くり

セルのくりのレビュー・感想・評価

セル(2015年製作の映画)
3.0
携帯電話から流れた電波を聞いたらゾンビになっちゃうていう新しい感染物。評価低いのは知りつつ斬新だしスティーブンキングだし見ちゃった。

面白いゾンビ映画とつまらないゾンビ映画の最初の分かれ目は物語で初ゾンビが登場して世界がぶっ壊れるシーン。そしてそのシーンがいかに早く来るかという点だと思う。

そこに焦点を当てるならこの映画は面白いゾンビ映画だった。
始まって5分もしないうちに空港からパニックが始まるパターンは見た事なかったし、突然狂人に襲われて戸惑ってる間にそれが増えて日常が非日常になる迫力は他のゾンビ映画にも劣っていなかった。

後はクソ。