怪物はささやくの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

怪物はささやく2016年製作の映画)

A Monster Calls

上映日:2017年06月09日

製作国:

3.8

あらすじ

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようにな…

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化! 孤独な少年と怪物の〈魂の駆け引き〉を描く、感涙のダークファンタジー!母親(フェリシティ・ジョーンズ)が癌におかされた13歳の少年・コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を送っていた。そんな折、真夜中を過ぎると彼の元に、「真実を語れ」と木の姿をした怪物(声:リーアム・ニーソン)が現れるようになる。これは夢なのか現実なのか?怪物の正体は?そして、少年が最後まで語ることを恐れる真実とは―?

「怪物はささやく」に投稿された感想・評価

koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.5
子供のあるある心の葛藤?みたいな感じです。
ちょっと可哀想な。
リーアム・ニーソン声と写真のみ。

怪物が出てくることによって
なんか逆に話がややこしくなってた
ように思った
そもそも〜!
やすこ

やすこの感想・評価

3.7
体裁や周りの大人の無用な気遣い。偏見。罪悪感。全部吐き出してやっと、最後に出てきた、素直な「行かないで」という言葉。
子供は大人が思うより繊細で、賢いと思う。
悲しい出来事に直面した時はつらい。
でも本当につらいのは、これから訪れるだろう悲しみ、それが少しずつこちらに近づいている…それを感じながらじっと待つことなのだ。

自分で自分の感情を押さえつけていた主人公の口から語られた4つめの物語が切ない。
大好きなお母さん、なのに。
そんな事を思ってしまう自分が絶対に許せなかったのだろう。

怪物が言う。
人というのは良いことも悪いこともする、そういう矛盾したものだし、それでいいのだ、と。

ただ悲しいだけじゃなく、心温まる終わり方がいい。
背負っていた重い荷物を降ろせて本当によかった。

子供向けのファンタジーだと思っていたら、ぜんぜん!
いい意味で裏切られました。深いです。
コナーの葛藤が生み出した怪物を通して語られる本当の気持ちと、後悔はなんとも言えない悲しさがあった
最後のシーンは全てを物語っていてとても感動した
言葉では言い表せない感動があった
切ないけど主人公がこれから頑張れそうなエンディングでよかった。
少年と怪物。ファンタジーですが、その奥深いメッセージは完全に大人向けです。
ここまで人間の複雑な感情を白日の下に晒したテーマがあったでしょうか。しかも、その過酷な真実に向き合わなければならない課題に挑むのは、母の病の回復を願う健気な少年です。
木の怪物に迫られ、真実の物語が語られた時、私はその過酷さと誰でも心に抱える複雑な深層心理に対して涙が流れてしまいました。
もしも私が少年の立場なら、きっと向き合えなかった。目をそらしていたかもしれません。
でも、すべての人たちが本当は正面から向き合わなければならない真実のメッセージがこの映画に込められています。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
漠然と得体の知れない怖さの中に乗り越えるべき少年の高い壁が…。心に寄り添う木の怪物と彼と母の御伽噺。
めそ

めその感想・評価

3.6
エンディングが優し過ぎて…
心がほっこりあったかくなって泣いた。
良い映画。
男の子がつらい現実を木の怪物に助けられながら乗り越えていくお話でした。
深すぎて理解が追いつかなかったから
10年後また観たいな