yuki

シグナルのyukiのレビュー・感想・評価

シグナル(2014年製作の映画)
1.0
TSUTAYAで発見しパッケージに惹かれ即借りました!

「今世紀最大のぶん投げ映画!」

えー、これから下はネタバレ的なの含みます。

主人公3人組が「何か」に連れ去られて力を手に入れる話。

まず、序盤が暗すぎる。3人組の会話から街の雰囲気やら全てが暗い。主人公の足が悪いのね。ってことをなんでこうもタラタラとするかなぁ…

中盤でやっとこさ、「何か」に連れ去られるのですがここがまーた退屈。質問して答えるを延々と繰り返した挙げ句、なに1つわからん…

期待の終盤ですよまったく。
さあ、中盤の説明あるよな?と思っていたらいきなりの実写版、砂漠の我愛羅(NARUTO参照)的な技を繰り出すメガネ…
走り去る主人公…あれ?足は?仮病かな?
そこから1分で映画終わり!
ぶん投げました。力を得た説明や根拠が全くない、、、

最後まで観てもテーマが全くわからん。
なんでこうなったのかもわからん。
薄々思ってたんですよ。
近未来SFで本編時間90分ちょい…
まとまるわけない…大抵この手の映画はぶん投げて「はい。後は自分で考えてね。」くらいの心意気。(経験的に)

みなさん、TSUTAYAでこの映画のシグナルを感じた時は素早く逃げましょう。