ゆきの

シグナルのゆきののレビュー・感想・評価

シグナル(2014年製作の映画)
2.0
こんなに90分を長く感じた作品も久しぶりかもしれない。って程終始置いてけぼりを食らいました。
主人公のニック、その彼女のヘイリー、友人のジョナス。彼らは謎のハッカーから追跡され、逆探知を図ったところ謎の集団に隔離される。
「君たちは地球外生命体により感染した」
らしいのですがそこで起こる事ほぼほぼ理不尽。一つだけ止まっている時計、異常な関心を寄せるボールペン、腕に刻まれた謎の数字群。そして彼らの逃走に手を貸した人たちの死、全て伏線かと思っていたのに…。詰めが甘すぎて、と言うどころではなく私が気にしすぎなの?!?!って思ってしまうくらい、。
低予算SFの割にはお洒落な映像でなかなかですが、脚本にはどうも謎と不満が残る作品。