・評価

3.7
最後まで見て良かった

目を背けたくなるような困難な現実に直面した幼い少年とグルートみたいな怪物
重病に侵されている母親を持つ13歳のコナー( ルイス・マクドゥーガル )は居場所を無くし悪夢を見る日々を過ごしている。ある日巨大な木の怪物が現れコナーに物語を聞かせ、またコナーに物語を語るように告げる。

暗い雰囲気でありながらメインストーリーはコナーの成長を描いているところが気に入りました。怪物が語るストーリーは考えさせられる内容でコナーの行動が描かれ心を悟る、全体的なストーリーがとても素敵だと思います。

ダークファンタジーということで基本的に寂しくて薄暗い雰囲気で進む映画です。効果音はありますが音楽は小さめかほとんど流れずに物語が進んでいくので、ファンタジーでありながらリアルな雰囲気を感じます。

そして、映像がかなりすごかったです。違和感を全く感じないCG、絵を描いている時や様々な構図と物語を語る時の水彩アニメーションがとても美しいです。部屋のイラストなどの小物や家具なども素敵で気に入りました。

ファンタジーが好きで暗い心と向き合うストーリーも好きなので、また何度か観たい作品です。水彩アニメーションの物語だけでも観たいです。
YES300D

YES300Dの感想・評価

-
2019年 81本目
imo

imoの感想・評価

1.0
最後まで見た自分を褒めてやりたい。
やること考えること幼稚でイライラした。
nekoneko

nekonekoの感想・評価

3.5
ジャケットに惹かれてレンタルしたけれど
自分も子どもに戻ったように引き込まれたファンタジー作品

このレビューはネタバレを含みます

12時7分の意味がわかった時泣いた。

コナーくんが素晴らしすぎる。
本当の気持ちを口に出すのって難しい。

お母さん役の人がどんどん痩せていってすごいと思った。

って書いてたら12時7分んんん!
Sarry

Sarryの感想・評価

3.7
とりあえず泣いた。
自分が無力すぎてどうにもならないことから、目を背けたくなるし、そうしてしまうことってある。でも自分の信念をもって、大切なことには向き合って行動していかないと本当に後悔するんだなって思った。
同じような出来事があったから重ね合わさって心に響くものがあった。
予告を見て気になったので。怪物のグラフィックがとても良かったです。話はちょっと難しかったかな〜、、怪物が物語を語るシーンも含めて映像で楽しんでしまいました。
ぺぺ

ぺぺの感想・評価

-
幻想的だった。いろんな事を考えた。少年の心の葛藤みたいなものを、不安を、生きる事を、想像の世界で表している。考えうる可能な事態とは、事実の並び替えであるから、少年の体に流れる事実の数々がこんな風に並べ替えられるのかと、少年の幻想性に惹かれた。興味のある人の頭の中が見てみたい。言動、行動、仕草ひとつ取っても、バックグラウンドには海くらい深淵な経験があるし、それらの並び替えである想像が、頭の中に流れていると思うと、踏み入ることのできない、世界を各個人が持っているということと、それ故に決して理解することのできないその人への興味が尽きないなと思った。考えることじゃない。行動することだ。
>|