グレートウォールの作品情報・感想・評価

「グレートウォール」に投稿された感想・評価

グエムルの子どもみたいのが、わんさと襲ってくるのを万里の長城で迎え撃つというトンデモ戦争映画でしたが、馬鹿さと派手さのある、大好きなやつでした。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
怪物VS傭兵マット・デイモン&禁軍(女性のみの鶴と軍師アンディ・ラウが格好良い!)数多の犠牲を経る展開も鮮やかな甲冑に太鼓ドンドンさせながらの戦もどれもこれも楽しめて亜細亜映画熱再燃のきっかけに。ジン・ティエンは怪物怪獣映画とご縁があるようで。ただウィレム・デフォーは賢者か知恵者かと思いきや…哀れなり。
古代中国を舞台に、弓の名手のマット・デイモンが、エイリアンを相手に、青い甲冑の美女と大暴れ、なスペクタクルB級異色作。

好きですけど。こういうの(笑)

流れ者の主人公と縁ある相棒、鮮やかに色分けされた兵士たちの戦い、過去に曰く有りげな女将軍や軍師(アンディ・ラウ)など、キャラや設定がとても魅力的で興味をそそるのにそれらはサラッと流される……最近の映画は伏線ありきで2度見3度見が必要な映画もあるくらいなので、もしかしたら映像とは裏腹に子供向けなのかもしれない。

一点、ラストシーンはよく俗的な方向に流されなかった、これは頑張ったねと褒めたい。GJ。

現代の万里の(壊れかけた)長城を舞台に、2を作って欲しい(笑)
うらら

うららの感想・評価

2.9
モンスター映画
迫力はあるけど、マット・デイモンの無駄遣い感は否めない
でもきっとマット・デイモンが主役じゃなかったら見てなかったからそれはそれで成功だったのか
あとなんかやったらエンドクレジットが長かった気が
人口も敵の数も多い。納得の中華映画。
joker

jokerの感想・評価

3.4
お金かけているなーと。
見ている途中で飽きることはなかった。
mikkun17

mikkun17の感想・評価

3.5
2018年鑑賞19本目。

万里の長城を舞台にした作品。
スケールも大きくてスリルある作品だった。
評価微妙なので観るか迷いましたが普通に楽しめた。
饕餮って中国の伝説の生き物なんですねー、この映画のために作られたものだと思いました。


てか中国人の中のマット・デイモンがすごい違和感(笑)
それとあの青い女性だけの部隊いる?餌やりにしか見えなかった…。

でもアクションはすごく良かったと思う。
える丸

える丸の感想・評価

2.0
故郷へ帰ってひと旗上げるため、黒色火薬を求めて彷徨い歩く主人公がぶち当たった万里の長城。
その万里の長城には怪物の侵入を防ぐという秘密の役割があったのであった。

なんとまぁ。。
考えたら負け。
ただただ目に飛び込んで来る映像を楽しむ映画。

饕餮(とうてつ)と呼ばれる幾万もの怪物たちと色とりどりの鎧に身を包む兵士たちの戦い!
万里の長城を舞台に繰り広げられるその戦いだけ。
戦い方は結構面白かった。
バンジージャンプヒットアンドアウェイ戦法や壁から飛び出すビックリ鋏とか。

他は何も残らない。
なんか、名誉とか英雄とかそんなワードが出て来た気もするけど、そんな話はいらなかったと思うけどなぁ。

ホント、こういう映画はシナリオの粗を探すのではなく、勢いだけを楽しむのが正道。
粗の印象の方が強く残っている私が悪い。
メリー

メリーの感想・評価

4.1
めちゃくちゃおいしいカップ麺にお湯入れすぎて味が薄くなっちゃった!みたいなザ・勿体ない映画。セットとか衣装とかかなり気合い入ってるんで、画面が豪華でたのしかった。
おげぺ

おげぺの感想・評価

3.2
中国版ロードオブザリングていうレビュー見て じゃあ観るかと思って観たけど。全然違うよお…それは大嘘だよ…ロードオブザリング全然違うで…

最初の戦闘シーンがかっこいい。5色の部隊かっこいい。でも女性の戦い方効率悪くね?てなった。ちょっとだけね。

クリーチャーの女王が女王感なくて ラスボスぽくないのよね…あと登場人物の背景が全くわからんから サラーッとしてる。盛り上がりがない。気づいたら終わった。


ああ観てよかった〜感は全くないけど 戦闘シーン観れたらおっけー。
>|