パンケーキレンズ

靴職人と魔法のミシンのパンケーキレンズのレビュー・感想・評価

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)
3.0
Holy Crap !!!(←これ好き)
まさかまさかの、ヒーローものやないですか♩(えっ!)

に加えて
ダン・スティーブンスでしょ♩
アダム・サンドラーに
ブシェミって!
まさに、顔面の完成度



な、三役揃い踏みですwww

どういう魔法なのか全く知らなかったので、序盤のワクワクは半端なかったですね

で、魔法のミシンによって、アダム・サンドラーがああなって、こうなって、しかも10.5インチという制限付きによって、女性はオカマちゃんしか登場できんのが笑った♩

んが!
そういう魔法(見た目的に)なので、アダム・サンドラーの映画という趣旨で考えると、旨味が損なわれてしまってるのが残念で仕方がないんですけど、でも、なんとまぁ、顔面に魅力のある俳優さんのオンパレードなんでしょうね!

なんなら、アダム・サンドラーが特殊メイクで頑張ってくれた方が笑えたような気もするんですけど、それは流石に「ない」わな…爆

アイデア自体は、かなり好きなんですけど、動機が弱いのと、オチも弱くて、とっ散らかってた印象(あちゃ…)

ぶっちゃけ
ピークは「最後のディナー」でしたね

そして、ダン様、もっと出てこい!

ってか、活躍せんのかい!

という、いろんな意味で異色な、まさかのヒーローもの(やと思い込んでる)でした♩