怪物はささやくの作品情報・感想・評価

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

ぺぺ

ぺぺの感想・評価

-
幻想的だった。いろんな事を考えた。少年の心の葛藤みたいなものを、不安を、生きる事を、想像の世界で表している。考えうる可能な事態とは、事実の並び替えであるから、少年の体に流れる事実の数々がこんな風に並べ替えられるのかと、少年の幻想性に惹かれた。興味のある人の頭の中が見てみたい。言動、行動、仕草ひとつ取っても、バックグラウンドには海くらい深淵な経験があるし、それらの並び替えである想像が、頭の中に流れていると思うと、踏み入ることのできない、世界を各個人が持っているということと、それ故に決して理解することのできないその人への興味が尽きないなと思った。考えることじゃない。行動することだ。
sono

sonoの感想・評価

3.8
自分の本当の気持ちに向き合ってく事がいかに難しくて辛いものなのかよく分かる。
おてつ

おてつの感想・評価

3.6
自分の気持ちや本当の自分を隠すって誰にだってある…。けど、本当の自分を見せるって怖いよね。
郭公

郭公の感想・評価

3.8
病を抱えた母親と暮らす少年コナー。
日々母親の病状が悪化していく中で、コナーは繰り返し同じ悪夢を見る。
そして12時7分、彼の前に怪物は現れ、物語を語り始める。

主人公は少年だけど、大人が観て楽しめるおとぎ話で、母子の愛の物語だった。
なんでも善悪があって白黒つけられれば簡単だけど、実際の世界はそうじゃない。
人の心もいつも矛盾を抱えていて、ただ大事なのは真実を話す事。
遣る瀬無さに、何かを壊したくなる破壊衝動も、辛い現実に耐えられない弱さも、許す母の愛。
怪物はきっとその具現だったのかもしれない。
見終わって優しい気持ちになれた。
Keiko

Keikoの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

どう説明したらいいのかわからない。
よく出来た映画だと思う。演出もいい。
だけど、私はこの映画を理性で見ることはできない。感想と言える感想も出てこない。

私の映画かと思った。
ファンタジーだけど、私の記憶と同じ光景があまりにも多すぎて、どんな映画よりも現実的だった。

最初、コナーの母は精神病なのかと思った。だけど、髪型とウィッグですぐに違うと気づいた。抗がん剤治療は髪の毛が抜けるだけじゃなく、精神を弱らせていく。
母を失ったあとの話は避けて通りたい。でも避けられない。うちも、祖母と父親のどちらが私を引き取るのかで揉めた。
私も物に八つ当たりして、色んな物を壊しまくった。
私も逃げていた。10年以上経って成人した今もなお逃げ続けているのだから、コナーは強い子だと思う。

最近家の片付けをした時に、母の描いた絵がたくさん出てきた。私の母もコナーのママと同じように絵を描くのが好きな人で、芸大の教員をしていた。母の夢は絵本作家だった。私も小さい頃はたくさん絵を描いていたけど、大人になって描くのをやめた。
実写とアニメとCGと上手く組み合わさった良い寓話だった。


善か悪か?白か黒か?YesかNoか?世の中の全ての事柄がどちらか一方にハッキリしてくれればこんなにわかりやすいことはない。でも残念ながら世の中は複雑だ。良いことあれば悪いこともあって、あいつの性格にも良いところがあれば悪いところもある。自分の気持ちにしても感情は複雑で自分ですら感情を上手く表せないことさえある。そしてただでさえ複雑な感情を「言葉」はより複雑化させていく。結果わからないものはよりわからなくなり混乱の極みに至る。そんな時ふと立ち止まってみる。自分を見つめて自分を知って、自分の素直な思いをそのまま言葉にしてみる。複雑に絡み合った感情の糸はいくらかほぐれるかもしれない。
10be1130

10be1130の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いい子でいる必要なんかないよボーイ…


現実と空想が入り混じってより現実的だった
4genji

4genjiの感想・評価

4.0
破壊行為や暴力行為は、誰かを傷つけるためじゃなく、自分を癒やすためなんだ。現実に向き合うための過程。衝動の前には、それぞれの物語があるんだ。

善意と悪意、善人と悪人。信念、妥協、私利。こんなに直接的に現実を突きつけてくるファンタジー。善玉も悪玉もいない。弱くても自分。ずるくても自分。ありのままで。レリゴー。


物語にはエンディングがあるけど、現実は地続き。「悲しい出来事に出会いが勝つ(ひよっこ)」瞬間に向かって、今の未熟な弱くてずるい自分を受け入れながら、許しながら、未来を生きるしかないんだ。
>|